ザ・ノンフィクションで脊椎小脳変性症の小澤 輝真社長が出演してますね。

重い病気で自分のことで大変のに、罪を犯した人の更生を信じて雇用していく姿勢は、尊敬に値しますね。

それも、すぐに辞めてしまうひとがすごく多く、再販してしまうパターンも多いとか・・・。

それでも信じて長いこと続けてるのは、本当に頭が下がります。

というわけで、そんな北洋建設の社長である小澤 輝真さんについてチェックしておきたいと思います。

小澤輝真社長の年収や出身大学と高校は?結婚した嫁、子供も

小澤 輝真

【生年月日】1974年10月31日
【出身】北海道
【学歴】日本大学 経済学部
放送大学 教養学部
放送大学大学院 文化学研究科

出身高校については、高校1年で退学し、その後高校も卒業したようですが、どこに通ったのかは不明です。

高卒認定、昔の大検でしょうかね?

ちなみに、結婚している奥さんについてですが、小澤あさみ さんといいます

きれいな方ですよね。

小澤 輝真社長若い頃イケメンでしたから、結構モテたんじゃないでしょうか?

子供も二人いるとのことですから、社長の後をいずれ引き継のでしょう。

小澤輝真社長の父親、母親について

父親 小澤政洋さん
母親 小澤静江さん

父親の小澤政洋さんと母親の静江さんで、現在の北洋建設をスタート

6畳の工務店からスタートして、そこから軌道に乗ったはいいものの、父親の小澤政洋さんが、女性などにお金を使いまくって、最終的に5000万円の借金が残ったそう。

父親が息子の小澤 輝真さんと同じ、小脳変性症を発症してから、多額の借金が判明し、静江さんと現社長の小澤 輝真さんの代で完済したそうです。

静江会長:ええ。ひどい目にあいましたよ(笑)。もともとウチは、夫婦ふたりで六畳一間からスタートした会社。そこから商売が軌道に乗ってきたら、主人が湯水のようにお金を使うんです。

毎年、高級車を買って、何十人も女をつくって。彼女たちにお手当を払って、面倒をみていたんです。「もうガマンできない」と別れようと思ったら、突然、主人が難病(脊髄小脳変性症)になってしまって。そしたら、見捨てるわけにいかないですもんね。

最後の数年間は“大奥”みたいなもんですよ。女同士のケンカもありましたが、「私は本妻だから、アンタたちで勝手にやってください」って。それで、看護師の愛人に主人を看てもらっていました。私がつきっきりで世話していたら、会社がまわりませんから。

※引用元 https://shacho-chips.com/interview/senaka/2641/

実は会長の静江さんが、経営者として優秀だったいうことが判明しましたねw

脊椎小脳変性症を克服した森美智代さん

父親が50歳の時に脊椎小脳変性症にかかり、息子は30代で発症。

もしかしてこれは食事が関係しているかもしれません。

同じ病気で地べたを這って歩いていた、森美智代さんをご存知でしょうか?

この方は、小脳変性症を患った後、甲田先生の指導の元断食をして、病気を克服した方です。

現在は、青汁だけで生きているそうですが、何故そんなことが可能なのかというと、腸内細菌が普通の人と大きく異なっていたそうです。

調べてもらうと、私の腸内細菌は普通の人とはずいぶん違っていました。

生物学者で便の研究をされている辨野(べんの)博士によると私の腸内環境は牛みたいになっていたそうで、普通の人の腸には0.1パーセントくらいしかないクロストリジウムという細菌が、私の腸の中には10%近くあったそうです。
この菌は食物繊維を分解して腸の中の尿素窒素からアミノ酸をつくる働きがあります。また「ケトン体」も多く、これがエネルギーになっているのかもと言われました。ビフィズス菌も人より多かったんです。

※引用元 http://soulseekers.jp/interview_23/04.html

つまり、牛は草を食べますが、肉などを食べさせたら病気になるでしょう。

でその牛と同じ腸内細菌をもつ森さんが、普通の人と同じ食事をしたがために、腸内の細菌が処理できずに小脳変性症の原因をになってしまったのかもしれません。

であれば、小澤 輝真社長も食事を変えれば変化が起きるかもしれません。

というわけで、今回はこのあたりで!