三鴨廣繁(みかもひろしげ)医師が、コロナウィルス関連でテレビ出演が増えてますね。

というわけで、サクッと経歴等をチェックしておきたいと思います。

三鴨廣繁(みかもひろしげ)の経歴|高校と出身地、年齢や生年月日をチェック

三鴨廣繁医師の経歴ですが、
主なものは愛知医科大学の公式サイトに載ってますが、

2014年までの略歴は以下の通り

1989年5月 岐阜大学医学部附属病院 医員(研修医)
1989年7月 岐阜県立下呂温泉病院 臨床研修医師
1989年9月 岐阜大学医学部附属病院 医員(研修医)
1990年2月 岐阜県厚生連中濃総合病院 臨床研修医師
1994年4月 岐阜大学医学部附属病院 医員
1994年9月 岐阜大学医学部 助手
1997年10月 岐阜大学医学部 講師
2003年4月~2004年3月  Channing Laboratory, Harvard Medical School留学
2004年4月 岐阜大学 生命科学総合研究支援センター 嫌気性菌研究分野 助教授、岐阜大学医学部 附属病院 助教授
2007年4月 岐阜大学大学院 連合創薬医療情報研究科 感染症治療学 准教授
2007年8月~2012年12月 愛知医科大学大学院医学研究科 感染制御学 主任教授、愛知医科大学病院 感染制御部 部長
2008年4月~名城大学薬学部 特任教授(兼任) 現在に至る
2013年1月~愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授、愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 部長

出身高校についてですが、SNS等を確認しても情報はありませんでした。

年齢と、生年月日については公表されてませんが、
年齢は54歳だと思われます。(医学部卒業年などから逆算)

出身地についても、公表されてませんが、
三鴨という割と珍しい名字と経歴から考えると、岐阜県の可能性が高いでしょうね。

三鴨という名字の人間は、人口分布では東京に次いで岐阜県が多いからです。

というわけで、情報としてはこのくらいですね。

今回この辺りで終わります。