今年も来ました、流行語大賞2019年。

去年は「そだねー」という謎のワードがグランプリになりましたが、
今年は民意を反映した結果になりそうです。

しかも 令和時代の日本、そして世界を象徴する結果ですね。
もう集計がネット上で終わってるので、結果は見えてます。

では、記念ずべき令和のグランプリ発表が何時に発表になるのか?
気になるので、チェックしておきましょう!

流行語大賞2019年は何時に発表?れいわ新選組がグランプリ確定コースか

2019年の流行語大賞グランプリ!

2019年のグランプリ発表は12月2日の 17時の可能性が高いです。

2018年は17時に発表になってますし、多くの人が仕事終わる時間帯を
狙ってくるでしょうから、今年2019年も17時に発表でしょう。

ライブドアでも速報が2018年の17時に出てます。

2019年の流行語大賞グランプリは「れいわ新選組」で確定

すでに、2019年の流行語大賞は下記の通り、グランプリは確定してます。

12月1日までの締切で、2019年12月2日現在でこのような結果です。

れいわ新選組、れいわ旋風がダントツですね。

ほば50%。

よって、2019年の流行語大賞1位のグランプリは、「れいわ新選組、れいわ旋風」です。

ネット集計の結果ですが、まさかの忖度で発表時に覆されるなんてことがなければ、
これはもう確定です。

2位の上級国民とは一時互角の戦いをしていたのですが、
途中から一気にぶちぬいての結果。

まさにこれまで日本を支配してきた上級国民を、国民が倒す象徴的な出来事であり
解散が目前とされている、衆院解散総選挙の結果を表しているとも考えられますね。

つまり、真の民主主義がやっと行われる時代が訪れようとしているということかと。

この兆候は、香港での暴動、2020年のアメリカ大統領選の候補者の顔ぶれからも
うかがい知ることができます。

大統領候補の、バーニー・サンダースや、ウォーレン上院議員は山本太郎と一部似た政策を提言していますからね。

天皇の交代はが号令となって、世界が変革に向けて動いていると感じるのは私だけではないでしょう。
大体30年ごとに世界は大きく変わるとされてますから、ちょうど今2019年はその始まりにあたります。

高度経済成長からのバブル崩壊の始まりが1991年の3月から。
ちょうど30年後である2020年~2021年はまさに激動の始まりなることでしょうね。