岩谷將(いわたにのぶ)北大教授の妻や子供は?拘束の理由と解放はいつ?

なんと、北大の教授が中国当局に拘束されましたね。

拘束された、北大教授の名前は岩谷將(いわたにのぶ)教授

やはりというべきか、中国政治の専門家でもあるようですね。

年齢的に妻と子供をいそうですが、今回拘束の目的は何なのでしょうか?
また、解放はいつになるのでしょうか?

岩谷將(いわたにのぶ)北大教授の妻や子供は?拘束の理由と解放はいつ?

学歴:慶応大学 法学部博士課程修了

2016年4月 –
北海道大学 法学研究科(兼)法学部 教授
2016年2月 – 2016年3月
防衛省防衛研究所戦史研究センター(兼)外務省大臣官房国際文化協力室 主任研究官(兼)外務事務官
2013年4月 – 2016年2月
防衛省防衛研究所 戦史研究センター 主任研究官
2012年4月 – 2013年3月
防衛省防衛研究所 戦史研究センター 教官
2010年4月 – 2012年3月
防衛省防衛研究所 企画部企画調整課(兼)戦史研究センター 情報発信調整官(兼)教官

岩谷將教授ですが、やはり調べたところ、
妻1人、そして恐らく子供が二人いますね。

家族はとても心配でしょうね。

というか、国民としてもこんなことがありえるのか!?
といいたい。

ウイグルの収容施設の件もありますしね・・・・

過去に拘束された邦人もこのような仕打ちを受けてます、
意味が分かりません。完全に狂ってますよね・・・。

中国で2015年以降、スパイ行為を疑われた日本人が相次いで拘束された事件で、海南省第1中級人民法院(地裁に相当)は20日、温泉開発の調査をしていた50歳代の日本人男性に、中国の国家機密を窃取し国外に違法に提供した罪を適用し、懲役15年と10万元(約160万円)の個人財産没収の実刑判決を言い渡した。

※https://www.sankei.com/column/news/190120/clm1901200004-n1.html

で今回、中国が今回、北大教授を拘束した目的はなんなのか気になりますが、
以下の推測がなされてます。

 ある中国専門家は今回の拘束について次のように語っていた。「日本をこらしめるためというよりも、今回の拘束は中国国内の問題だとささやかれている。中国経済が翳りを見せ始める中、国内世論をまとめるために最も手っ取り早いのが『反日』。経済の翳りに加えて格差の拡大やウイグル問題で習近平政権に対して向けられる不満を反日で逸らすことが目的だった」と見る

※引用 https://ironna.jp/article/2545

どんだけ身勝手な理由で拘束しているんでしょうか?
真実は分かりませんが、やはり改めて危険な国だと認識できましたね。

今の中国は危険。行くべきではないタイミングでした。

また意味不明な罰金をかされるんでしょうか?

解放もいつになるのか分かりませんね・・・・
1ヶ月も経ってようやく表にじょうほうが出てきてますからね。

何故こんな国のトップを国賓待遇?

意味が分かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です