若手教師の嘆きが話題になってますね。

ってか皆さん、学校ってもういらなくないですか?

若手教師の嘆き?熱血教師は疲弊するだけ・・・・ってか学校がいらない

私の経験上、教師なんてレベルなんてしれてるし、もはやいらないと思ってます

スタディサプリではないですが、優秀な講師、あるいは全国的に有名な教師達の動画をネット配信すれば終わる話。

代ゼミとか東進のようなスタイルで、サテライト授業のように教室という場所だけ提供し、教師はフォローと採点等を担当するスタイルです。

あとは進路相談とかくらいで、部活の顧問も不要。

つまりこうです。

学校の授業 → 予備校講師、全国で優秀な教師の動画を配信
教師はそのフォローのみ
部活→ 地域のクラブに入ればいい(レベルの高い環境で学べる)
社会性、集団生活、道徳、その他→ バイトすれば身につくからやらんでいい。
青春時代の思い出 →幻想でしかない。親が生活費という「現実」を肩代わりしているから見れる幻想であり意味がない。近い将来粉々に打ち砕かれるので不要。

以上です

これで教師は定時退社、週休2日は守られるはずです。仕事が圧倒的に減りますからね。

最も重要な授業に関してですが、先も書いたとおり教師のレベルは知れてます。

本当に優秀な人は、ほぼ小中高の教師にならない。

そして、生徒側からしても、みんな学力も違うし、ペースも違う。

優秀な子は更に先へ。遅い子はゆっくり学ぶ。

そのためにはネット配信を生かしてで勉強すればいい。

間違いなく、学問とか勉強に関しては、もはや教師はいりません。

それに

生きる上で必要な学問って、読み書き計算くらいわかれば何とかなりますよね?

他の学問を学ぶにしても、浅く広く流せば、小中高で12年もの無駄な期間を過ごさなくていいわけです。

おそらく小中高で6年もあれば十分。

その上で、その時に学びたい学問を自らが選び、それを深めるのがもっとも学習効率が高いわけです。

漢文のレ点とか一二点なんて、トイレットペーパーのほうが遥かに人生で有用。

多くの人にとっては、そういう学問も多いですよね?

「こんなん意味あるのかよ?ねむ・・・」と思って学ぶのと、あとで必要性や楽しさを感じてから学ぶのはどちらが効果的でしょうか?

多くの社会人の皆さん!!

多分今となっては、2次方程式とか、平安京が何だったのか?なんてなんとなく上っ面の部分しか覚えてないですよね?

えっと・・・・794うぐいす平安京・・・・794年のあれね。うん知ってる知ってる。

↑そんなレベルなはずです。

であれば、一体小中高の12年間の拷問はなんだったのでしょうか?

読み書き計算だけやっておいて、後は浅く広く素早く学び、あとで学びたいものを自分で選ぶ。

その上で、教師の授業なんて不要で、予備校講師とか、どこぞの優秀で分かりやすい超少数派の教師の授業をネットで全国配信すればいいだけです。

普通の教師が授業に出る必要性もなく、せいぜい採点とフォローと進路相談くらいをやっておけばいいんですよ。

これなら圧倒的に負担が減るので若手教師の嘆きもなくなるでしょう。

部活なんていらないし、青春時代はやりたいやつが勝手にやれ

部活にしても、私の中学時代は熱血教師がいたんですが

その教師は、常にやつれてましたよね。頑張っている様子はありましたが、今にして思えば、それで彼は出世したわけでもない。

むしろ、狡猾で性格の悪い教師が出世してましたからね・・・・・。

たとえば、英語のスピーチコンテストで生徒が優勝したにもかかわらず、その生徒に英語で質問をして「ほら分からない」とバカにして、生徒全員前で侮辱する教師が教頭になったんたんですよ・・・。

一方で、熱血教師としてテレビにも出演するようなバレーボール強豪校の熱血教師は、休日のバレーボール大会に、自分の車で生徒を送迎したり、と頑張ってるのに出世しない。

まぁ狂ってると思います。

若槻千夏が、教育は心でしょ!!とかいってたらしいですが

じゃぁお前がヤってみろよ、という話ですね。

そういう人ほど見事に疲弊し、子供と過ごす時間、家族との食事の時間は他人の子供に削り取られますからね?

それで若槻千夏はいいんでしょうか?

教師だって家庭もあるし、親兄弟がいる。

それなのに、赤の他人の生徒のためにそこまで頑張る意味はなんでしょうか?

普通にやれればいいと思いますね。

なぜなら、その教師の給料は頑張っても上がらないからです。

生徒が評価して教師の給与が決まるわけではありません。

民間企業とは報酬体系が異なるんですよ。

お客さんが直接お金はらうビジネスモデルではないんです。

業務内は全力であたってもらいたい!なんて意見が、ヤフコメで支持されてましたが

まぁそういう頑張る教師に限って。給与も増えないのに疲弊するんです。

福祉関連も同じですね。

お金払うのはお客さんである入居者じゃなくて。国保連なわけです。

介護人材が頑張っても加算が増えて給与が増えるわけではない。

新規事業立ち上げとか、祝日に魅力的なイベントを開いたり、職員がレクを頑張っても、人間的魅力を上げても一ミリも給与は増えず、給与はずっと同じ。

それで誰が頑張るんでしょうか?

教師も同じです。

こういう話をすると、

「人間力」とか「福祉人」とかいうやりがい搾取を振りかざす輩がいるんですが、そんなんやりたいやつが勝手にやればいい話。

そういうのって、経営者とか管理する側にとって、都合のいい言葉であって、実際はそういうやりがいとか夢、ビジョンを語ると。やる気のある人間を安く使えるんですよ。

これは人を雇ってみるとわかります。

ただのやりがい搾取です。

教師でもみんながみんな、熱意をもって入ってくるわけではないのは、普通の会社と同じです。

むしろ熱意とかビジョンをもって入ってくるのは、2割以下ではないでしょうか?

つまり、

部活でも授業でも教師が頑張る意味なんてないんです。

野球やりたい、サッカーやりたい、陸上、バレーボールやりたいなら、地元にクラブがあるでしょ?

生徒はそこでやればいいんです。

そのほうがレベルの高い環境で学べるし、教師も楽ですから。

集団生活とか、青春時代が・・・・なんて話をいう人間もいますが、

そんなんバイトすれば、嫌でも身につきますし、青春なんて幻想はどうせ「生活費」という現実に打ち砕かれるのですから、無駄です。

松下幸之助や本田宗一郎のように、さっさと丁稚奉公ならぬバイトにいけばいいんです。
(まぁ今は法律上の問題もあり無理ですが・・・・)

青春時代なんて、勝手ににSNSで集まって、やりたいやつがやってくれ。

そういうのが嫌な人間もいるんですよ。

なのに、みんな一緒になって、やれ運動会だ、祭りだと・・・・めんどくさすぎるんですよね。

そして教師もめんどくさい。

つまり!

私が描く形態としては、教師は代ゼミのフェローの役割と同じ。

勉強する場だけは与えないと、サボりまくる人が多いので、学校は代ゼミや東進と同じ位置づけにする。

授業はサテライトとか録画を流し、採点とフォローだけ教師がやる。

以上です。

部活もイベントも授業もいらない。

教師は管理するだけ。

これ以外やらなくていい。

つまり、これまでのような学校はいらないんです。