乾燥肌対策のオススメは?洗顔の仕方や食べ物で改善する?

              

「最近お肌がカサカサしてきたかも・・・」とお悩みではないですか?

筆者も悩んでいたうちの一人・・・。

肌が乾燥するとメイクもうまくのらないし、かゆみも出てきて大変ですよね。

肌の乾燥はニキビ・シミ・シワなどさまざまな肌トラブルをまねくため、早めに対処しておきたいところです。

この記事では実際に試してみて効果のあった洗顔方法や、乾燥肌に効果のある食べ物を紹介しています。

乾燥肌を内側から改善したい、美肌の基盤作りをしたい方は必見です!

そもそも乾燥肌の原因って?

さて、結論から言うと、私が乾燥肌にアプローチした方法は・・・・!!

と行きたいところですが、まず前提の乾燥肌の原因についてザックリとチェックしておきます、

・肌のバリア機能の低下
紫外線・加齢・生活習慣の乱れなどが原因で、肌の新陳代謝であるターンオーバーがうまく行えなくなる
⇒バリア機能が低下するため、肌中の水分が蒸発を防ぐことができない!!!

・空気の乾燥
秋冬は乾燥しやすい季節ですが、実は夏も冷房の使いすぎで乾燥していることも。
エアコンの風に直接あたることで乾燥肌をまねいてしまいます。

・摩擦
ナイロンタオルや手などでこすることで肌のバリア機能を低下させ、乾燥肌の原因になります。

乾燥肌の解決策をザックリと!

で、乾燥肌の解決策なんですが、

  • 生活習慣を改善して代謝をアップ
  • 保湿成分が含まれる化粧品を使う
  • 加湿器などで空気の乾燥を防ぐ
  • 洗顔方法を見直してみる

などなどありますが、

対策がいくつかある中で、今回は美肌の基本である洗顔方法・生活習慣(食事)について紹介していきますね!

乾燥肌を改善する洗顔方法

乾燥肌で悩んできた筆者がおこなっている洗顔方法を紹介します。

・クレンジングはオイルタイプよりもクリームタイプがおすすめ!

オイルタイプはメイクや汚れをしっかり落としてくれますが、お肌に必要な油脂までも落としてしまいます。

乾燥肌である筆者もしっかり落ちるオイルクレンジングがいいと思い込み、毎日使っていました。

オイルタイプは洗顔後の肌がすごくつっぱって不快ですよね。

現在はデイリー使い用に刺激の少ないクリームタイプ、濃いメイクをした日はオイルタイプと、メイクや汚れ具合によって使い分けています。

クリームタイプはツッパリ感がゼロ!ぜひとも一度クリームクレンジングを試していただきたいです。

おすすめのクレンジングクリームは?

私のおすすめですが、

ポンズ クリアフェイスクリームクレンジングという商品です!

やわらかいクリームが顔になじみやすく、メイク汚れをしっかりと落としてくれます。

4つの韓植物エキス(保湿成分)配合で、洗いあがりもつっぱりません。

プチプラですがかなり優秀です!

               

洗顔はこすらないことがポイント

まぁ今となっては、泡で優しく転がすように洗うというのが、常識になってますから、
ここに書くまでもないかと思いますが、

当然、顔をこすることはNG行為!

摩擦することによってお肌のバリア機能まで低下してしまい、乾燥肌だけでなくシミやシワの原因にもなりかねません。

洗顔時のポイントは“手や指で絶対にこすらないこと”

ちなみに失敗談ですが、学生時代にタオルでゴシゴシ洗顔という愚かな手法を試みたことがありまして、

次の日顔がカサブタだらけになって悲惨なことになりました(笑)。

ゴシゴシと言っても、体をちょっとこす程度の強さだったんですが、

やはり、「顔の肌というのはデリケートなんだ。別物なんだ」と認識したことがあります。

もちろん、皆さんはそんなことしないと思いますが。

間違いなくお顔の肌は別物ですので、
しっかりと泡たてた洗顔フォームでやさしく包み込むように洗う!まぁ常識ですね(笑)

              

でも、泡を洗い流すときも注意が必要ですよ?

めんどくさくて体を流すときと同じ熱めのお湯で洗い流していませんか?

42℃以上のお湯は必要な油脂まで奪うためバリア機能が低下する原因に。

特に冬は要注意ですよね。

40℃ぐらいのぬるま湯を使い、お湯を手にすくって洗い流すか弱めのシャワーで洗い流すことがおすすめです。

乾燥肌にオススメの洗顔料は?

乾燥肌の私がオススメする先顔料は

ロゼット洗顔パスタ 荒性肌です

プチプラとは思えないしっかりとした泡立ち。

厚みのある泡で洗顔することで肌に余分なダメージを与えません。

洗いあがりはすっきりするのにつっぱらない!

乾燥トラブルだけでなく、ニキビ肌にお悩みの方にもオススメです。

食事で乾燥肌の対策ができる!

「乾燥肌と食べ物って関係あるの?」と思いますよね。

食事などの生活習慣は日々の積み重ね。

すぐに悪影響が現れるわけではありませんが、長期的に考えると肌に大きな影響を与えます。

乾燥肌にいい食品を意識して食べて、理想のお肌に近づきましょう!

というわけで、乾燥肌対策に効果的な食べ物や食べ方をお伝えします。

肉・魚・卵など良質なたんぱく質でハリ・ツヤ美肌へ!

たんぱく質に多く含まれるアミノ酸は肌のうるおいを保つはたらきをします。

また、たんぱく質は肌のハリやツヤに重要なコラーゲンを生成するため、美しい肌作りにたんぱく質は欠かせません。

肉抜きダイエットをされている方は、たんぱく質不足が原因で乾燥肌に陥りやすいので注意が必要です。

誰だったか名前忘れたんですが、肉しか食べないセレブのモデルさんが番組出演してたんですけど、

彼女の肌はすごくきれいでしたね。

でも、点滴してビタミンを入れてましたけど(笑)

かぼちゃ・トマトなど濃い色の野菜に含まれるビタミンAでターンオーバーを加速!

肌のうるおいを保つ成分の生成や、ターンオーバーを促す効果があります。

ビタミンAには、動物性のレチノール、植物性のβカロテンと2種類あります。

・濃い色の野菜である緑黄色野菜に多く含まれているβカロテン
・卵、うなぎ、レバーなどに多く含まれるレチノール

レチノールの方が吸収率が高いですが、βカロテンも油と一緒に食べることで吸収率がアップします。

油を使って炒めて食べると摂取しやすいですよ~。

アーモンドなどナッツ類に含まれるビタミンEで血行促進!

ビタミンEはアンチエイジングに効果の高い栄養素。

血行を促し、肌のバリア機能も高めてくれます。

主にナッツ類に多く含まれているため、おやつとして食べると取り入れやすいですね。

フルーツに多く含まれるビタミンCがコラーゲンの生成を促進!

美肌には必須のビタミン。

アンチエイジングの敵である活性酸素を分解するほか、コラーゲンの生成を助けてくれます。

いちご・キウイ・オレンジなど酸味のあるフルーツに多く含まれています。

効率よく体内に吸収するためにフルーツは朝食べることがオススメです!

※食事はバランスよく摂取することが最も重要です。

これらの食材に偏るのではなく、1日食事の中で積極的に取り入れてみてください。

[ad#co-1]

まとめ

・クレンジングはオイルタイプよりクリームタイプ
・洗顔は指でなく泡で洗う
・乾燥肌に効果のある食材を積極的に取り入れる

乾燥肌は普段の生活を見直すことで改善することができます。

高価な化粧品を使っても乾燥肌が治らない!

とお悩みの方は、そもそも肌のバリア機能が低下しているのかも?

今回紹介した洗顔方法・食生活は美肌作りの基盤になるので、ぜひ試してみてくださいね。。

                 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です