菅なな子の父親はトヨタ勤務で有名人?名前&兄・祖父も判明!

SKE48の菅なな子が今後も見逃せない存在になっています。

現在大学2年生ですが、大学受験での猛勉強の後にもかかわらず、現在は公認会計士の資格取得を目指して奮闘中ということで、

未だ注目を集めてます。

アイドルを辞めのたに新聞社のインタビューなどに答えたりしているところを見ると、大学卒業後の芸能界復帰のために布石を打っているのかもしれません。

名古屋大学卒業まで4年間も潜伏していたら、忘れられてしまうかもしれませんしね。

卒業とした頃に、また何らかの形で芸能界に関わるつもりなんではないでしょうか?

ところで、名古屋大学経済学部に1年で受かった優秀な菅なな子ですが、その背後にはやは優秀になるべくしてなる環境がありました。

というわけで、今回は菅なな子の父親、兄、また彼氏についても書いていきます。

<スポンサーリンク>

菅なな子の父親はトヨタ勤務?

アイドル活動にいそしんで学業が疎かになって進級すら危うかった2013年末から、1日10時間以上を勉強して

名古屋大学経済学部に合格した菅なな子。

無論 中京大学付属中京という優秀な高校だったということもあるでしょうが、やはりその家庭環境が良かったようですね。

ネット上でもすでに有名ですが、父親は父は京大工学部卒で、トヨタのエンジニアです。

ちなみに出身高校は豊中高等学校(現在の偏差値で72程度)

bandicam 2016-05-05 22-16-20-214

 

上の画像は2006年頃のもので

その時、菅なな子の父親であるすが敬介さんは

トヨタ自動車(株)
パートナーロボット開発部
第2開発グループ 主幹

となっていますが。

2015年の情報では、

トヨタ自動車(株)パートナーロボット部製品設計室長 だそうです。

以下の画像参照

wBJ0WGW3vW4YJyF1462454464_1462454655

やはり環境というのは大事ですよね。菅なな子が名古屋大学に受かったのは本人の努力は勿論ですが、

家庭環境が良かっために「努力をできる人間になれた」というのが、一番大きいと思います。

ちなみに、菅なな子の父親の菅敬介さんは2005年当時、有名人でもあったそうです。

2005年日本テレビの『ワールド☆レコーズ』の“世界最強トーナメント ロボットバトル”で決勝で角田信朗の北斗神拳伝承ロボ“ケンシロウ”に“グレートマジンガー”で挑んで優勝したんだとか。

それから10年以上経っていますので、今は有名人でもなんでもないですがね。

菅なな子の兄は医学部生?

そんな恵まれた家庭環境で育った菅なな子ですが、兄と弟がいます。

弟さんは全く情報がりませんでしたが、お兄さんは北海道のどこかの医学部だという情報が飛び交っていました。

どの大学かまでは現状わかってないようです。

ただ、北海道の大学の医学部で、国公立に在籍しているとすると大学は3つしかありません。

北海道大学 医学部 偏差値73

札幌医科大学 偏差値70

旭川医科大 偏差値 67

いずれにせよ、優秀な兄ということに間違いはないでしょうね。

仮に私立の医学部だとしても、医者はお勉強ができなければなれません。

国公立最下位の医学部でも偏差値67

私立でも偏差値63が最低ラインです。

つまり、菅なな子の兄が医学部という情報が本当であれば、兄はお勉強が得意ということです。

<スポンサーリンク>

番外編~菅なな子の祖父の会社を発見!!

リサーチの中で一つ発見しました。

実は菅なな子の祖父の会社が

菅機械工業株式会社であることが判明しました。

菅機械工業株式会社のホームページへ

bandicam 2016-05-05 23-21-22-890

菅なな子の父である菅敬介さんは、3人兄弟で3男のようです。

菅機械工業株式会社の現在の取締役が長男、そしてナンバー2の専務取締役は次男のようです。

菅なな子の父親がロボット好きなのはここから来ているんですね。

具体的な根拠を知りたい方は、メッセージを頂ければお伝えします。

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると、

菅なな子の父親は

・京都大学工学部卒業 トヨタ自動車(株)パートナーロボット部製品設計室長

・兄は、恐らく北海道のどこかの国公立大学医学部

・菅なな子の祖父は菅機械工業株式会社の社長だった(すでに亡くなっている)

ということで、やはり優秀な一族ということですね。

まぁ 確かにそういう遺伝的な要素って多分あるとは思うのですが、

しかしながら、何よりも環境的な要因のほうが大きいのではないでしょうか?

金持ちなら、それ相応の教育が受けられますし、考え方、行動も大きく影響を受けますからね。

こう書くと「結局金持ち一族だからか・・・・」などと考える方もいると思います。

実際、階級の再生産のようなものは現実に大きいと思いますが、仮に今底辺にいても将来に対する希望と正しい考え方を持って行動さえしていれば、環境はおのぞと変わっていきますから、成功できないってことはないでしょう。

というわけで、今回はこの辺りで終わりたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です