菅なな子の現在について!高校・大学と剣道部についても調査!

元SKE48の菅なな子 の現在が注目されていますね。

2013年の末にアイドル活動と進学の間で悩んで、アイドルを一旦やめて受験に専念することを決意して

2015年に見事大学進学をしましたね!

卒業年が2019年ですから、その後も芸能活動をされるかもしれませんし今後も要注目ですね!

というわけで、気になるのは現在の状況ですが、その辺りを書いていきたいと思います。

<スポンサーリンク>

菅なな子の現在は?高校・大学はどこ?

菅なな子の現在ですが、すでに分かっているのは、

高校は 中京大学附属中京高等学校

大学は名古屋大学経済学部

ということですね。

中京大附中京高校の偏差値は 特進コースで66 普通で62

つまり、結構優秀な部類だったんです。

センター試験の英語で偏差値43、名古屋大学模試の数学0点からの大躍進ですが、高校のレベルからすると元々のスタート地点が

元々レベル高めなのは容易に想像が付きます。

少なくともお勉強のやり方とかは心得ていたわけです。

本当の底辺だったら1年で難関国立大学は無理があるでしょう。

本も出版しているようですが(私は読んでませんが)、他の科目のレベルも書いて欲しかったですね。

ビリギャル的なクローズアップをされてますが、あの慶応に受かったビリギャルってのも高校の時点でレベルが高かったのは有名な話です。

慶応大学であれば、そこそこのレベルなら実際に受かると思います。科目少ないですし、専用の対策をすれば問題ないわけです。

しかし、難関国立となれば話は別。

センター試験がありますからね・・・・。

つまり、菅なな子のレベルは全科目で言えば、それなりのレベルは維持していたのではないでしょうか?

やはり、本当の底辺から一気にジャンプする人なんていないんですよね。

無論、誰でも相応の勉強をすれば東大だろうが受かると思いますけどね。

<スポンサーリンク>

菅なな子の徹底ぶりが半端ではない!

菅なな子が底辺ではなく、それ相応のベレルを維持していたとしても、やはり何よりスゴイのは

1日10時間という勉強時間。

ちなみに、土日は12、3時間、追い込みの時期は15時間くらいは勉強していたそうです。

高校2年末からの勉強ですし、高校生活は出席日数不足と成績低迷で進級ギリギリだったそうですから、

受験勉強のゆとりは少なかったはずです。

恐らく、10時間という時間は、スキマ時間の勉強も含めているのでしょうが、これだけの時間を勉強に費やすのは

一般レベルからしたら相当ハードですよね。

もちろん、誰でもしっかり勉強すれば東大だろうが受かるレベルには持っていけると思います。

しかし、問題は「やれるのか?」ということ。しかも1年間という時間を仕事や学校の合間に、毎日10時間途切れることなく何かを継続できますか?

しかも、仕事と違って強制力はないので、自律していかなければならない。

これは、多くの人にとって困難なのは言うまでもありませんよね。

 

菅なな子の徹底ぶりは勉強時間だけではありません。

自分活かした約束事があったそうです。

(1)1日6時間睡眠、昼寝は厳禁
(2)ケータイを「ガラケー」に
(3)“女の子”に時間をかけない
(4)オープンキャンパスで受験勉強のモチベーション回復
(5)高校のテスト勉強でペースを乱さない
(6)ライバルを作る
(7)家族を受験に巻き込む

 

追い込みの時期である、高3秋になると

友達からのLINEにレスポンスする手間を省くため、スマホをケータイに変更。

髪もセットしやすいショートにして、服は2種類のトレーナーを交互に着ていたとか。

自分の弱さを知ってのことでしょうね。

環境を先に作って、誘惑から自分を遠ざけてやらざるを得ない環境を作る。

私が高校生の頃にこの発想ありませんでしたね。むしろ逆のことをしていました。

勉強してる 横に漫画本及びゲーム機をすぐに読めるポジションにセッティングし、勉強を開始する。

イスは眠くなったら後ろに倒れれば、そのまま朝までぐっすり眠れる仕様。

あえて誘惑の中に身を置き、己の誘惑に勝つ!!・・・・・そういう手法でした。

まぁ 言うまもなく、赤本ではなく漫画本を読み漁っていましたがね。

というか、これって戦う前からすでに誘惑に負けていたわけですが・・・・。

やはり、人間というのは弱いものですから、よほどの天才か、鍛錬された精神の持ち主でない限り、先に環境を作ってやらざるを得ない状況に自分を置く、というのは必須でしょうね。

菅なな子は剣道部に所属している?公認会計士目指して勉強中?

菅なな子ですが、名古屋大学の剣道部に所属しています。

実際に名古屋大学の剣道部員として紹介されてたり・・・

写真はさすがに載っていませんがね。こちらのブログです。

2015年時点の入学時点で剣道2段、ということは今はもう少し上に行っているかもしれません。

ちなみに大学に入ってからは、公認会計士の資格をとるべく、またもや猛勉強中だそうです。

多分、8割型の人がそうだと思いますが、大学に入学したら

「ひゃっほーーー!!親からもおさらばで自由だぜ!!」

なんて浮かれて、バイトレ明けくれるか、遊びほうけたのではないでしょうか。

はい、私もその1人です。

バイトしまくって、学費や生活費は稼いだものの、勉強なんて一切しませんでしたね。

授業こそ真面目に出ていましたが、バイトの疲れを言い訳にして、帰ったらガリガリくんを齧りながら

バイオハザードにのめり込んでましたよ。

最後に

菅なな子、恐るべし。

家庭環境的にも恵まれていて、父親も超エリート、兄も医学部という環境。

遺伝的な要素というより、やはり環境というのは大事ですね。

私も一時期大きく飛躍したことがあったのですが、その時は周囲にいた人間のレベルが異様に高く、私もレベルを上げざるをえませんでした。

しかし、その後一気に堕落していきました。その当時私の周りにいたのは、怠惰な人間や、向上心も何もない連中。

やはり、自分のいる環境というのは重視しなければなりませんね。

自分を変えたいと思ったら、まずは環境をかえるのが、多くの人に取って最短ルートだと思います。

というわけで、どうでもいい感想を並べ始めたのでこの辺りで終わりたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です