原付きの速度制限の理由について!法定速度の改正・緩和の可能性は?

ここ数年、原付き運転者から原付きの速度制限理由に関する疑問や法定速度の改正・緩和に対する要望が高まってきていますが、

法定速度の改正・緩和はないと思われます。

その理由についてですが、交通網が発達した首都圏・関西圏はともかく、政令指定都市をかかえていない都道府県の地方の町では、高齢者や年齢の高い女性が日常の足として原付きを使用しているからです。

そして高齢者や年齢が高い女性の原付きの運転を見ていますと非常に危険で、また、危うい運転をしているがゆえに、そうした人々の事故が後を絶ちません。

こうしたことから、原付きの法定速度の改正・緩和はあり得ないと思われます。

<スポンサーリンク>

原付きの速度制限の理由について!

原付きの速度制限の理由です。

第一に、原付きは普通のオートバイよりも転倒しやすい

ことがあります。

原付きは軽いがゆえに、強風の為に路上で転倒したという事故が頻発しています。

まぁ、原付き経験者であればよっぽどの強風でもない限り、転倒ということはないと思いますが、

それに加えて以下の理由も挙げられます。

第二に交通網が発達した首都圏・関西圏はともかく、地方のいなか町では高齢者や年齢が高い女性が日常の足として原付きを使用している人々が多いのです。

地方のいなか町では、町の郊外に行かなければ買い物をすますことができません。

そうしたことから、車を所有できない、あるいは自転車を運転する体力のない高齢者や年齢の高い女性が日常の足として、原付きを使用しています。

そうしたことから原付きの法定速度は30キロに定められています。

<スポンサーリンク>

原付きの法定速度の改正・緩和の可能性はあるのか?

地方のいなか町では、高齢者や年齢の高い女性が日常の足として原付きを日常の足として使用する人々が多いのですが、

法定速度の30キロでも危うい運転をする人々をしばしば見かけます。

そうした原付き運転者を車のドライバーが目にした場合、車のドライバーは接触事故を起こさないように、大きく原付きを避けます。

しかし、高齢者や年齢の高い女性が法定速度を超えて原付きを運転していた場合、急な突風の為に転倒し、後続の車が急ブレーキを踏んでも間に合わず、事故に至ったというケースがとても多いのです。

このような事情から、原付きの法定速度の改正・緩和の可能性はないと思われます。

《まとめ》

私自身、原付きを使用した経験をふまえても、車のドライバーが乱暴な運転をしていたことは脇に置いて、急な突風が吹いてきて、路上で危うく転倒しそうになったことがあります。

原付きは気軽に運転できることが良いのですが、軽量すぎることから常に危険と隣り合わせであることを念頭に置いていただきたいと思います。

また、交通網が微弱な地方の町では、高齢者や年齢の高い女性が日常の足として原付きを利用していることから、

速度は30キロで良いと思いますし、法定速度の改正・緩和はないものと思われます。

原付き運転者は、法定速度を遵守し、安全運転を心がけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です