大谷遼太郎(トライアスロン)の高校・中学時代は?彼女と家族も!

青山学院在籍時に、箱根駅伝で2区を走った大谷遼太郎 選手の現在をご存知でしょうか?

青学卒業後はトヨタ紡織(ぼうしょく)に就職し、実業団選手として走っていましたが、

実業団を辞めトヨタ紡織も退職。

なんとトライアスロンの選手として、東京オリンピックを目指すことにしたといいます。

2016年4月現在25歳ですから、一般的なアスリートのピークの年齢が今。

4年後となると 29歳ですからギリギリな気もしますね。

加えて自転車は未経験。

とはいえ、埼玉県朝霞市で行われたトライアスロン認定記録会のスイム400m4分40秒、ラン5000m14分22秒
で 日本歴代3位の記録を出し、強化選手枠に入ったとのことで、活躍が期待されています。

というわけで、今回は大谷遼太郎選手について書いていきたいと思います。

<スポンサーリンク>

大谷遼太郎の出身高校は?中学時代についても!

まず、大谷遼太郎 選手の出身高校、中学時代についてですが、

中学は恐らくですが、さいたま市立本太中学校です。

高校は浦和実業学園高等学校ですね。

中学に関しては、ネット上に情報が全くと言っていいほどなかったので自分で調べました。、

大谷遼太郎 選手の弟さんがいまして、彼が通っていた中学が本太中学校だったんです。

bandicam 2016-04-14 21-00-47-507

というか、もっとちゃんと調べたら 本人がさいたま市立本太中であると公言してました。

bandicam 2016-04-14 21-06-01-151

高校に関しては、書くまでもなくネット上に情報がありますね。

調べてみたところ、この浦和実業学園高等学校は科によって偏差値に幅があり

偏差値46~62くらいとのこと。

青学は難しい大学ではありませんが、大谷遼太郎 選手は恐らく普通科・特進(偏差値59)が特進選抜 にいたんではないでしょうか?

(推薦の可能性もあり)

<スポンサーリンク>

中学時代に水泳で全国大会、高校ではバスケ部

大谷遼太郎選手が、今回トライアスリートを目指したのは、どうやら小さいころに水泳をやっていて

全国大会にも出場した猛者だったからなんですね

本人もこのように語ってます。

 

bandicam 2016-04-13 20-01-18-948

 

ここまでの成績を収めたのに、中学校ではバスケに転向。

ただ、15歳の時点で限界を感じたらしく、今度は可能性のある陸上に転向。

バスケ部位は所属していたものの、時々駅伝にも出場させられてたらしく、それがキッカケで高校の監督にスカウトされて

推薦で浦和実業高等学校に進んだそうです。

でも本当はバスケを続けたかったと本人は語っています。

bandicam 2016-04-13 20-02-05-884

 

確かに、バスケで活躍するにはかなり厳しいと言わざるをえないでしょうね。

175cmという身長で、190cm以上がぞろぞろいる世界で活躍するというのは、かなり狭き門だと言わざるを得ません。

努力、工夫だけでは突破できない壁も実際にあるでしょうし。(もちろん、これはやってみないと分かりませんが。)

 

その意味で、転向したのは賢い選択だと思います。

もともと心肺機能が高いでしょうし、小学校での実績もありますからね。

かといって、水泳は身長が高い方が有利に働く競技と言われていますから、陸上長距離種目のほうが明らかに可能性は高かったでしょう。

大谷遼太郎選手に彼女はいる?

大谷遼太郎選手はよくチャラいと言われていますね。

ネット上でも散々言われてますし、本人もあまり否定する気はないようです。

こんなことツイートしてますからね

bandicam 2016-04-13 22-02-09-312

ただ、アスリートとしてはとても真面目だとい思いますよ。

で、調べてみたんですが、意外にも彼女らしき人物の情報はなかったです

でも、本当にチャラいとしたら、彼女は間違いなくいますよね。

大谷遼太郎はトライアスロンの取材に対して「海で泳いだことはない。海ではナンパだけです」と答えてますから

こういうタイプが彼女いないってことはないでしょう。

ちなみに、将来については以下のように語ってました。

「将来、原監督みたいにバラエティー番組にバンバン出たい。そのためには東京五輪での活躍が条件になることは分かっています」

だそうです。

最後に~ところで仕事はどうしてんの?~

ところで、調べていて思ったのですが、大谷遼太郎選手はトヨタ紡織を退職してますよね。

仕事どうすんでしょうか?

よくよく調べてみると、実家に戻ってスポンサーを探しているとのこと

つまり、無職ってことでしょうか?

仕事辞めるより、先にスポンサーを見つけておいたほうが良かったと思うのですが、

まぁ まだ25歳ですからとりあえずはなんとかなるでしょう。

出雲駅伝の4区で区間新記録を出した実績もありますし、アテもなくはないでしょうからね。

ちなみに過去の実績です。↓

2012年箱根駅伝 7位 10区 (01:12:21)
2012年出雲駅伝 1位 4区 (00:17:50)
2013年箱根駅伝 5位 2区 (01:10:55)

 

大谷遼太郎選手は以下のようにも語っています。

僕の憧れる男達は人としてもアスリートとしても本当にカッコ良い人達ばかり。

夢に向かって全てを捨てて何かにかけてる姿に感動や勇気や元気を貰える。 僕もそんな存在になりたいそのための努力は怠らない。

チャラ男と呼ばれても良い。 外見やイメージのその先にあるものを伝えたい。

 

世の中そんなに甘くないです。

でも、その厳しさを乗り越えてもなお前に進み続ける覚悟があるのなら、夢は叶うかもしれません。

オリンピック出場、メダル獲得という、誰もが認める結果を残して欲しいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です