長野県の流産があった社会福祉法人の施設ってどこ?名前は?

長野県の障害者支援施設衝撃的な事件があったようですね。

知的障害を持つ女性が流産していたと。

ちなみに、これに近い事件って、私の知り合いの施設でもおきてましたね。

でも、市に報告がいっても、そのままあやふやになったようです。(東京の施設です)

そして、それ意外にも様々な問題があったようですが、やはり市に報告がいっても有耶無耶になったとか。

それがこの世界の現実であって、本当に氷山の一角ということなんですね。

<スポンサーリンク>

長野県の流産があった社会福祉法人の施設ってどこ?名前は?

プライバシーの問題もあって、社会福祉法人の施設の名前は公開されてないようですが、

情報によると、

長野県下伊那郡松川町親愛の里松川の付近の施設での事件のようです。

とまで書けば、もはや一箇所しかないのですが、これも情報だけで確証はないです。

仮に、この情報が正しいとしても、恐らくあやふやになって終わりでしょうね、

報道でもありましたが、ホルマリンで保存された状態だとDNA鑑定は困難だそうですから、

これ以上の進展はないでしょう。

ちなみに、ホルマリンで保存されるとだめな理由は以下です。

ホルマリン固定により、組織内のタンパク質-タンパク質やタンパク質-核酸の架橋によりDNAの断片化が生じます。

さらに、ホルマリン内のホルムアルデヒドの酸化によって生じるギ酸によってもDNAは断片化されます。
その結果、再現性のある、信頼性の高いDNA型検査は大変難しいものとなります。

※ 千葉大学付属法医学教育研究センターより

 

・堕胎直後でない場合やホルマリン保存されている場合(特にホルマリン濃度10%以上)は,
DNAが変質・分解されてしまい鑑定ができない可能性があります。

結果的に鑑定に適さなかったり,鑑定不能となる場合もあります。

※引用元 アルク行政書士総合事務所

つまり、

DNA鑑定は困難ってことです。

<スポンサーリンク>

恐らく警察も防犯カメラ等々はチェックしたかと思いますが、

防犯カメラ自体なかった可能性もありますし、

防犯カメラはプライバシーの問題もあって取り付けてきる箇所はごく一部です。

個室で起こったこととなれば、もはや誰が関わったかなんて分かりません。
(そもそも、いつの起きたことか特定できてないでしょうからね。)

相模原の事件でも外部の一部防犯カメラしかなかったように、限界があるんですね。

つまり、

今回も例のごとく、あやふやになって終わりです。

こういう事件が起きると、一時は施錠を強化したり、警備を少し強化したりってことは一時的に行われますが、

しばらくすると、元に戻ります。

相模原の事件以降、どこの施設も恐らく同じですね。

人も足りてないし、限界があるんです。

スポンサードリンク

2 件のコメント

    • 施設はそこだとは限りませんが、そういうプライバシーが露見されかねない情報を不特定多数が見ている場に載せるということは
      それなりの覚悟があっての事なのでしょうね?「近くに住んでいる者」と晒してしまうということは、そちらにも何かしら影響があるかもしれないということをお気をつけた方がよろしいかと思います。

      袋叩きにあって、何かあった場合、そういった施設の職員や利用者さんたちはどうなるのでしょうね
      相模原の事件から始まり、深く考えさせられることばかりです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です