衣笠祥雄の死因の大腸がんは食事が原因?偏食で焼き肉の食べ過ぎか?

また一人著名人が亡くなりましたね。

衣笠祥雄 71歳。

平均寿命からすると、鉄人と言われていただけに、まだ先長いものだと思いましたが・・・・。

負傷しても休まずに試合に出場するストイックさと、体の強さが故に無理をしていたのかもしれませんね。

関係ないですが、ボディビル界の神的存在である、マッスル北村も異次元の精神力の持ち主で

追い込み過ぎて、39歳という若さで亡くなってますが、

そういう人って、短命だったりするんですよね。

<スポンサーリンク>

衣笠祥雄の死因の大腸がんは食事が原因?偏食で焼き肉の食べ過ぎか?

鉄人と言われた衣笠祥雄ですが、

現役時代からずっと、肉が大好きで、肉ばかり食べる超偏食だったそうですね。

焼き肉とコーラのセットが大好きだったと。

魚は食べられず、野菜も食べない。

「野菜は食べないのか?」と聞くと

「野菜は牛が食ってる」と返答するほどだったとか。

なるほど、言っていることは分からないでもないですね。

ライオンや虎なんて偏食の極みで肉しか食ってないのだし、草食動物もしかり。

でも、人間の場合、大きな違いが・・・・

それは肉を焼くってこと。焼き肉ですね。

動物のように新鮮な肉をそのまま食べるなら、問題ないのかもしれませんが

やはり話が変わってきて、内臓にダメージが蓄積されるのかもしれません。

ただ、食事と大腸がんとの因果関係は不明ですし、個人差もあるでしょうからねぇ。

この辺りは、医学がいくら進歩してもずっと分からないでしょう。

大富豪で有名なウォーレンバフェットなんて、チェリーコークが大好き

87歳の今も一日5杯飲んでいて、衣笠祥雄以上に、胃袋と腸を痛めつけるような食事内容であることが有名。

食事でも投資でも、自分が求めているものが分かったら、バフェットは徹底的にそれを追求する。

チキンフライドステーキやハンバーガーをオーダーし、何にでも塩を振り、ピーナッツ・ブリトルを食べる。とにかく、バフェットの食事はヘビーで、まるで1日中、自分の胃袋を痛めつけているようだ

引用元:https://www.businessinsider.jp/post-106299

衣笠祥雄もこの点に関しては共通していたのかもしれません。

でもウオーレンバフェットは現在、87歳

食事内容が、ジャンクフード、砂糖、塩のオンパレード。

それでいて、未だ現役ってのが恐ろしい・・・・・。

ただ、ウオーレンバフェットの場合、その食事をすることで何が得られるかを徹底して探り

それを明確に理解しているそうですから、ただの不摂生ではないようです。

それでも、毎日コーラ5杯飲んで、ジャンクフードのオンパレードって・・・・・

やっぱ個人差かなりありますよね。

衣笠祥雄も鉄人だったでしょうけど、世界にはそれ以上の鉄人であり賢人がいると。

ウオーレンバフェットはオマハの賢人であり鉄人ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です