鶴ひろみの死因は病気?結婚して子供はいたの?

ドキンちゃんの声やブルマの声でおなじみの

鶴ひろみさんが首都高でなくなっていたそうですね・・・・。

ドキンちゃんブルマといえば、その声を知らない人はいないですよね。

もちろん、彼女がその役をやっていたとは知らんかったひとが多いかと思いますが。

ドキンちゃんとブルマの声が変わってしまったら、違和感が半端ないですよね。

ショックですね。

ご冥福をお祈り致します。

<スポンサーリンク>

鶴ひろみの死因は病気?

首都高と聞いて、一瞬事故か何かかと思ったんですが。

ハザードランプつけて停止していたってことは

途中で苦しくなって止まってたんですかね?

救急車を呼ぶ間もなくってことは、心臓の病気か何かかな・・・・。

今のところ報道されてませんし

彼女のブログもないので、その前兆みたいなものも一切分かりません。

まだ若いのに残念です。

関係者に何か持病があるとか話してなかったんですかね?

それとも本当に急に体調不良になって、そこから・・・・ってことなんでしょうか。

声優交替か・・・・・いずれ慣れてしまうのだろうけど。

残された家族がいるとしたら、悲しみに暮れいていることだろうな・・・・・

そういえば家族っていたのかな。

結婚して子供はいたの?

調べたところ、声優の難波圭一と1986年に結婚していたそうですね。

その後離婚したようですが、子供がいたって情報はないです。

それでも、親しい方やファンは本当に悲しいですよね。

どうしようもない喪失感。

私のように縁遠い存在は、いずれ声優がかわっても慣れて行き、

そして、いつの間にか声を思い出せなくなったりするもの。

以前のジャイアンとか波平の声も、すぐには思い出せません。

今となってはむしろ定着している。

結局忘れてしまうわけですが、

でも、彼女の周りの人たちにとっては、彼女しかいないわけですからね・・・・・。

<スポンサーリンク>

最後に

人はいずれ亡くなる。

10代、20代前半の頃って、自分が年を取っていくとか、親が亡くなるとかって

イメージしにくんですが、ある程度の年齢になってくると

急にそれがリアルにイメージやすくなるんですよね。

20代後半からアラサーくらいの年齢に達すると、たいていの場合

親が60代付近になっているってことも大きいと思います。

今の60代はかつての60代とは全然違って、バリバリ現役なひとも増えていますが。

それでも鶴ひろみのように60歳付近で急に・・・・・ってことが現実味を帯びてくる

年齢ですからね。

今親がまだ存命なら、早めに親孝行なりしたほうがいいですよね。

というのも、ついこの前知り合いの親が亡くなったってことがあって

他人事でもなくなったので・・・・

安い海外旅行でもいいから、何かしてあげるべきなのではないか?と思った次第です。

もちろん、その程度で今まで自分にかかったお金を返せるわけなのだけど。

今できることから、やっておかないと必ず後悔しますよね。

最後に鶴ひろみさんのラジオ音声を残して終わりたいと思います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です