煽り運転の対策や仕返しについて!通報しても違反にならない?

煽り運転の対策や仕返しについて!通報しても違反ではない件

現代の交通事情の問題として最近、クローズアップを受ける煽り運転ですが、

現実問題として警察の取り組みはどうなっているのでしょうか?

現在、煽り運転に関して明確な規制がないのが現状ですが、

「一度は身の危険を感じた」、

「嫌な(恐い)経験をした」

という人も多いと思います。

しかし、先に述べた通り、かなり悪質なケースであっても警察に通報したところで

警察は動いてくれないケースが多々あるようです。

そんな現代の交通事情で役立つツールが話題の【ドライブレコーダー】です。

危険運転の被害に遭い、夫婦が亡くなられた事件以降、

自動車用品店でも売れ行き好調だそうでたった数日で売上が3倍以上になったそうです。

というのも危険運転致死傷罪で男性の逮捕に至った証拠として一躍買ったのが

【ドライブレコーダー】なのです。

実際、ドライブレコーターに記録していれば、個人的な訴訟などには役に立ちそうですし、

ケース的にはドライブレコーダーのカメラで記録された動画が危険運転の証拠と見なされて

警察に検挙されたケースもあるようです。

煽り運転の対策や仕返しについて!

煽り運転とはそもそもどんな行為を指すのか…。

例えば極端に車間距離を縮めて前方を走る車の後ろにベタ付けすることや、

パッシングいわゆるハイビームなどで後方からせかしたり、

はたまた、前方車両でもノロノロ運転をして急ブレーキを踏んだり、

無理な幅寄せをしたり、横づけして威嚇したりなど、さまざまです。

ですがそんな人でも普段から車間距離をつめたり、常に急いでいる訳ではなく、

家庭や仕事で気になることがあり、ついイライラしてしまった…。

そんな心理が働く人もいることは事実です。

もちろん煽り運転してるつもりもなく、急ブレーキになったり、

車間距離が詰まってしまうこともあるでしょう。

やはり、煽り運転の対策としてはベストな対応は『心の余裕』を持つことです。

火に油を注ぐという言葉の通り、煽り運転に対し、進路妨害や急ブレーキ、

パッシングなどは相手をエスカレートさせかねません。

どんなにイラついている人がいても、

「あぁ…。ほんとにすいません。そんなつもりはなかったんです。」

って対応すればそれ以上に何かしても無駄だと気付いてもらえます。

穏便に事を済ませたいなら非はこっちになくても『謝る』に越したことはありません。

触らぬDQNに祟りなしですね。

もちろん、

仕返しなんてもってのほか!二次被害を起こす可能性があります。

煽り運転の被害者であっても、危険運転での加害者にはなりたくないですよね。

とはいえ、できる限り被害にも遭いたくないですよね。

そんな時に役に立つのがドライブレコーダーです。

ドライブレコーダーを付けていなくても、

「カメラ録画中」や「後方録画中」

などのステッカーを張ることも効果的だと言う意見もあるようです。

たしかに・・・・。

でも、正直ダサいですけどね( ´∀` )。

通報しても違反で捕まることはない?

通報しても違反ではない件、これは煽り運転だけでなく幅寄せ運転や

後方からのライトのパッシングなど強引な割込みや車線変更、ウィンカーを付けないで交差点を曲がるなど、

警察は違反にあたれば見ていれば指導や検挙されるはずです。

ですが煽り運転に近しい行為やライトのパッシングなどを含めると

警察はドライブレコーダーに記録が残っていても検挙しないケースもあるようです。

 

まぁ 微妙なラインですからね~。

あからさまでないと、やっぱ手は出せませんよね警察は。

とりあえず、スルーが一番ですね。

可愛そうな生物だと思って、憐れんであげるのが一番。

たとえば、猿が「うきゃ~何見とんじゃぼけこらカス~!!」って

仮に言ってるのが分かったとして、相手にするか?って話です(笑)。

しないですよね。

相手にする人は猿と同等かそれ以下。

煽りやってくる人達は基本的にこの手の可愛そうな部類なので

相手にする≒自分も阿呆

という図式が成立してしまうんです!!

気を付けたまえ!!

と言いつつ、この前自転車で逆走して来た愚か者が

なぜか逆ギレしてガン飛ばしてきたので、

「てめぇが間違ってんだろ!ボケゴラぁ!!」

ってうっかり言ってしまいましたとさ( ´∀` )

いやあ だって逆走してきて逆ギレですよ?

意味わからんて!!

あぁいかんいかん・・・・

犬が逆走してきても、ムカつかんのと同じだったわ・・・・

相手にしてるってことは、犬以下。

まとめ

警察の検挙数は年間で約8000件、そのうちの8割が高速道路です。

そして記憶に新しいのは東名高速のSAでのトラブルでSA付近にあった車のドライバーに口頭で注意をしたところ

東名高速下りにて煽り行為や幅寄せ行為を再三に渡り繰り返し、追い越し車線に口頭で

注意しただけのドライバーの車を停止させ、

注意したドライバーを罵り、暴行に及んだ上、これに気が付かなかった大型トラックの

注意したドライバーの自動車への追突を誘発した、

悪質なドライバーもいることは知っている方も多いとは思います。

こういったドライバーはいきなりこう言ったケースに至ったわけではなく、

自身に取って気に食わないところがあると相手のドライバーの自動車を蹴ったりしたこともあったようです。

大型トラックで追突されて、娘さん2人を残して亡くなったご夫婦の事を考えれば、

決して軽くない刑罰を求めたいと思うのは世間一般的な感情と思えます。

無意識にしても意図的にしても結果として取り返すことが出来ない命に係わる問題でもありますので、

ドライバーとしてのマナーを守る一方で、警察や法律を整備する側の方にも、

煽り運転や幅寄せ運転等への交通法の制定や運用をお願いしたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です