松原梨恵の顔がブサイクでひどい?顎や出身中学と引退も!

松原梨恵さんと言う女子新体操選手をご存知でしょうか?

松原梨恵選手は今年、2017年のイタリアのペーザロで行われた世界新体操選手権で

日本新体操団体の代表の1人として、

フープの演技で銅メダルをロープ・ボールの演技では銀メダルに輝いた新体操団体の6人のメンバーの1人であり、

東京オリンピック2020での活躍が期待される。将来有望な選手です。

現在、所属しているのは東海東京証券ですが、国士舘大学を卒業して、

今年、2017年の4月1日に入社したばかりの新入社員でもあります。

体操を始めたのは3歳とかなり早く、その成果も2008年に行われた

第39回 全日本中学校新体操選手権大会では、個人総合2位に輝くなど。

比較的に早い時期から表彰台に上るなど実績のある女子新体操選手です。

そんな松原梨恵さんの事についてお知らせしたいと思います。

<スポンサーリンク>

松原梨恵の顔がブサイクでひどい?顎が気になる?

松原梨恵さんの顔立ちをネットでは顎のラインを気にしている人もいるようですね

こればかりは顔立ちの好みもあるようですからなんとも言えないところですが、

もしかすると、日本新体操代表の公式Twitterにコメントなどしていないことも関係しているのかも知れません。

一般的にスポーツ選手は国内・国外で活躍を始めると憧れや羨望を持たれることも多いですが、

美人でスタイルが良くても愛想が悪いと印象も悪くなるケースがありますね。

アイドルのような顔立ちであっても、やはり悪く言う人はいるのでしょう

何より美を競うスポーツでもある新体操の選手を指してブサイクと言うのは、

これはある意味で妨害とも取れる行為とも思えます。

新体操の選手は松原梨恵さんの例を挙げるならB75 W58 H85

と新体操の選手としてスタイルをキープするのは、

それなりの努力が必要でしょうし、

他のスポーツの選手で競技の内容にもよりますが、10代後半~20代前半は、食事量が半端なものではなく、

時に顔もパンパンになっているスポーツ選手たちを目にしたりします。

スポーツ選手のそんな健康美を好む人もいれば、やはりシュッとした小顔の女性を好み人もいるわけですから、

あまり松原梨恵さんの顔立ちを否定する理由にはならないと思ったりします。

松原梨恵さんの出身中学と引退も!?

松原梨恵さん出身中学は岐阜市立長良中学校です。

特に体操部などが盛んと言う情報もありませんでした。

ごく普通の中学校と言う感じだと思われます。

どこが情報源なのか、引退と言う二文字がネット上で出ているようですが、故障したとも聞きませんし、

2017年のイタリアのペーザロで開催された世界新体操選手権では、

日本の時期エース候補といわれる選手たちの中で、団体6人の演者の1人として銅メダルと銀メダルを獲得しています。

引退と言う言葉を松原梨恵さんが使うのはもっと先の話と思われます。

ここで松原梨恵さんのプロフィールなどをお知らせしたいと思います。

名前:松原梨恵 (まつばら りえ)
生年月日:1993年(平成5年)10月21日 (23歳)
出身地:岐阜県岐阜市
身長・体重:167㎝/48㎏
出身校:岐阜市立長良中学校・岐阜県立岐阜商業高等学校・国士舘大学
所属:東海東京証券
所属クラブ:ALFA新体操クラブ

と言ったプロフィールです。

体重48㎏は身長が海外の選手と違って、

比較的に小柄とはいえかなりの絞り込みが出来ていると思います。

体系の維持などには努力が必要でしょうし、なぜにマイナスのイメージが付いて回るのかと考えると、

新体操選手に対する嫉妬もあるのか?と思ったりします。

新体操では若くしてチームから去る選手も時にはいることはありますが、

そういった例は選手が抱える過去の故障などに苦しむケースなので、

松原梨恵さんには故障した過去の出来事があったか不明ですが、

現役を退くほどの理由は現在の時点では見当たらないのではと思います。

<スポンサーリンク>

松原梨恵さんのまとめ

新体操選手で顔立ちの否定や選手としての競技人生までに意見が及ぶネットの世界ですが

やはり女性の美意識の高さから来るものなのか、

日本新体操選手はかくあるべき的な造形が出来上がっているのか?不明ですが、現実の選手たちを見ていると、

超人的な体の柔軟性一つとっても一朝一夕で成り立ったものではないことが分かります。

比較的に近年では、新体操の国際大会もタイトなスケジュールで行われることが多いようですね

2010年サンクトペテルブルグ新体操国際では、団体総合3位 種目別決勝フープ3位

リボンロープ3位と種目別でも銅メダルに輝くなど、

はり新体操の時期エース候補の一人と言っても良いのではないかと思います。

2010年世界新体操選手権モスクワ大会では 団体総合6位

種目別決勝ではリボンロープで6位に入るなど実力をキープし、

新体操の個人競技者としての能力も高いことの証明ですが、

2012年 W杯ロシア新体操国際 団体総合2位 種目別決勝ボール2位 リボンフープ2位と、

銀メダルを2つ獲得するなど成果としては十分な成績を残しています。

もしもの引退の説を取るとするならば新体操選手だけではありませんが、

成長期の10代での競技者として結果を残した場合、

成長期が安定した場合に置いて結果が残らなくなったりすることはあります。

その選手としての成長の高止まりが、選手に焦りのようなものを生み出すこともありますが、

一流の選手ともなれば、そういった課題も克服し新体操と言うスポーツを続けていくと思われます。

東京オリンピック2020での新体操日本代表、フェアリージャパンの主力選手として実力が成果の繋がり、

団体のみならず種目別でも日本にメダルをもたらす可能性を期待したいところです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です