ベネットマヤがかわいい!彼氏や母親と出身高校や中学とモデルも!

女子新体操日本代表「フェアリージャパン」のメンバーで最若手のベネットマヤがかわいいと話題です!

う~む新体操もハーフの波が押し寄せていますね~。

案の定の高身長で、9頭身という・・・・。

いずれ純・日本人みたいな選手は消滅する時代が来るかもしれません。
(何十年も先だと思いますが・・・)

というわけで、

彼氏や母親のこと、出身高校や中学そしてモデルについても詳しく調べてみました。

<スポンサーリンク>

ベネットマヤがかわいい!母親は?

ベネットマヤは、オーストラリア人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフです。

母親は茨県出身で名前は敦子さんといいます。

ベネットマヤの身長は174㎝、

日本人選手とは一線をかくす抜群のプロポーションでなんと9頭身です。

欧米の選手に比べてどうしてもルックスでは見劣りしてしまう日本チームにとって彼女の存在はとても大きく、頼もしいと言えます。

見た目の華やかさも重視する山崎浩子強化本部長の強い期待を背負っている選手と言って良いでしょう。

「フェアリージャパン」という名前は、公募で決まったのですが、「フェアリー」とは「妖精」のこと、

異色の美しい妖精が加わったことで今後どうイノベーションして行くのかとても楽しみです。

ベネットマヤの出身高校や中学は?

現在、ベネットマヤは通信制の第一学院高等学校の2年生。17歳です。

もともとオーストラリアで2013、14年と連続で全国大会3位という好成績をマークして注目を集めていました。

でも、オーストラリアは新体操では後進国で活躍も場が狭くなると判断したのでしょう、

2014年、中学2年生の時にオーストラリアから千葉県に移住してきました。

勇気もいったでしょうね。

でも、バイリンガルで日本語もしっかり話せます。

中学校は調べましたが分かりませんでした。

ベネットマヤへの期待

昨年、リオオリンピック後に電撃引退を発表した、フェアリージャパンの元キャプテン

畠山愛理選手が抜けた後に加入が決まったのがベネットマヤです。

明らかに東京2020を意識した招へいでしょう。

先日、イタリア・ベネーロで開催された世界選手権でフェアリージャパンは、42年ぶりに団体総合で表彰台にのぼり、銅メダルを獲得しました。

しかも、団体では

「ボール&ロープ」で銀メダル、「フープ」で銅メダルと3つのメダル獲得というとんでもない快挙です。

ベネットマヤの出場機会はありませんでしたが、先輩たちの異例の活躍を目の当たりにしてきっと大興奮したことでしょうし、

自分だって!と大いに奮起したに違いありません。

早速目の色を変えて練習してゆくことでしょう。

ベネットマヤ以外でも優秀な若手選手は全国にいるわけですし、少し手を抜けばそんな選手と入れ替わる可能性もありえます。

間もなく発表される14期フェアリージャパンの顔ぶれも楽しみです。

<スポンサーリンク>

ベネットマヤの彼氏やモデルも!

ベネットマヤは、2016年の「カミコレ!オーディション」

という新人モデル発掘オーディションで審査員特別賞をもらっています。

そして、芸能事務所「エヴァーグリーン・エンターテイメント」に所属。

ウエンツ瑛士さんが所属している事務所です。

これだけかわいければファンも多いでしょうし、

彼氏がいても全くおかしくありませんが、

今のところその情報はありません。

何かと話題性があり、華をもっているベネットマヤの活躍から目が離せません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です