木村文子(陸上)がかわいい&美人!彼氏や結婚と復帰や私服も!

木村文子選手と言う女子100mハードルの選手をご存知でしょうか?

かわいい、美人と評判のようです。

実力のほどは?

ですが日本国内ではかなりのレベルの選手でもあります。

2011年~2014年までの織田幹雄記念国際陸上競技大会で4連覇を達成するなど国内有数の女子100mハードラーであり、

2017年のロンドン世界陸上では女子100mハードルの予選2組で13秒15と言うタイムで4着に入りました。

世界陸上では日本人初の女子100mハードルで準決勝に進出しています。

また身体的能力が高い選手でもあります。活躍を見せ始めた時期も比較的に早く、

高校時代にはインターハイでの走り幅跳びで6m17の跳躍を見せて優勝しています。

2011年6月に日本陸上競技選手権大会で初優勝を飾って以来、

国内で輝かしい成績を残して2013年7月にはアジア陸上競技選手権大会で優勝し、見事にアジア女王となりました。

世界のハードル選手たちと競い合い、国内でもNO.1女子ハードラーと言っても過言ではないと思われる実力の持ち主です。

そんな木村文子選手のことについてお知らせしていきたいと思います。

<スポンサーリンク>

木村文子選手がかわいい&美人!

木村文子選手は国内有数の女子ハードラーですが、

そのルックスやスタイルもネット上だけでなく評判になっています。

国内の女子陸上選手でyoutubeに画像の特集されている女子アスリートはなかなかいないと思いますが、

その一人が木村文子選手でもあります。

陸上のようなストイックな常に努力を必要とされ、

タイムと言う結果の中で競技を進める精神力も必要なタフな競技である短距離、

それに加えてハードルが設定されていている競技でケガが付き物です。

走ることに特化した身体能力にハードルを超えるために足を上げ、

折りたたみながら無駄なく高速でハードルを通過する。

なによりもその腹筋にも現れているシックスパックとも言われる腹筋の割れ方は。

女子アスリートでも屈指のレベルではないかと思います。

体幹のトレーニングなどもかなりされていると思います。

言葉が合っているか分かりませんが見事な「細マッチョ」です。

木村文子選手の腹筋に好感を持つ人もいるようですね。

顔立ちも現在の競技中では、精悍な顔つきになる木村文子選手、

クールビューティと言う言葉が当てはまりそうです。

顔立ちは大島優子さんに雰囲気が似ていると言われている木村文子選手ですが、

美人でありながら可愛らしさもある感じが「似ている」と言われるポイントかも知れません。

また試合前にはネイルをチェンジして気分を高めたりしているようです。

インスタグラムでは「広島ネイル」として明るいピンクとラインストーン飾ったネイルの画像を上げています。

広島県が出身地の木村文子選手ですがカープ女子でもあるようで、

こちらもカープのCマークの入ったキャップを手に持ち、

カープのユニフォーム姿でインスタグラムに動画を上げているようですね

彼氏や結婚情報!&復帰と私服も

木村文子選手は現在、独身のようです。

特定の彼氏がいるか?など分からないところですが、

美人であることは間違いないのでプライベートも充実と言う事もあるかも知れません。

インスタグラムには木村文子さんと同郷の広島県出身の山縣亮太選手がツーショットで写っている画像がありますが、

https://twitter.com/V7Jqq/status/772244659770761216

今のところは交際に発展しているという情報はありません。

ただ郷里の同じ陸上競技者としてリオ五輪の400mリレーで銀メダルを獲得している

山縣亮太選手との交流はあるようです。

山縣亮太選手は同じ広島県出身の後輩と言うことでツーショット写真もインスタグラムにアップされているということでしょう。

結婚についてはこの辺りはまだ交際している方もいたとしても

一般の方なら情報を確認することは難しいと思われます。

また陸上競技者で国内でも有力な東京オリンピック2020の女子100mハードルの候補ですから、

この時期まで現役を続行されるでしょうし。また周囲の期待を集めると思います。

男性ファンとしてはその時期が来るまでハードルを超えていく木村文子選手を見られる可能性は高いと言えるでしょう

競技会場ではレース中に精悍な顔つきで、レース後は晴れやかな表情をすることが見られる木村文子選手ですが、

 

競技場以外ではどんなファッションをしているのか?

私服が気になる方も女性ファンではいるのではないかと思います。

服装は色づかいもカラフルでありながら落ち着いたボーダーを選んだり、

きっちりとしたジャケットも公式な場では着ているようです。

♡Mike and Jessica ♡ #Maverickcoffee #ALTIS #お休みの日にリフレッシュ

木村文子さん(@kimura.ayako)がシェアした投稿 –

ヘアスタイルはやや髪にウェーブが掛かったセミショートより少し短い感じやセミショートそのものだったり、

ロングでポニーテールにまとめている画像もあります。

趣味にスポーツ観戦を上げている木村文子選手ですが、ゴルフの打ちっぱなしをしたり

カフェ巡りをしているようですね

カフェ巡りなどは女性らしく、ネイルにも気を付けているところなど “女子力”が高いと言えるでしょう

 

木村文子選手が本格的に大会で記録を残し始めたのは大学生になったことからですが

横浜国立大学と高学歴でありながら陸上選手としての結果も残したわけです。

100mハードルでは結果を残してきた木村文子選手ですが、ハードルの競技はケガが付いて回る種目でもあります。

2013年には全日本実業団対抗選手権の女子100mハードル木村文子選手はケガを負いました。

ハードルに足を取られて転倒、打撲と皮膚がめくれ21針を縫った大きなケガでした。

復帰は2014年の織田幹雄記念国際陸上競技大会でした。この大会で4連覇を果たした瞬間でもあります。タイムは13秒23でした。

木村文子選手が持つパーソナルベストが13秒03であることや世界陸上やオリンピックへの参加標準記録は13秒00ですから

、復帰戦としてはまずまずな結果だと思えます。

2012年4月の織田幹雄記念国際陸上競技大会では自己新記録 13秒04で優勝していますが、

この時がベストタイムのようですね

2012年にはロンドン五輪出場しています。

既にオリンピアンとしての活躍のある木村文子選手ですから東京オリンピック2020の有力候補と言うわけです。

<スポンサーリンク>

木村文子選手のまとめ

木村文子選手にとって100mハードル選手としての集大成が東京オリンピック2020となることは可能性として高いと思います。

2016年6月には日本陸上競技選手権大会で優勝しています。現在も実力をキープしている姿勢は29歳と言う競技者年齢を考えると、

努力と言う言葉だけでは表せないトレーニングを積んでいることでしょう。

木村文子選手のプロフィールをまとめの中でご紹介したいと思います。

名前:木村 文子 (キムラ アヤコ)
生年月日:1988年6月11日 (29歳)
出身地:広島県広島市宇佐北区
身長・体重:168cm/53kg
出身校:広島県立祇園北高等学校・横浜国立大学 教育人間科学部 卒業
所属:エディオン

100m:11秒95
100mハードル:13秒03 (日本歴代4位)
走り幅跳び:6m17

木村文子選手のキャリアで最も大きな成果と言えるのは2013年にインドのプネーで開催された

アジア陸上競技選手権大会での金メダルでしょう

タイムは13秒25 風の参考は-0.5ですからなかなかの好タイムと言えると思います。

またインド、ブバネーシュワルで2017年に開催された同じ、アジア陸上競技大会では、

銀メダルに輝いています。

女子ハードル選手として実力をキープしている木村文子選手ですが、

東京オリンピック2020へ向けての過去の実績はもう十分でしょう。

東京オリンピック2020の女子100mハードルの代表として国内での選考レースを通過し

東京五輪2020では自国開催と言う地の利や、なにより日本人選手として新国立競技場での応援を受けることでしょう

ちなみに日本での女子100mハードルの記録は金沢イボンヌ選手が2000年にマークした
13秒00です。

世界記録はカザフスタンのオルガ・シシギナ選手が1995年にマークした12秒22です。

木村文子選手は日本歴代4位の記録13秒03を持っていますから、

国内の有力候補であることは間違いないのですが、

メダル争いを確実にと言うのは難しいかも知れません。

自国開催のダークホース的な選手としてメダルの一角を切り崩して欲しいところでもあります。

東京オリンピック2020での木村文子選手の活躍を期待したいところです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です