郡菜々佳が黒木華に似てかわいい!彼氏や身長と中学と高校時代も!

郡 菜々佳さんと言う九州共立大学の女子砲丸投げの選手をご存知でしょうか?

東京オリンピック2020の砲丸投げの選手として候補と言える選手です。

期待の新星とも言われています。

その日本人離れした体格からボリュームスレンダーなどと一部では呼ばれているようですね。

中学生時代から頭角を現した郡 菜々佳さんですが、

高校に進学してからも砲丸投げの競技での記録が伸び悩むことなく、郡 菜々佳さんの

持つ16m24と言う記録は、U‐20の日本記録なのです。

日本ユース選手権では円盤投げと砲丸投げの二種目で、2冠を達成、

その身体能力の高さは結果として比較的に早い段階から好成績として残っています。

そんな郡 菜々佳さんのことについてお知らせしたいと思います。

<スポンサーリンク>

郡菜々佳が黒木華の似てかわいい!彼氏は!

郡 菜々佳さんは2017年現在で20歳の大学生です。

福岡県の九州共立大学に在籍されています。

身体能力の高さは一部でボリュームスレンダーと言われているとお知らせしましたが、

顔立ちは和顔の少し童顔な感じですね

女優の和顔美人である黒木 華さんになんとなく雰囲気が似ているかも知れません。

笑顔などはより雰囲気が重なる部分もあるかと思います。

どちらかと言えば女性にもかわいいと言ってもらえるタイプではないかと思いますが、

現在は砲丸投げの選手としての力量を上げる練習に取り組んでいて、

彼氏の情報などもあまり聞きません。九州共立大学はスポーツ大学の側面を持っていて

スポーツ界に多く競技者を輩出している大学です。

ですから恐らく練習の時間でプライベートの恋愛の充実と言う点も難しいかも知れません。

ですがそこは若い女性ですから一般のお相手がいるのであれば、不思議なことはないと思います。

大学時代の恋愛エピソードなどは東京オリンピックの砲丸投げの有力候補ですから、

のちにインタビューやテレビなどで語られることがあるかも知れません。

現在は砲丸投げの若手のホープとして注目を集める郡 菜々佳さんですが、

男性ファンにもチャンスがあるかは分からないところです。

郡 菜々佳さんの身長と中学と高校時代も!

郡 菜々佳さんは2011年第42回ジュニアオリンピック競技大会で14m66の記録で1位、優勝して以来、

ジュニア時代から数々の優勝や好成績をおさめてきました。

そんな郡 菜々佳さんですがプロフィールをご紹介したいと思います。

名前:郡 菜々佳 (こおり ななか)
生年月日:1997年5月2日(20歳)
出身地: 大阪府淀川区
出身校:大阪市立淀川中学校・東大阪大学敬愛高校・九州共立大学
所属:九州共立大学

と言ったプロフィールです。

身長や体重は男子選手とは違って女性選手ではデリケートなところなのでしょう

情報を集めようとしましたがプロフィールなどにも掲載されていないようです。

中学時代・高校時代のエピソードは、女子砲丸投げの競技に関することが多いようです。

東大阪大学敬愛高校在学時には、近畿インターハイでは好成績をマークして、

全国大会に進出が決まった後にTwitterで先輩の分まで頑張るとつぶやくなどしています。

2016年には日本ジュニア陸上競技選手権大会で、日本歴代4位となる16m24の好記録を

マークし優勝しました。

49m28と言う円盤投げの記録で、砲丸投げと円盤投げの記録で2冠を達成しています。

大学に入ってからはシニアの大会にも出場し始めました。大学に入ってからの成果も

2017年の6月24日に行われた日本選手権では女子砲丸投げで15m82をマークし、優勝を果たしています。

女子砲丸投げのオリンピックでの参加標準記録17m75ですから日本歴代4位となっている

16m24でもまだ記録的には及んでいないことになります。

今年、行われたロンドンでの世界陸上では女子砲丸投げに日本人の名前がなかったと思いますが、

こういった大会への派遣設定記録は、19m07とさらに距離が長く、

日本と世界での女子砲丸投げの記録の差、力の差は歴然としているのです。だからこそ

中学生時代から頭角を現し、

高校・大学とその記録を延ばし続ける郡 菜々佳さんには注目が集まり期待値も高いというわけです。

<スポンサーリンク>

郡 菜々佳さんの今後!

日本の女子砲丸投げ 記録保持者は 森 千夏さんで

2004年4月18日 静岡県浜松市で記録した18m22が日本の女子砲丸投げの最高記録です。

これでも国際大会であるオリンピックや世界陸上に選手を送り出すための派遣設定記録である19m07をクリア出来ていません。

ライバルである福岡大学の太田亜矢(おおた あや)さんの記録もやはり日本国内では

オリンピック候補なのですが、

世界的に見るとまだ厳しいのが現状です。こうした投てき競技人口は日本ではまだまだ

発展途上であり、海外に比べると国内の競技人口が少ないのが現状です。

女子砲丸投げの世界記録を持っているのは、

旧ソビエト連邦のナタリア・リソフスカヤさんで、現在のロシアのモスクワで1987年6月7日に記録した

22m63と言う記録が世界記録です。

記録は今から30年前のですから現在の競技者とはまた違った環境とは思いますが、投てき競技に時々見られる。

過去の記録を塗り替えるのに何十年と掛かることがありますが、世界のレベルが下がっているわけでもなく、

やはり好記録が残る環境もスポーツの中では時代環境と言うものがあると思います。

郡 菜々佳さんにはこれからも競技大会で好記録をマークしていき、

東京オリンピック2020の参加標準記録を超えてもらいたいところです。

女子砲丸投げのホープである郡 菜々佳さんの今後の活躍に期待したいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です