佐伯珠実(ハンマー投げ)がかわいい!彼氏や身長と高校も!

佐伯珠実さんと言う女子ハンマー投げの選手をご存知でしょうか?

現在は滋賀県の栗東市内の自転車店に勤務している立命館大学の卒業生でもあります。

練習などは母校である立命館大のびわこ・くさつキャンパスで汗をかかれているようですね

円盤投げの経験も持つ佐伯珠実さんですが、主体としてハンマー投げを行っています。

円盤投げは腕の長さや体格がものをいう競技でもありますが、

ハンマー投げは、技術力でカバーと言われる競技でもあります。

技術でカバーと言う点で伸びしろと感じたという佐伯珠実さんですが、

この考え方は海外で多くの世界大会やオリンピックに出場した。

日本のハンマー投げの第一人者である室伏広治さんのインタビューでも、

力任せに投てきして何も考えなんじゃないかと思うような選手に

負けるのは我慢がならないといったようなことを言われています。

やはりハンマー投げは試技を行うサークルが直径2.135メートル(7フィート)の場所から、

角度34.92度の範囲にハンマーを投てきして記録をマークする競技でもあり。

より遠くの考え方はあっても、それは技術力が伴うものでなければならないという考え方があるのです。

そんなストイックな一面を持つ陸上競技のハンマー投げの選手、

佐伯珠実さんのことをお知らせしたいと思います。

<スポンサーリンク>

佐伯珠実さんがかわいい!彼氏情報は?

佐伯珠実さんは現在、2017年では23歳と言う年齢です。

顔立ちは割とハッキリとした顔と言えるかも知れませんね

ハーフのように顔の彫りが深いわけではありませんが、全体的に明るい印象を持つような顔立ちと言えると思います。

彼氏情報ですがお相手は一般の方なんでしょうか。

情報がなかなかメディアには上がっていません…。

ハンマー投げに興味を持っている人の中から男性ファンが出てくるのでしょうし

競技に注目が集まることは良い相乗効果をもたらすかも知れません。

第67回西日本学生陸上競技対高選手権大会では円盤投げで表彰台にも立つ、

実力の持ち主でもある佐伯珠実さんですが42m91と記録が残っています。

その練習の成果なのか?体をクルクルとコマのように回して投てきする円盤投げと

遠心力を活かしてハンマーを投てきの練習で体がキュッと引き締められた筋肉質なのかも知れませんね。

競技者の魅力はその競技に打ち込む姿ですから年齢も重なって

男性ファンがいてもおかしくないところです

佐伯珠実さんの身長と高校も!

佐伯珠実さんの身長などなかなか調べても見つからないと思います。

やっぱり女性ですし、競技種目がなかなか…。

それだけに公表されにくい競技分野かもしれませんね。

ハンマー投げと言う競技は技術の面の向上も求められると思いますが、

腕の長さや体格などに左右されやすい競技でもあります。

こればかりは天性の素質的に言えば海外の選手にトレーニング等で体力的な部分をカバーするしかありません。

外見の顔立ちやスタイルからはスポーツをやってはいるが、ハンマー投げの競技者として第一印象では見抜けないでしょう

佐伯珠実さんの出身高校は大阪府茨木市にある、関西大倉高等学校です。

比較的にレベルの高い陸上競技者が在校しているようです。

近畿圏のインターハイなどに選手を送り出しているようですね

佐伯珠実さんの出身地は兵庫県西宮市です。

関西大倉中学校は比較的に偏差値も高い学校ですが、中学時代に進学されたかは分からないところです。

高校になりますとさらに進学校の側面が強い偏差値の高い高校でもありますので、

佐伯珠実さんもハンマー投げと勉学の両方に努力されていると思われます。

進学された大学も近畿圏の名門、立命館大学ですから

スポーツ特待生と言うだけではない勉学の方も頑張れたということでしょう

佐伯珠実さんの今後の展望!

ハンマー投げは男子ではハンマーの重さが16ポンド、7.260キログラムです。

ワイヤーの長さが1.175m~1.215mです。

女子ではハンマーの重さが8.82ポンド、4.000キログラムです。

ワイヤーの長さは、1.160m~1.195mです。

ワイヤーの長さを考えてみれば分かるのですが、力任せに振り回せばよい記録が出るというわけではありません。

野球のフェアゾーンが一般的にはホームベース上から90度です。

対してハンマー投げは、試技の有効とされる投てきの範囲は、角度34.92度ですから

実に野球の半分以下の範囲にハンマーを投てきしなければなりません。

ですからストイックな競技でもあります。また体を痛めやすい競技でもあります。

やはり経験値がものをいう競技と言えるでしょう

女子のハンマー投げの世界記録はポーランドのアニタ・ヴォダルチク選手が2016年

8月26日にワルシャワで記録した82m98です。

アジアのエリアの記録は中国の王峥選手が中国の成都市で2014年3月29日に記録した

77m68がアジアでの最高記録です。

どちらも近年に記録されたものですが、日本記録は10年以上前に室伏広治さんの実妹の

室伏由佳さんが2004年8月1日に記録した。

67m77が日本の女子ハンマー投げの最高記録です。

ハンマー投げはもともとフィンランドで鉄槌に鎖を付けて投げていたのが起源らしいですね

それが洗練されて、アルミ製の持ち手、ピアノ線のワイヤー、タングスティンを含んだ

鉄球と炭酸マグネシウムのすべり止めと、思った以上の精密な器具によって競技が成り立っています。

ちなみに練習用のハンマーで28,000円前後、試合用のタングスティンを含んでいるものは、実に82,000円前後ですから

なかなかに高価なものです。こういった情報で少しでも

雑な競技のようなイメージを払拭出来ればとハンマー投げと言う競技の見方も変わるのではないでしょうか

体力・技術・繊細さ、そういったものが混在するハンマー投げと言う競技で、

東京オリンピック2020の女子ハンマー投げの選手候補として活躍が期待される佐伯珠実さんですが、

今後も経験を積んで行って、ぜひ東京オリンピック2020では好記録を残して欲しいものです

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です