山崎颯一郎 球種・球速とフォームは?出身中学とドラフト評価に注目!

昨年のセンバツ大会で優勝を果たした敦賀気比高校のエース、平沼翔太投手(北海道日本ハム)の後継者!
北陸のダルビッシュとの異名を持つ華奢選手は、2016年春のセンバツ大会でも注目度バツグンです。

長身から投げ下ろすストレートは、キレも球威もありそうで、三振を狙えるボールです。
中学時代には日本代表に選出され、世界大会への出場経験もあり、昨年夏の甲子園にも出場と、経験も豊富。

チームが優勝候補なのもあって、今秋のドラフト会議へ向けて、多くのスカウトが注目している逸材です。
そんな山崎颯一郎選手について、いろいろ調べてみました。

<スポンサーリンク>

山崎颯一郎選手の球歴・出身中学は?

山崎颯一郎は、石川県加賀市の生まれで、小学校の時には軟式野球をやっていました。

そのまま地元の石川県加賀市立山代中学校に進学すると、加賀ボーイズという硬式野球のチームに所属します。
そして、加賀ボーイズ在籍中に、世界少年野球大会の日本代表に選出、日本の優勝に貢献します。

この大会、真剣勝負の場というよりは野球交流の側面が強いのですが、
元巨人のセペダ選手や元ホークスのバンデンハーク選手なども参加経験があります。

高校は、近年になり甲子園常連校となっている、福井県の敦賀気比高等学校に進学。
もちろん野球部に入って、1年生の春から、公式戦でも投げ始めます。

しかし、先輩の平沼翔太選手がエースに君臨していたために、甲子園での登板は、二年生夏の花巻東高校戦まで叶いませんでした。

ですが、唯一登板したその試合で、2回4奪三振のパーフェクトリリーフを披露、一躍、世間の注目を集めます。
そしてこの春、山崎颯一郎選手は背番号1を背負って、センバツ大会に参戦するのです。

山崎颯一郎選手の球種・球速は?投球フォームについて

山崎颯一郎選手は、右投げ右打ちの投手です。

身長188cmの長身で、手も長く、北陸のダルビッシュという異名も持っています。
ただ、体重は80kgと、身長の割には細身なので、投手としては身体が未完成な印象は受けます。

球速はMAX144kmと高校生としてはまずまず速い部類で、身長の高さも手伝ってキレがあり、三振が取れるストレートです。
昨年秋の公式戦では、75回を投げて防御率2.02、奪三振率も7.85と、かなりの好成績を記録しています。

ノーワインドアップから投げる投球フォームは、まだ手投げしている感じで、下半身の安定感には不安を感じます。
ですが、逆にいえば、それでもこの球速と奪三振率を記録しているのですから、ポテンシャルはかなり高いでしょう。

球種は、スライダーとカーブを軸に、カットボールやフォーク、チェンジアップも投げる多彩さ。
この辺りもダルビッシュ有選手(レンジャーズ)に似ています。

見た限りでいえば抜け球も目立ったので、まだ変化球を操る域には到達していませんが、コントロールはそれほど悪くありません。
奪三振は多いものの、本来は、打たせて取るタイプの技巧派ピッチングを得意としている印象が強いです。

<スポンサーリンク>

山崎颯一郎選手のドラフト評価に注目!

昨年の覇者で、この春も優勝候補筆頭に挙げられる、敦賀気比高校。
そこでエースという大役を背負うだけに、大会での活躍だけでなく、将来の活躍にも、期待が高まります。

特に注目したいのは、188cmという高身長。
高卒でプロ入りした高身長投手といえば、ダルビッシュ有投手、岩隈久志投手(マリナーズ)、
大谷翔平投手(北海道日本ハム)など、大物揃いです。

そして、彼らに共通するのは高身長だけではなく、直球の伸びに秀でているのも共通項。
現時点での完成度は決して高いといえませんが、山崎颯一郎選手もまた、高身長だけでなく、直球の伸びが強みの投手です。

プロのスカウト評もだいたい似通った内容で、直球の伸びと長身を高く評価し、線の細い下半身の成長を期待するコメントが並びます。

個人的な予想では、あっても7位くらいの下位指名ですが、プロ入りして鍛錬を重ねれば、日本代表クラスにさえなり得る好素材です。
この春に大きな成長を見せつけて、いい意味で予想を裏切ってくれることを期待しています。

まとめ

以上が、山崎颯一郎選手についての調査結果になります。

高身長の割に華奢な身体で、投球フォームを見てもひ弱なイメージでしたが、直球の伸びには目をみはります。
これから更に成長を遂げて、下半身にも力がついてくれば、球速は上がり、今以上の伸びになるでしょう。

そして、これは個人的な好みなのですが、ドラフト下位指名された高身長投手には、ワクワク感が強いです。
勝手に下位指名だと決めつけるのは山崎颯一郎選手に失礼なのですが、それだけ期待値の高い選手だと思っています。

多彩な変化球を持っているのは、指先が器用な証明ですので、それこそダルビッシュ有選手のようになれる器です。
まずは手始めに、春のセンバツで、再び北陸へ優勝旗を持ち帰って欲しいと願っています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です