猪田和希の打率や本塁打数は?出身中学やドラフトについて!

2017年の夏の甲子園で活躍をしている神戸国際大附属高校の

猪田和希選手をご存知でしょうか?

猪田 和希(イノダ カズキ)選手は神戸国際大附属高校で打順4番の主砲と呼んでよいと思われる選手です。

甲子園の所在地である兵庫県代表として2017年の夏の甲子園で現在、3回戦まで進んでいますが、

試合の結果は惜しくも延長11回、奈良県代表の天理に点を許して競り負けて、

夏の甲子園ベスト8入りは出来ませんでした。

夏の甲子園も3回戦ともなると対戦校のピッチャーもかなり良い投手ですし、試合が投手戦となり、

神戸国際大1―2天理

と言ったロースコアの展開で力の差は僅差だったと思われます。

惜しくも敗れたと言えますが、夏の甲子園でベスト16に残ったのは実力校の証明と言えるではないでしょうか。

そんな神戸国際大学附属高校の4番である猪田 和希選手のことをお知らせしていきたいと思います。

<スポンサーリンク>

打率や本塁打数は?

中学校時代から頭角を現している猪田 和希選手、中学時代は兵庫伊丹ヤングと言う

シニアリーグの強豪でピッチャーと4番、チームの主軸でもありました。

高校に入ってからは2年の夏にレギュラー入り、当初は外野手でレフトをしていたようです。

打順も4番と2年生の時から実力を買われていたことが分かりますが、2年生の秋から

元ピッチャーで遠投も110mと強肩ぶりから捕手として転向していますね。

中学時代のピッチャーとしての球速は130kmの後半代とされています。

またレフトからの強肩ぶりも評価されて、

この辺りが神戸国際大付属高校の青木 尚龍監督の目に留まり、捕手へのコンバートとなったのかも知れません。

秋季大会では、打率.475 本塁打数4本 打点14点と好成績をあげています。

今年の夏の2回戦までの成績で打率.286 2安打と言うものがありましたが、

四死球を選んでいる場面もあるので出塁率などはそれを上回り.375と言う数字が長打率は.286と言う結果があります。

打撃と言う面では長打率の高い選手ですし、兵庫県の夏の県予選決勝の明石商戦では

右方向、右中間に推定130mと言う流し打ちの大きなホームランを放ち、

神戸国際大付属高校の3年ぶり2度目の夏の甲子園出場に大きく貢献しました。

出身中学やドラフトについて!

まずはドラフト候補でもある猪田 和希選手のプロフィールを見てみたいと思います。

名前:猪田 和希 (イノダ カズキ)
生年月日1999年8月20日 (18歳)
出身地:兵庫県西宮市
出身中学:西宮市立瓦木中学校
身長・体重:183cm/80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:捕手・外野手(レフト)
所属:神戸国際大附属高校
球歴:高木野球団(小学生)兵庫伊丹ヤング(シニアリーグ)

と言った感じのプロフィールです。

猪田 和希選手の中学校は瓦木中学ですが、マンモス校で2017年1月の時点で、

在校生が1年生8学級、2年生9学級、3年生8学級と全体で1000名と言いますから

大きな超マンモス学校ですね。

現在の少子化の中では珍しい学校と言えると思いますが、

人の多さは甲子園などの大きな球場での人への慣れと言うべきでしょうか、

平常心にも繋がる面もあるかも知れません。

瓦木中学校の野球部では、野球活動をしていたことはネット上では確認できませんでした。

シニアリーグで硬式野球に早くから触れていたようです。

中学時代はピッチャーで4番を打っていたことお知らせしましたが、

ヤングリーグ(シニア)でも活躍し、2013年にはヤングリーグ選手権大会で優勝し、

2014年ヤングリーグ春季大会3位決定戦、

2014年ヤングリーグ選手権大会では準優勝を果たしています。

チームの主軸としてこの頃から野球の才能が開花していたと言えるでしょう。

猪田 和希選手の打撃のスタイルは凡打を恐れない、

力強いスイングで長打力があることも持ち味なのですが、

バッティングスタイルも2017年のセンバツでのフルスイングから

現在では長打力にプラスしてミート力を上げる努力をしています。

また理想の打撃フォームを巨人の坂本選手に影響を受けているようです、

動画で研究して真似しているようです。

インコースのストレートに振りまけないスタイルを意識しているのかも知れません。

2016年の秋から捕手に転向しても経験の浅さを感じさせないのはピッチャーとしての経験が活きているものと思われます。

また捕手としては盗塁のランナーを見事なコントロールの良い強い送球でアウトに、

一塁ランナーが飛び出していると見ると一塁に送球してアウトを取りピッチャーを助けるなど

この辺りもプロのスカウトから地肩が強いと言われており、

中日のスカウト部長の中田宗男氏がドラフトの候補として将来性があると見ているようです。

ドラフト候補であることはまず間違いないと思いますが、

多数の球団から支持を集めるのかは分からないところです。

高校3年生の夏の甲子園は3回戦まで進んでいますし、

プロのスカウトにアピールが出来たと思いたいところですが、

神戸国際大附属高校のOBで打者として社会人野球やプロ野球に進んだ人が数名いますが

ビックネームと言う野手・打者はいないそうです。

捕手、キャッチャーとしてのポジションで強肩で長打力があるとなれば、

猪田 和希選手を欲しがるプロ球団が複数、出てくるでしょう。

大学野球や社会人野球の道もあるとは思いますが、

ドラフトでプロ球団から指名が掛かるのをニュースなどで見てみたいものです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です