牛山千尋の打率や本塁打数は?出身中学やドラフトも!

今年も夏の甲子園が始まり、試合開始8時にもかかわらず

朝6時30分に満員通知が出されるほどの盛り上がりを見せていますね。

8月20日から準々決勝が始まりさらに手に汗握る好ゲームが期待されます。

今回はあの清宮率いる早稲田実業や日大三高を西東京大会で破り

ベスト4一番乗りの東海大菅生の3年生牛山千尋にスポットを当てたいと思います。

<スポンサーリンク>

牛山千尋という選手は?

1999年生まれの18歳。

右投右打で175cm、72kgでポジションは外野。

ある災難が降りかかりネット上で話題となりました。

東海大菅生は8月14日に11対1で富山の高岡商業を快勝で破りました。

牛山千尋は途中出場で9回に回ってきた打席で四球を選び一挙7得点の猛攻の口火を切りましたが、

一巡した打席の初球に自打球が股間に直撃してしまい、プレーを続行することができずに

チームメートに笑われながら代打を送られるという事態になってしまいました。

試合後に

「当たった直後は大丈夫かなと思ったけど、立とうと思ったら

お腹まで痛くなってしまった。最後まで試合に出たかった」

とコメントしており悔しさが伝わってきますね。

あぁ これ分かります・・・・

男性のあれって、内臓が外部に薄皮一枚で出ているようなものですからね・・・・

当たると、マジでそのものが痛いだけでなく、お腹まで痛くなってくるんですよね~涙

あれどんな強靭な選手でも耐えられないです。

神は何故あのような弱点を創ったんだ!?

 

しかし、牛山千尋はそれをバネに?したかどうか分かりませんが、

8月18日に7番センターでスタメン出場し2本の二塁打を放ち打点も上げ勝利に貢献。

9対1で青森の青森山田を快勝で破りました。

試合後のコメントで「試合前は怖さがあったが、打席に入ったら忘れました」と

集中力の高さを見せてくれました。

いやでも、

無意識的に股間の周辺を足でさりげなくガードしていたに違いない笑

打率や本塁打数は?出身中学やドラフトも!

今大会の成績は本塁打こそ出ていませんが6打数3安打2打点、打率.500の好成績。

犠打を成功させたり、四球を選んだりチームプレーもそつなくこなしています。

出身中学校は千葉県の千葉市立幸町第二中です。

現在プロ野球で活躍している重信 慎之介(ジャイアンツ)や島 孝明(マリーンズ)を

輩出した名門の佐倉シニアに所属していました。

佐倉シニアではリトルシニア日本選手権大会と全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップの

ダブル優勝で完全制覇を成し遂げていますが、ジャイアンツカップ決勝では投手として

先発をし優勝に貢献しています。

ドラフトは?というと現段階ではわかりません。

チーム内で中軸打者ではない事やスタメンを外れていることを考えれば難しいと思う方も多いでしょうが、

中学時代に投手をやっていたので肩が強いことや、ネット上での情報によると50m走が6秒で俊足であること、

そして自打球が当たって話題になる運も持ち合わせていますので、今大会の活躍次第では指名もありえる思います。

<スポンサーリンク>

まとめ

牛山千尋をまとめると。

①高レベルの西東京大会を勝ち抜きベスト4一番乗りの東海大菅生の3年生
②自打球が股間に直撃してしまいネット上で話題になる
③次の試合で恐怖心があったが、打席に入ると忘れて大活躍
④今大会の成績は本塁打は0だが、6打数3安打2打点、打率.500の好成績
⑤千葉県の千葉市立幸町第二中出身で名門佐倉シニアで完全優勝に貢献

股間に自打球が当たることは非常にまれなことでめったにありません。

そしてこれで話題になる彼は幸運の持ち主なのかもしれません。

中学時代の完全制覇に続き、高校でも優勝が出来るのか?

今後の彼の活躍に期待したいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です