藤原恭大がイケメン!彼女や兄と父親の焼き鳥屋と出身中学も!

今年も夏の甲子園が始まり、夜から開場待ちで並ぶほどの人気で

連日多くの方が観戦していますね。

過去に多くのスター選手を輩出してきた甲子園!

今年の甲子園のスター候補は誰でしょうか?

現在、二年生の藤原恭大がイケメンですごいとの話題になっています。

藤原恭大の何がすごいのか?と今までの活躍ぶりを紹介したいと思います。

また、彼女は?兄弟は?焼き鳥屋?出身中学校は?

といった情報も紹介していきます。

<スポンサーリンク>

藤原恭大というスターの誕生

大阪桐蔭と言えば甲子園常連の名門校で数々の名選手を輩出してきましたが、

今年も新たなスターが誕生しそうです。

それは藤原恭大です。

2000年5月6日生まれの17歳。

鋭いスイングの豪快な打撃が持ち味で見ていて気持ちの良い選手です。

これほどの綺麗なスイングを出来る選手はなかなかいません。

走力も一級品で50メートル走は5秒7。

一流のプロ野球選手並みの俊足です。

中学時代は投手ということもあって140キロの速球も投げられるほど強肩。

さらにTwitterやinstagram上で話題になるほどのイケメン

走攻守顔と四拍子揃った選手として期待されています。

今年の春の甲子園大会は決勝戦で2本のホームラン打ちチームの優勝に大きく貢献しました。

夏の大会も大阪予選から好成績で決勝戦ではまたもホームランを放ち優勝に貢献。

なんと

「自分は狙ってホームランを打つタイプ。ここで打てば流れが変わると思った」

だそうです。

なんとも頼もしい一言。

優勝請負人として夏の大会の活躍が期待されますね。

彼女や兄と父親の焼き鳥屋と出身中学は?

彼女については情報は出ていないようですが大阪桐蔭は全寮制です。

外出が禁止で携帯電話も禁止のようですので難しいかもしれませんね。

しかし将来のスター候補でイケメン。

女子たちは黙っていないでしょう。

兄弟については2歳上でPL学園に入学した兄の海成がいます。

「一緒に甲子園に行こう」

と約束をしていましたが、PL学園は部員募集停止を決定し

入学することが出来ずに約束を果たせませんでした。

もしPL学園に入学していたら大阪桐蔭の優勝は無かったかもしれません。

実家は焼き鳥屋を父親が営んでおり、地鶏のたたきがおいしい評判のお店とのこと。

お店の名前はわかりませんが、一度行ってみたいですね。

出身中学は大阪府の豊中市立第五中学で、横浜DeNAの国吉投手、

ソフトバンクホークスの九鬼選手を輩出した名門の枚方ボーイズに所属していました。

この頃から既にチームの中心として活躍をしていたようです。

<スポンサーリンク>

まとめ

藤原恭大をまとめると。

①走攻守顔が高レベルで揃った、打撃が魅力な選手
②彼女はいない。(と推測)
③兄のいるPL学園に入りたかったが野球部廃部により断念
④実家の焼き鳥屋は地鶏のたたきがおすすめ
⑤中学時代は名門の枚方ボーイズに所属

春の甲子園での活躍、そして夏の予選大会の活躍、さらにイケメンということもあって

今大会の話題になること間違え無しです。

また、順調に行けば2018年のプロ野球のドラフト指名で上位指名される可能性は高いでしょう。

大阪桐蔭は8月11日に甲子園初戦を勝ち16日に第二試合を迎えます。

またしても藤原恭大が決勝戦でホームラン打つのか!?楽しみです。

野球界の宝として、怪我をしないように順調に成長して行って欲しいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です