及川雅貴の中学や球種・球速は?身長やフォームについても!

夏の甲子園出場を決めた神奈川県代表、

名門横浜高校に『世代ナンバーワン』との呼び声高い1年生ピッチャーの及川雅貴がいます。

プロも注目実力派投手の出身中学や球種、球速が気になります。

身長やピッチングフォームと共に詳しく調べてみました。

<スポンサーリンク>

及川雅貴の出身中学や身長は?

及川と書いて『およかわ』と読みます!

2001年生まれ、千葉県匝瑳市立八日市場第二中学校の出身です。

182㎝、71㎏。左投げ左打ち。

中学時代にU-15ワールドベースボールカップ(inいわき)で日本代表のエースに選抜されて

前回優勝チームのキューバを4対0と素晴らしいピッチングで抑え込み、見事最優秀選手に選ばれています。

(小学6年生の時には千葉ロッテマリーンズジュニアに選抜されてすでにプロから注目を浴びています)

このころから「ものすごく素直で謙虚。練習も手を抜かず、気も遣えるので皆から好かれている」と評判で人柄も大物ぶりがうかがえます。

及川雅貴の球種、球速、フォームも!

今年、横浜高校に進学するといきなり春の神奈川県大会から先発出場します。

6失点といたい洗礼を浴びましたが、この甲子園には「11」番をつけて見事ベンチ入りを果たしています。

MAX143㎞のストレートに、

縦に割れるスライダー、カーブ、チェンジアップと切れ味鋭い変化球を投げ込むのが特徴。

肩関節が柔らかくしなやかな投げっぷりは日本ハムの大谷翔平選手をほうふつさせます。

ふりかぶってゆっくり右足を上げてから力をため込むようにして投げる姿は、

西武ライオンズの菊池雄星投手と似たタイプと言えます。

及川雅貴の伸びしろ

中学時代から下半身もしっかり鍛えてきました。

本人は

「球自体が軽いので、体重を増やして制球を磨きたい」

と自分を冷静に分析してすでに中学時代より5キロ体重を増やしています。

それでも身長のわりに71㎏とまだまだ線が細く、これが80㎏くらいになれば、

充分に150㎞台のストレートが投げられるポテンシャルがあるそうです。

中学生の時に

「プロを目指しているので、横浜高校へ進学したい」

と言い、さらには

「横浜高校に進学して甲子園に出場して全国優勝をしたい!」

ともはっきりと述べています。

頼もしいですね。

横浜高校といえば、大リーグから帰ってきて現在ソフトバンクホークスピッチャーの

怪物といわれた松坂大輔投手に触れないわけにはいきません。

1998年夏に延長17回を一人で投げ抜いてPLを下し、決勝ではノーヒットノーランまでやってのけて

見事春夏連覇を成し遂げ史上最強と言われました。

2年生の秋から3年秋の国体までなんと44戦無敗というとんでもない記録を持っています。

いや~ただモノではないケダモノ・・いやいや怪物ですね!

投手だけでなく打撃もともなってこそ強いチームとなるわけですが、

少なくとも及川雅貴の投手としてのポテンシャルは決して松坂に劣るものではなく、

怪物の再来となる伸びしろは充分に兼ね備えているといっても過言ではありません。

今年はまだ1年生なのでさすがに甲子園での登板機会があるかは分かりませんが、

来年のセンバツ以降はおおいに高校球界を盛り上げてくれそうなとても楽しみな存在です。

大いに注目して行きたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です