山口航輝(明桜高校)の球種と球速は?出身中学や怪我についても!

山口航輝選手と言う野球選手をご存知でしょうか?

山口航輝選手は今年、2017年夏の甲子園大会の秋田県代表校 明桜高等学校の2年生です。

2年生エースで4番と言うチームの主軸です。

1年生の夏からベンチ入りをしている

山口航輝選手ですが、出身は大阪府です。

秋田の高校へ進学した経緯も野球によるものと思われます。

明桜高校を8年ぶり9回目の夏の甲子園に導いた右腕はどのような練習をしてチームでエースとなり、

打者としても4番を打つ実力を兼ね備えたのか。

どうやら今年の春に就任した監督や最近では多くの高校が取り入れている

フィジカルトレーニングの指導している部長さんなどの影響もあるとのお話です。

そんな山口航輝選手のことを考察していきたいと思います。

<スポンサーリンク>

山口航輝選手の球種・球速!

山口航輝選手の球種や球速についてですが、まずはフォームから説明したいと思います。

右の本格派と呼ばれている山口航輝選手、

フォームはオーバースローで左足を少し長く上げて「く」の字を作ることで球持ちを良くしているようですね

セットポジションから体を全体的に使った投球をします。

ボールにも重みがあるようです。

球種は伸びのあるストレート、これは明桜高校の野球部部長・長瀬達哉さんの指導によるパワー転換トレーニングなどにより、

山口航輝選手は

「あまり力を入れなくても球のスピードもキレも増した」

と言っているようです。

ストレートの球速はMAX146km

変化球はスライダー、カーブ、ツーシームといった感じです。

ツーシームは沈むボールとしてスライダーはカウントや決め球にも使えるかも知れません。

甲子園では伸びのあるまっすぐを軸に変化球を絡めていき、相手打者を翻弄する場面も見てみたい気がします。

出身中学は?怪我の状態は?

大阪府出身であることは説明しましたが、ここでプロフィールなどをご紹介したいと思います。

氏名:山口航輝 (やまぐち こうき)
出身:大阪府箕面市
身長/体重:181cm/85kg
出身中学:大阪市立加美中学校
ポジション:ピッチャー
背番号:11
学年:高校2年生
学校:(学校法人ノースアジア大学)明桜高等学校

「球は走っているのでコントロールするだけ」と言う山口航輝選手ですが、

中学校は大阪市立加美中学校です。

ナガセボーイズと言うチームに所属していました。

比較的早くから硬球を使っていたと思われます。

秋田大会での金足農との決勝では5回の攻撃中に肩を負傷、

この時、3年ピッチャーの佐藤光一投手がチームメイトから「何点欲しい」と言われて、

一点もいらないと答え、山口航輝選手に代わってマウンドに立ちました。

この時のことを振り返って3年生の早川隼喜主将は、

「山口がケガをして逆に結束力が強くなった。全員でつかんだ優勝」

と言っています。

こうしたエースで四番の負傷の事態でも一学年上の3年生によるバックアップ、

今年の春に就任した、輿石重弘監督によるメンタルトレーニングもチームを強くしたのか、

このチームの危機を乗り切り、秋田大会決勝では

明桜5-1金足農

と言ったスコアで甲子園出場を決めました。

この夏は1990年以来の27年ぶりの一勝をまずは目標にしているようです。

<スポンサーリンク>

山口航輝選手の今後

秋田県では甲子園出場を9回果たしている名門と言えるチームですが、

これは前身の秋田経法大付属のこのからの歴史とも言えます。

8年ぶり9回目の甲子園出場を決めた。明桜高校ですが、その原動力は「二刀流」と言ってもいいと思われる。

山口航輝選手の貢献度も高いと言えます。

秋田大会の決勝では5回に肩を負傷するという不測の事態になりましたが、甲子園での投球は山口航輝選手も望んでいるでしょう。

チームのイメージトレーニングでは

「明るさを失ってはダメだ!」

となっているようですね。

打撃の方では、 打率 .667 本塁打1 打点6

投手としては 被安打14 奪三振30 失点2

と言ったデータもネットでは確認できました。

甲子園での活躍も期待したいところです。

明桜高校も甲子園の初戦突破は最初の目標でしょうが、1989年には4強、ベスト4に勝ち進んだ先輩たちの実績があります。

OBで同じピッチャーと言うポジションでは、

「ソフトバンクの摂津 正 投手」や「DeNAの砂田 毅樹 投手」など明桜高校のOBもプロに進んでいます。

ネット上では野手でプロの進んだ選手は確認できませんでした。

ピッチャー以外のポジションはライト(右翼手)で強肩が期待できます。

打者として能力も明桜高校での2年生で4番ですから将来性もあると思われます。

いずれにしてもプロのスカウトの目に留まるように、甲子園での実績も必要になってくるでしょう。

大学への進学か?それともプロのスカウトの目に留まるか?

将来が楽しみな山口航輝選手ですが今後の活躍を期待したいところです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です