高山優希の出身中学とドラフト評価は?フォームと球種・球速も!

左腕から繰り出される伸びのあるストレートは、プロのスカウトさえも唸らせる破壊力!
高校球界屈指の強豪、大阪桐蔭高校のエース高山優希選手は、今秋のドラフト会議でも上位指名が噂されるほどの好素材です。

2016春のセンバツ大会でも、チームとして、個人として、大活躍の予感がします。
しなやかで緩やかなフォームから、まさに糸を引くような軌跡でミットに収まる球筋は、見ていて心地いいほど。

高校生左腕としては歴代でもトップクラスの球速を誇り、奪三振の山を築く、本格派の怪物候補です。
そんな高山優希選手について、いろいろ調べてみました。

<スポンサーリンク>

高山優希選手の球歴は?

高山優希選手は左投げ左打ちの投手で、身長180cm/体重70kgと、すらっとした細身の体型です。
そんな高山優希選手の野球歴は、小学校1年生から始まります。

森之宮キャッスルという軟球野球のチームで経験を積むと、中学生からは硬球野球の道を選びます。
進学した大阪市立城陽中学校の野球部には入部せず、大阪東ボーイズというクラブチームに入りました。

中3時には、あの有名な野茂秀雄さんが総監督を務めるNOMOベースボールクラブの日本代表に選出され、アメリカ遠征を果たしています。

輝かしい経歴を重ねた高山優希選手が選んだ高校は、大阪桐蔭高校。
いうまでもなく、あまたのプロ野球選手を輩出し、侍JAPANにも卒業生が多数選出されている、名門中の名門校です。

卒業生は、同じ左腕投手に限っても、今中慎二投手(元中日)、川井貴志投手(現楽天)、岩田稔投手(現阪神)など、そうそうたる顔ぶれ。
高山優希選手は現在、このような強豪校で、名左腕の系譜を継ぐエースに抜擢されています。

球種・球速は?左腕でトップクラス!

高山優希選手の投球フォームを見て最初に感じるのは、フォームの柔らかさです。
ワインドアップから、オーソドックスなフォームで流れるように投げ込みますが、力んだ印象は全くありません。

それでいて球速は、左腕としては歴代トップクラスの150kmという豪速球
リストも柔らかくて球持ちがいいので、打者は恐らく、球速以上に差し込まれているように思います。

事実、これまでストレートを主体に奪三振の山を築いており、近畿大会では奪三振率7点台を記録しています。
対してコントロールはというと、こちらは微妙な印象です。

どちらかといえば荒れ球で、ミットを構えた逆に向かうこともしばしば。
球種はカーブ、スライダー、フォークという、いわゆる本格派投手ですが、キレよりも緩急を重視しているように映ります。

イメージとしては、元ヤクルトの石井一久投手が近いでしょうか。
この春に向けて、平均球速アップを目指して練習したとの話もありますので、さらなる奪三振ショーが見られるかも知れませんね。

<スポンサーリンク>

出身中学校には、他にも驚きの卒業生が!

高校球児の左腕で150kmを記録した選手はとても少なくて、菊池雄星選手(現埼玉西武)など、本当に一握りです。
高山優希選手は、コントロール面での不安など、現時点での完成度は高いとはいえません。

ですが、その球速から、プロのスカウトからは大きな注目を集めています。
完成度の低さも、逆をいえば、のびしろへの期待値でもある訳です。

実際、プロのスカウト評も漏れ伝わっていますが、その多くは絶賛の声です。
「さらに覚醒する可能性を秘めている」
「力はあるし伸びしろも十分。ドラフト1位もある」

このような高評価だけに、ドラフトでは上位指名に留まらず、ハズレ1位くらいまでは充分に期待できます。

余談ですが、高山優希選手はハーフで整った顔立ちのイケメンだったりします。
プロ入りして実力が開花すれば、戦力としてだけではなく、人気も合わせ持つスーパースターになる可能性さえ秘めています。

まとめ

以上が高山優希選手についての情報になります。
所属している大阪桐蔭高校は、春のセンバツでも優勝候補の一角に挙げられています。

そんなチームのエースですから、話題になるのは間違いありませんし、目にする機会も増えると思います。
そこで注目して欲しいのは、やはり直球です。

投手としての欠点があってもあっさり帳消しにするくらいに、魅力的なストレートを投げます。
ドラフト候補としては完全に素材型の選手ですが、器の大きさは計り知れません!

それだけに、春のセンバツ大会では、今まで以上の功名をあげて欲しいと願わずにはいられません。

「大阪桐蔭の1番は責任があります」といい切る高山優希選手の理想像は、大阪桐蔭のOB、藤浪晋太郎投手(現阪神)。
春夏連覇を果たした先輩の背中を、しっかり追い掛けて欲しいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です