永廣知紀の打撃フォームと打率は?ドラフト評価と出身中学について

2016春のセンバツ大会でも活躍が必至、春の主役に待ったなしの超攻撃的二番打者!
優勝候補にも挙げられる高校球界の盟主、大阪桐蔭高校の永廣知紀(ながひろともき)選手は、攻守と巧打でチームを支える職人肌。

技巧派の印象ですが長打力もあり、足も速く、まさに三拍子がそろったマルチツールプレイヤーです。
中でも選球眼は素晴らしく、ほとんど三振しないのは、眼だけでなく技術の高さも証明しています。

小柄ながらも筋肉の詰まった体格で、迷わず振り切る打撃フォームも迫力抜群。
今秋には、ドラフト指名もありそうな永廣知紀選手について、いろいろ調べてみました。

<スポンサーリンク>

永廣知紀選手の球歴は?

藤浪晋太郎選手(阪神)、中田翔選手(北海道日本ハム)、中村剛也選手(埼玉西武)など、
日本代表クラスの選手を多く輩出する大阪桐蔭高校。

永廣知紀選手は、そんな伝説の強豪校で野球部に所属している、2年生です。

地元・大阪で、小学校時代はソフトボールをやっていた永廣知紀選手。
同じく地元、忠岡町立忠岡中学校に進学すると、大阪ジュニアヤンキースという硬式野球のチームに入ります。

ボールの違いをものともせず、経験を積み才能を花開かせて、名門・大阪桐蔭高校へと進むのです。
そして、多くの才能がひしめく強豪校で、1年生の秋にはベンチ入りを果たします

近畿大会では、打率4割を超える活躍で名を挙げて、ベスト8進出の原動力となりました。
その後、2年生の春にはセンバツ大会に出場、4試合で打率.333を残す活躍。

2年夏の大会では惜しくも地区予選で敗退となりましたが、秋の近畿大会では優勝、明治神宮野球大会でもベスト4に。
これだけの強豪校で、2番セカンドを不動のものにしている永廣知紀選手、その実力は確かです。

永廣知紀選手は打率・打撃フォームは?走力にも注目!

永廣知紀選手は、身長172cm、体重74kg、右投右打の内野手です。
数字だけでみると小柄な印象を受けますが、実際のスイングを見ると、その迫力に驚かされます。

全体的に筋肉で厚く覆われており、スイングはシャープでパワフル。
オーソドックスな打撃フォームながら無駄な力が入っていない感じで、フォロースルーには美しささえ感じます。

2年生春のセンバツ大会を見ていると、細身で非力な体格でしたので、恐らくかなりの筋トレをしたのでしょう。
そう考えれば、才能にあぐらをかくのではなく、地味な努力を積み重ねて上手くなる、精神力の強さもうかがえます。

打撃技術はといえば、2年生秋の公式戦で.491の高打率、ホームランも1本、記録しています。
さらに素晴らしいのは、公式戦14試合55打席で三振の数が0という、驚異的な三振の少なさです。

大阪桐蔭だけに対戦相手も強豪校ばかりなので、打撃技術の高さと選球眼の良さは、疑うべきものがありません。
足の方も50m6秒0の俊足で、隙のない、超攻撃的二番だといえるでしょう。

<スポンサーリンク>

永廣知紀選手は守備もすごい!

永廣知紀選手が光っているのは、何もバッティング面だけではありません。
守備の方も、2016春のセンバツ大会の出場二塁手ではNo.1といっていいほどに、高い技術を持っています。

俊足を活かした守備範囲は広く、難しい打球も安心して任せられます。
特に目立つのはグラブさばきの柔らかさで、球際の強さは天性のセンスだと思いますが、巧みにグラブを使いこなしています。

セカンドだけに、肩には少々物足りなさも感じますが、高校生内野手としては抜群の守備だと思います。
高いセンスと打撃技術、センスある守備を見ていると、高卒内野手としてドラフト下位指名まではありそうです。

ですが、猛練習を積んでパワーアップしてるしょうから、センバツ大会の内容次第では、さらに上位指名があるかも知れませんね。

まとめ

以上が、永廣知紀選手についての調査結果になります。

多数のプロ野球選手を輩出し、今も優勝候補に名を連ねる強豪校で、打順も守備位置も譲らない永廣知紀選手のポテンシャル。
細身の体が二回りほどパワーアップしてるのを見ても、将来性は非常に高いと感じました。

打撃フォームも魅力的、常に高打率を残す技術、何より三振の少ない点は、大化けする要素の一つだと思います。
それだけに、センバツ大会では、大活躍を観たい!だけじゃなく、長く観たい選手だとも思います。

ドラフト候補であるのは間違いないですが、即戦力タイプではないので、大学や社会人経由になるかも知れません。
それでも、地道な努力を怠らない姿勢は明らかなので、必ずやプロの世界で観られる選手だと確信しています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です