高品謙一(モンテン)の経歴!父親や年収と出身大学も!

高品謙一さんは株式会社モンテン(Mong Teng)の社長です。

農産物直売所「Una casita」(おなかすいた)の経営をされています。

株式会社タカヨシの創業者で 「Una casita」の前身である「わくわく広場」の経営者である

高品政明社長を父に持つ、高品謙一さん、経歴や年収なども興味を持つ方もいるのではないかと思います。

関東地方に8店舗、中部地方に2店舗を展開している{おなかすいた}ですが、

食卓の合言葉として、(おなかすいた)と言う言葉を大切にしている企業のようです。

<スポンサーリンク>

高品謙一さんの経歴は?

簡単なプロフィールのようなものをご紹介したいと思います。

名前は高品謙一(たかしな けんいち)

職業は株式会社モンテンの社長をされています。

大学は専修大学経営学部 卒業とのことです。

年齢は43歳 出身地は千葉県でどうやら大学を卒業されてから直ぐに父である

高品政明社長の株式会社タカヨシに入社されたようです。

2008年頃には専務取締役を務められていたようですね(おなかすいた)の前身である。

「わくわく広場」は店舗のオープン時、野菜や果物がなかなか集まらず、苦労をしたそうです

「わくわく広場」は農家の方が直に値段を付けて農産物販売所に持ってくるスタイルを取っています。

2010年では、約60店舗 売上は120億円となり、店舗経営としては大成功を収めた事例と言えると思います。

父親である高品政明さんは?

父親である高品政明さんの経歴はネット上ではあまり情報がないようです。

優良企業と言っても一般の方であることですから、公表をしているわけではないと思います。

元々はファミリーセンタータカヨシと言うコンビニエンス型ホームセンターを展開されていたのですが

1990年代に大手のホームセンターの進出に苦戦したそうです。

その時に「わくわく広場」と言う大型農産物直売所を考えたと思われます。

わくわく広場の特徴は「仕入れがないこと」農家の人々が思い思いに価格を決めて

野菜や果物など農産物をわくわく広場に持ってくるため仕入れの必要がないのです。

高品政明さんはその他に、リサイクルショップや館山書店、「トレゾル」と言う婦人用衣料・化粧品・ブランド品を取り扱い展開しています。

衣料では「キッズラボ」と言う子供服や婦人服も展開されているようです。

カラオケボックス 「歌若丸」も店舗として経営されているようですね。

<スポンサーリンク>

年収は?農産物直売所の今後の展開は?

高品謙一さんの年収ですがネット上では情報はありませんでした。

ですが会社の資本金が1300万円、従業員150名の会社規模ですから、年収の方もかなりのものだと思われます

「Una casita」とはスペイン語「ウナ・カシータ」と言います。「小さな家」という意味だそうです。

おなかすいたという言葉は食卓の合言葉として旬を感じる野菜や果物など、

農産物の「はしり」・「盛り」・「名残り」の中で「盛り」の時期を中心に扱っているそうです。

もちろん「盛り」の時期の農産物は栄養価も高いのです。

野菜や果物もスーパーより2~3割ほど安く、旬であり新鮮さが多くの客層を取り込んでいるようですね。

テレビでの紹介も多く高品謙一社長は「カンブリア宮殿」というテレビ東京系の番組に出演されて、経営のノウハウに関して語っています。

わくわく農園も現在でも続いている店舗であり、テレビでも数々、紹介されています。

モンテンという会社を地方で稼ぐ会社という切り口で紹介したテレビ番組もあります。

他にも日本全国のこだわりの品、「和のグロサリー品」に力を入れているそうです。

グロサリー品とは日配食品のことを指し、「和」ということですから納豆や豆腐、などがこの分類に入ります。

農産物やその加工品を大型農産物直売所として販売を展開し、農家の人々ともに歩んでいく企業のスタイルは他の分野からも注目を集めていき、

高梨謙一社長は、モンテンを世界に通用する企業へと成長させていくかも知れません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です