上原美幸が可愛い!彼氏や中学・高校と龍角散の一件について!

上原美幸といえば、リオデジャネイロ五輪陸上女子5000mの日本代表選手でもあり、

今季世界陸上でも活躍が期待されている、第一生命女子陸上競技部の中距離・長距離ランナーです。

リオデジャネイロ五輪では日本女子陸上のトラック競技としては20年ぶりの決勝進出!

ネット上でもそのルックスが可愛い!!と評判の彼女ですが、

「私はこれ(陸上)でいきていく。」との硬い気持ちから、

大学進学はせず実業団への道を選ぶという見た目とは違う

芯の強さと強固な気持ちを持った選手のようです。

ツイッターなどSNSも使いこなす21歳の今時の女の子らしい一面も覗かせています。

<スポンサーリンク>

短距離&長距離をこなす中学、高校時代

上原選手は鹿児島県出身で高校までは地元で過ごしています。

身長154cm・体重39Kgと柄な彼女ですが、

小学生の頃は全国大会常連のクラブでバトミントンに明け暮れる毎日だったようです。

今でも公式プロフィールの中で「好きなスポーツはバトミントンと陸上」と答えています。

そんな少女は中学に入ると陸上にのめり込み、

鹿児島市立皇徳中学校での部活以外でもクラブチームに所属し両方の練習をこなしていました。

この頃は長距離だけでなく短距離にも取り組み、この頃に基礎となる強い下半身を作り上げたそうです。

高校は地元の鹿児島市立鹿児島女子高校に入学。

そこから更に急成長を遂げます。

2012年の世界ジュニア女子3000mでは8位。

2013年の織田記念女子5000mで日本人トップの2位に入るなど素晴らしい結果を残しています。

自ら選んだ進路は?

これだけの成績を残している彼女の元には、多くの実業団から声がかかりましたが、

『ひと言ひと言が重い。一番尊敬できる』という山下佐知子監督の指導を受ける為、

大学進学はせず、他の実業団からの誘いを全て断り第一生命に入る決意をしました。

実業団の選手として第一生命に入ってからは山下監督の指導で練習を控え、

その分補強トレーニングを重ねてきました。

それが2015年7月に5000mで15分21秒40の

自己記録達成という結果をもたらすことになりました。

同年、12月の第35回日本実業団対抗女子駅伝大会の第三区(10.9㌔)で11人をごぼう抜きにし、

6位入賞に大きく貢献しました。

そして、ロンドン世界陸上2017,女子10000m日本代表

リオデジャネイロ五輪女子陸上5000m代表へと繋がっていきます。

<スポンサーリンク>

龍角散・・・・・ツイッターでお詫び事件

2017年1月からのドーピングの対象として、

コンビニなどで誰でも手軽に購入できるのど飴の一部製品に含まれている

「ヒゲナミン」などが新たに禁止されました。

新規指定の物質を含む一部の「のど飴」の服用にも注意が必要となりました。

ところが、『のど飴』の言葉が独り歩きをし

「ヒゲナミン」などの禁止されているものを含まない

「のど飴」までドーピング対象になる、との誤解ネット上の一部で広がり

混乱ぎみとなってしまったようです。

その要因の一つに上原美幸選手がツイッターで「龍角散も禁止になったのは衝撃的」と綴った事で、

龍角散への問い合わせが相次ぎ同社HPがダウンする騒動に発展してしまいました。

その後、誤認である事を龍角散サイドへ直接謝罪に伺い

SNS上でもお詫びの上、上記の記事は削除するという事がありました。

ちなみに彼氏はいる?

そんな彼女のプライベートは、趣味はショッピングとリラックマグッズ集めというまだまだ可愛い21歳。

今はまだ恋愛よりも練習優先。

というだけあって彼氏はいないようですが、

ネット上などでも「可愛い」と評判の選手だけに、公私ともに益々目が離せません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です