ラニーノーズの洲崎貴郁の彼女は?父親や実家と高校&大学も!

吉本の次世代ハンサム芸人の一人、ラニーノーズの洲崎貴郁

彼女はいるのでしょうか?

その父親や育った実家、そして出身高校や大学についても調べてみました。

<スポンサーリンク>

ラニーノーズ洲崎貴郁の彼女は?出身高校や大学も!

1988年生まれの29歳。

大阪府枚方市の出身です。

関西外国語短期大学在学中に相方

山田健人と出逢い、ほか二人と音楽バンド「ラニーノイズ」を結成します。

(出身高校は分かりませんでした)

プロのミュージシャンを目指して四人でカナダに渡りますが、

うち二人がホームシックにかかりわずか2週間で帰国してしまいます。

山田と二人、カナダで約1年活動を続けたのち帰国してお笑い志望であった山田の誘いで

平成24年「ラニーノーズ」を結成しました。

(洲崎貴郁は、ツッコミ担当です)よしもとクリエイティブ・エージェンシーNSC35期生です。
(ちなみに「ラニーノーズ」とは、鼻水のことだそうです)

二人ともイケメンで女子高生を中心に人気が高まってきていますが、

特に洲崎貴郁は中学3年生のときにジャニーズのオーディションに合格しているくらいのレベル。

吉本の漫才劇場男前ランキングでも5位になっており、吉本の「ハンサム四銃士」の一人、

チュートリアルの徳井正実をして「かっこいい!と言わしめています。

そんな洲崎貴郁ですから彼女の一人や二人、きっといるだろうと思って調べましたが、その情報は見当たりませんでした。

きっと、まださほどメジャーではないのでもっと売れっ子になれば週刊誌が報じることでしょう。

ラニーノーズ洲崎貴郁の父親や実家は?

洲崎貴郁は、自ら父親は科学者と明かしています。

どんな立場で、専門分野が何かは定かではありませんが、

科学者の息子が芸人ですからさぞかしご両親も戸惑われたのではないかと思います。

しかし、大のドラゴンボール好きの洲崎、実は実家に帰るとドラゴンボールのフィギュアが至る所に飾られていて

家族もドラゴンボール好きといいますから案外ゆる~くて理解のある環境なのかもしれません。

<スポンサーリンク>

ラニーノーズ、歌ネタ、リズムネタでブレイク?

ラニーノーズが注目され始めたのは去年の「歌ネタ王決定戦2016」(MBS主催)で準優勝したくらいからです。

ふたりともバンドマンで現在も活動中ですから歌もギターもとても上手く、

特に洲崎貴郁の歌唱力やギターテクニックはかなり高いポテンシャルがあります。

英語も相当しゃべれるようで、ネタの中には、ラップあり、替え歌あり、

ギターでリズムをとりながらの漫才ありと、その芸の多才ぶりを発揮しています。

まだまだお笑い界ではメジャーに成り切れてない感がありますが、

やはりポイントは歌ネタ、リズムネタではないでしょうか。

ラニーノーズのために企画されたと言っても過言ではないくらいの

「歌ネタ王決定戦」、第5回目を迎える今年こそリベンジして優勝すると意気込んでいます。

年齢もアラサーですし、そろそろこの当たりで世間に広く認知されるような持ちネタやギャグが欲しいところです。

顔も声も良く、でも面白いというギャップが受けて彼らなりの方法でもっと活躍する日を期待して見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です