右代啓祐のハゲと筋肉が気になる?結婚相手や弟と武井壮との関係も!

リオオリンピック開会式の旗手を務めて一躍有名になった十種競技の右代啓祐選手。

ハゲという疑惑があります。そして凄い筋肉をしていますが、

結婚相手や弟のことさらにタレント武井壮さんとの関係とともに調べてみました。

<スポンサーリンク>

右代啓祐の筋肉がすごい!武井壮との関係も

右代啓祐といえばロンドンオリンピック十種競技で日本人として48年ぶりに五輪出場という快挙を成し遂げて脚光を浴びました。

そしてほぼ時を同じくしてタレントとして一躍人気が出だした武井壮さん(十種競技の1997年日本選手権優勝者)は、

右代が日本記録を出した時のコーチでした。

右代啓祐は武井さんをとても尊敬していて今でも親交が続いているようです。

身長は196㎝、体重95㎏というプロレスラー並みの立派な体格。

しかし、十種競技は砲丸投げややり投げなどの投てきだけでなく、100ⅿや走り幅跳び、

棒高跳びやハードルもあるので身のこなしも相当俊敏でなくてはなりません。

2011年に8073点という日本記録を出すと、2014年には8308点とその記録をさらに大きく伸ばしています。

そして成績を裏付けるのが凄い筋肉。見た目のスタイルも良く、全身柔らかくて質のよさそうな筋肉に包まれています。

動画で観たのですが、ベンチプレスは驚異の180㎏を挙げますし、

スナッチ(重量挙げのスタイルで、両手でバーベルを頭の上まで挙げる、アレです)も

100㎏を挙げてしまいます。練習の合間にはしっかりプロテインの補給もしているそうです。

右代啓祐はハゲてるのか?(笑)、結婚相手や弟は!

そんな身体能力抜群の右代ですが、ネットではハゲているのか?(笑)とささやかれています。

そこであらゆる映像を確認してみましたが、そのような事実は全くなくて、薄毛でもありません。

常にスマイルを絶やさないナイスガイには、大学陸上部の同期だった、ちほさんという奥さんがいて、

ロンドンオリンピックの翌2013年に結婚しています。

そらちゃんという3歳になる娘さんもいます。

ちなみに右代啓祐の鍛え抜かれた体は栄養士の指導をうけて、奥様が作る食事によるところも大きいようです。

試合前は食べる量を減らしたり、主食を肉から魚に変えたり。

そして、啓欣(ひろよし)さんという弟もいて同じく十種競技の選手です。

2015年には関東学生対校選手権で優勝しているほどの実力者。

妹もやり投げの選手だそうですから完全なるアスリート家族ですね。

右代啓祐、世界陸上の結果は?

来たる8月4日からいよいよ世界陸上2017ロンドン大会が開催されます。

右代啓祐は同じスズキ浜松アスリートクラブの中村明彦選手と共に出場予定です。

6月の代表選考会を兼ねた日本選手権で中村は7873点、右代は66点差の7807点で2位でした。

右代啓祐は、砲丸投げ、円盤投げ、やり投げの投てき種目で中村を大きく上回っています。

そして意外ですがこの大きな体で走高跳も2ⅿ超えの記録を持っています。

世界記録はアメリカのアシュトン・ジェームス・イートンが持つ9045点で、

これを考えるとさすがにメダルは厳しいかもしれませんが、両選手ともに力を出し合って入賞は狙って欲しいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です