小堀勇気の実家は小堀酒造?彼女や両親について!

遂に始まりました世界水泳!

日本人選手の活躍がたのしみですが今回は競泳の小堀勇気選手について調べてみました。

1993年生まれ、身長185㎝、体重77㎏、出身地は石川県能美市で専門は自由形。

能美市立辰口中学校時代に地元の能美スイミングクラブに所属し沢山の記録を打ち立てました。

中学時代は北陸の怪童とよばれていたそうです。

自由形とバタフライを得意とし2008年、2009年ジュニア国際大会で経験を積み、2010年800m

リレーの補充要員として初のシニア代表。アジア大会では800mリレーの第一走者として高校新記録を出しました。

ロンドンオリンピックに続きリオデジャネイロオリンピックでは800mリレーの日本代表に選ばれています。

<スポンサーリンク>

実家は小堀酒造?

小堀勇気選手と同じ名前の小堀酒造が石川県にあります。

関係があるのかもしれないと思い調べてみましたがこれといった情報はありませんでした。

もしかしたら親戚なのかもしれないですね。

せっかくなので小堀酒造について紹介したいと思います。

本店と2つの蔵があり築240年の『萬歳楽』(まんざいらく)本店があります。

霊峰白山の恵みである手取川水系伏流水を使った日本酒と加賀梅酒を製造販売していています。

小堀酒造店のオーナーである小堀家の先祖が商売を始めたのが

江戸時代で江戸後期に酒造中心の商いになって以来酒造りを続けています。

建物は古い商家の家をそのまま利用して落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

著者の田舎もですが同じ名前の親戚がたくさんいるので小堀酒造と小堀選手の関係も同じかもしれませんね。

彼女や両親について

彼女について調べたのですが、2014以来Twitterは止めてしまっており近況はよくわかりません。

オリンピックを目指して日夜練習に励んでいますから、彼女を作る時間はあまりないのかもしれませんね。

小堀選手の家族はお父さんの孝之さん、お母さんの厚美さん、お姉さんの有香さんの4人家族みたいです。

リオデジャネイロオリンピックでは競泳男子800mリレーのパブリックビューイングに家族全員で応援に参加しており

銅メダルの獲得が決まるとバンザイを繰り返してお父さんは「本当によく頑張った」と感無量、

お姉さんは「自慢の弟です」と涙ぐんでいました。

家族で応援してくれたからこそ小堀選手もきっと一生懸命競技に打ち込めたのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>

まとめ

石川県能美市出身、1993年生まれ、

能美市立辰口中学校時代に地元の能美スイミングクラブに所属し中学時代は北陸の怪童とよばれていた小堀勇気選手。

周囲への感謝を忘れずに上を目指したいと金沢高校に進学。

自由形とバタフライが得意で2008年、2009年ジュニア国際大会に参加。2010年、800mリレーの補充要員として初のシニア代表。

アジア大会では800mリレーの第一走者として高校新記録を出しています。

ロンドンオリンピック、リオデジャネイロオリンピックでは800mリレーの日本代表に選ばれておりこれからの活躍が期待されます。

水泳ではクロールは手足がながくパワーのある欧米人が圧倒的に有利で

近代水泳では日本人のメダル獲得は難しいと言われていますが

身長185㎝の彼なら海外の選手に負けない力強い泳ぎで日本のファンの期待に応えてくれるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です