美濃晃成の球種・球速について!打率と打撃フォームは?

昨年の明治神宮野球大会では全国優勝を果たした、香川県立高松商業高校の頼れる主軸打者!
2016春のセンバツ大会でも活躍が期待される美濃晃成(みの・こうせい)選手は、何と二塁手と投手の二刀流選手です。

打者としては、神宮大会で6割を超える高打率を記録した広角打法のアベレージヒッター。
投手としても、神宮大会ではピンチに登板して、敵の反撃を断つ好リリーフを見せました。

小柄ながら、走攻守の三拍子がそろった野球センスの高い選手で、足も速く、身体能力に秀でています。
全国大会で、投打ともにMVP級の働きをした実力は、センバツ大会でも大爆発の可能性がありそうですね。

そんな香川県の星、美濃晃成選手について、いろいろ調べてみました。

<スポンサーリンク>

投手としての美濃晃成選手はの球種・球速は?

美濃晃成選手は現在、香川県立高松商業高校に在籍中の高校2年生。
中学で軟式野球部に入部した後、四国アイランドリーグ・香川オリーブガイナーズ主催のアカデミーに入っていました。

打席は左ですが投球は右投げ、基本的には二塁手ですが、ゲーム展開次第では投手も兼任します。
登板経験は多くありませんが、アベレージ140km前後の直球をビシビシ投げ込む本格派で、球威もありそうです。

ストレートのMAXは143km、120km前後のフォークボールと、100km程度の遅いカーブが持ち球のようです。
さすがに本職の投手と比べると、変化球はキレも曲がりも劣っていますが、美濃晃成投手には他にも武器があります。

それはマウンド度胸の良さで、公式戦初登板が神宮大会の準決勝、対戦相手は、強豪校の大阪桐蔭。
しかも1点差に詰め寄られた8回2死一、二塁でのリリーフでしたが、無失点で切り抜けたという強心臓です。

美濃晃成選手の打率は?走力にも注目!

続いて、打者としての美濃晃成選手について、見てみましょう。
まず目に留まるのは、スイングの鋭さと、柔らかさです。

加えて広角に打ち分ける技術も持っており、バットコントロールは優秀です。
実際、2015年秋の神宮大会では、何と.615の高打率を記録しています。

バッティングセンスの高さの証明といっても、問題ないでしょう。
チームでは主に5番を任されていますが、実は美濃晃成選手、走力の方も非凡です

50m6秒0といわれる俊足を活かして、2年生秋の公式戦で、12試合で11個も盗塁を成功させています。
守備面でも、俊敏な動きで守備範囲は広く、まさに走攻守がそろっている印象。

プロの道に向かうのなら、1番2番打者向きの選手だと思います。

<スポンサーリンク>

美濃晃成選手の打撃フォームと投球フォームは?

両刀使いの美濃晃成選手、それぞれのフォームについても調べてみました。
投手としての美濃晃成選手は、170cm64kgの小柄な身体ながら、ダイナミックな投球フォームです。

ノーワインドアップから投げ込んで、投げ終わりには、右足を大きく跳ね上げます。
身体が前に流れている印象は受けますが、そのぶん、勢いや力感を強く感じる投球スタイルで、気持ちがこもっています。

打撃フォームの方は、左打席で、右足を外に向けるオープンスタンスです。
小さく身体を前後に揺らしながらも、全体はぶれずにどっしりと構えて投球を待ちます。

球が来たら、小さく足を上げて軸足に体重を乗せ、そこから一気に鋭く振り抜きます。
どちらのフォームも、身体の小ささを感じさせない迫力があるので、対戦相手にしてみれば、想像以上に威圧感があるのではないでしょうか。

まとめ

以上が、美濃晃成選手についての調査結果になります。

高校野球では、身体能力に秀でた選手が、投手と野手を兼任するケースは多いですが、小柄な選手の二刀流は、あまり記憶にありません。
それでいながら、美濃晃成選手は、打者としても、投手としても、素晴らしい結果を残しています。

特に、明治神宮野球大会で、今春のセンバツでも優勝候補の敦賀気比を抑え優勝したのは、美濃晃成選手の活躍あってこそ、だと思います。
プロのスカウトからの視線も熱く、あるスカウトは、今宮選手(ソフトバンク)や東出選手(広島)の名を挙げて例えたほどです。

チームではクリンナップを打っていますが、やはり適正は、野球センスの高い1番2番タイプなんだと思います。
甲子園ではどうしても、ホームランを期待できる強打者や、チームのエースが注目されます。

ですが、美濃晃成選手のようなハイセンスの選手を愛でるのも、一つの楽しみ方だと思いました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です