岡林飛翔(菰野高校)の球速151キロ!球種や弟と出身中学も!

甲子園の注目!?驚きの球速を持つ

三重県立菰野高等学校の岡林飛翔選手!!

野球を知らなくても、早い球が投げられる選手がいると、どのくらい速いのだろうと興味を持ってしまいますよね。

それはプロの世界でも同じことで、それが高校生の選手が投げるとしたら、すごく興味をもちませんか??

そこで今回色々と注目を集める岡林飛翔選手のことを紹介したいと思います。

<スポンサーリンク>

驚きの球速を投げた岡林飛翔選手!!

岡林選手の最高記録は、MAX151キロ!!

一言で言ってしまえば速いです。

この記録が出たのは、去年の秋での三重大会、2回戦。

相手チームは宇治山田商業高等学校、この時、宇治山田商業には岡林選手のライバルでもある宮原大樹選手が投げいて、

お互いに好投を続けていました。そんななか出た記録が151キロ、

伊勢市倉田山公園球場のバックスクリーンにその数字が出たときは、観客からどよめきが起こりました。

岡林選手は、身長が182cm、体重が85㎏と、とても恵まれた体格をしています。

その恵まれた体格もあり、速い球が投げられるのかもしれません。

そして今回、151キロの記録出し色々と注目も集めることになりました。

岡林飛翔の球種は?実は控え投手!

岡林飛翔選手は外野手としてレギュラー入りをしました。

あんなに速い球が投げられるのだから、投手としてプレーをしているものだと思ってしまいますが、

岡林選手は1年生の秋からベンチ入りし2年生の秋に5番レフトのポジションでレギュラーを勝ち取りました。

外野手で定着しつつも投手としての才能も開花させていったのでしょうね。

球種としては。ストレートだけでなく、カーブやスライダー、フォークと言った変化球ももっているので、

この先どのような選手になるのか楽しみです。

そしてバッティングの成績もなかなかで今年の夏は活躍してくれそうな予感です。

<スポンサーリンク>

岡林飛翔の出身中学と弟は?

岡林選手には今年高校生になった弟さんがいます。

お名前は、岡林 勇希

そして兄である岡林選手と同じ高校の野球部に所属しています。

まだ1年生ながら、140キロの球を投げる投手です。

兄である岡林選手と似ているところがあるのかもしれませんね。

この先の成長に期待を膨らましてしまいます。

ところで、岡林選手は松阪私立久保中学校の出身でそのとき三重ゼッツヤングと言われる、少年野球チームに所属していて、

その時ヤングリーグで全国大会の経験があり、大きな舞台の環境に負けない、戦える気持ちがあるのかもしれません。

そんな岡林選手と弟さんが一緒にプレイする姿を見てみたいとも思いつつ、弟さんのこの先が楽しみでもありました。

まとめ

今回は、岡林飛翔選手が色々と見所がある選手だと感じました。

速い球を投げることもそうですが、絶対に打たれない球ではないので、そこに変化球やコースの正確さが求められてくると感じます。

スカウトの方たちが早くから注目を集める選手でありますが、

実は、顔立ちが今もメジャーで活躍する上原浩治選手に似ているとも言われています。

そんな岡林飛翔選手をこの夏は応援したいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です