六角彩子がかわいいと話題!出身中学や高校と大学も!

六角彩子さんを知らない人は少ないのではないでしょうか。

侍ジャパンの若きエースですよね。

2010年IBAF女子ワールドカップで大会MVPと首位打者に選ばれた実力者ですが、

技術だけでなく、その可愛さも注目されています。

<スポンサーリンク>


六角彩子の出身中学、高校、大学時代は・・

六角彩子さんは1991年生まれの25歳、茨城県出身で、

小さな頃からお兄さんたちに混じって野球三昧の日々で鍛えられていました。

小学4年の頃には地元のリトルリーグに所属し直ぐにレギュラーになるほどの実力。

勿論、助川中学校に上がっても彼女の才能は周りより一歩秀でていました。

彼女の出身校である助川中学校には軟式野球しかありませんでしたが、

1年の秋には背番号1を背負えていたというのですから驚きですよね。

上のお兄さんたちに混ざって覚えた野球が自然と彼女を鍛えていたのでしょう。

彼女の進学した埼玉栄高校は、部活動にかなりの力を入れた進学校で、

校則もとても厳しく風紀の取り締まりもしっかりしています。

俗にいう高校生デビュー等考えている方には少し厳しすぎるかもしれませんが、

野球が大好きで野球に没頭していた六角さんには合っていた事でしょうね~。

また六角さんはMVPを取った年に在籍する帝京平成大学から学長賞を授与されています。

当時はまだ1年生だったそうで、部活動強化の取り組みをしている大学ならではの粋な計らい。

年上の男の子混じり、男の子顔負けの練習量と野球愛があればこそ、今六角彩子さんがいるんですね。

六角彩子の性格とは・・・

とにかく野球が大好きな六角さんですが、

実はプレッシャーに弱く時には潰されそうになるそうです。

又責任感が強い女性ですから、一度任されたら途中で投げ出すことはなく、

その責任感を盾に見事プレッシャーに打ち勝つ強さも持っている素敵な女性です。

そして、小さい頃からコツコツと基礎基本を繰り返し鍛練する真面目な方だからこそ、

きっと周囲からの信頼も厚く統率力も高いのではと期待します。

しかし、シャイな一面もあり野球ずけの日々だった為かご自身の事にはあまり興味が無いようで、

チャームポイントを聞かれても「笑顔と言っておきます」と言うほど、

控えな女性らしさも兼ね備えています。

そして、小さな頃から年上のの兄たちに混じり練習していた事を考えると、

負けず嫌いなのかもしれませんね。

もしかしたら女子野球界を背負う六角さんに会える日があるかもしれません。

<スポンサーリンク>

六角彩子の笑顔がかわいい!

「六角彩子」と検索すると素敵な笑顔の写真がトップを飾りますね。

御本人も自身のチャームポイントを笑顔といっています。

確かに六角さんの笑顔を見ると「楽しい!」と聞こえてきそうなほど素敵なお顔をしてますよね~

又25歳には見えず、何処か幼さもある素敵な笑顔に癒される人も多いことでしょう。

特に試合に勝ったときの笑顔はとびきりです。

周囲がほっておかないのも納得しますね。

緊張からなのか何処か控え目な様で好きな事を楽しんでいる事が伝わる笑顔で、

少し焼けた肌が魅力的です。まさに癒しの笑顔といえるでしょう。

周囲から「可愛い」と言われるのは、勿論そのままの意味の可愛さもありますが、

六角さんの笑顔は人懐っこさがあり、思わず目がいきますね。

まとめ

今でも充分活躍しておられますが、

これからの更なる活躍を期待してしまう六角彩子さんの魅力はまだまだ語り尽くせてはいません。

野球に一生懸命だからこそ、沢山の人を野球で感動させることができ、多くの人に愛されているのでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です