石田祐貴 (筑波大)の彼女の画像や母親について!出身高校や病気と障がいについても!

筑波大学大学院のトリーチャーコリンズ症候群という病気を持った

石田祐貴さんがクローズアップされてますね!!

確か、少し前にもYahooでピックアップされてましたが、

とても勇気があり、素晴らしい行動だと思います。

彼の行動に勇気をもらった人もかなり多いハズ。

私もそうですが、自分の見た目を気にする人は、メチャメチャ多いですからね。

[私ってブスだから・・・・]

「肌が汚くて自信がない・・・・下を向いてしまう。」

「歯並びが・・・・」

多分、どんな悩みも、石田祐貴さんに言わせれば

「・・・・え?全然いいじゃん!」

ってなるのは確定。

彼がこのように表に出て活動するって、多くの人に勇気と希望を与えられる行動なので、

どんどんやって欲しい。

批判的な人達も相当いるだろうけど。それ以上に応援する人も多いですし。

何より、彼らはそこにいるだけでものすごい価値がある。

こんな価値を提供できる人ってそうそういない。

彼らの存在そのものが、健常者と言われる人達に勇気を与えらるわけですから。

ただそこにいるだけで、あなたは多くの人に勇気を与えられます?

できないですよね?

そういうことです、

願わくば、障がいを持った多くの人、その家族も隠すことなく、外に出て来て欲しい。

さて、

というわけで、これからの活躍が期待されいてる

石田祐貴 さんいついて、サクッとチェックしておきたいと思います!

<スポンサーリンク>

石田祐貴 (筑波大)の彼女の画像&出身高校や家族は?

石田祐貴 さんですが、

現在は筑波大学大学院に在籍しているそうですね!

高校は聴覚特別支援学校。

どこの特別支援学校かは分かりませんが、多分筑波大学附属聴覚特別支援学校かなと。

大学院は分かってますが、大学はどこかまで公にされてませんから、何とも言えませんが・・・。

多分、全部筑波大学系列かな?

Facebook や Twitterは公に分かるようなアカウントもないので、

今のところは詳しい情報もなし。

ちなみに他のサイトに同じ小学校、中学校出身しゃらしき人物のコメントであったのですが、

小学校、中学校時代は友達も多かったそうな。

高校時代には彼女ができたそうですから、高校時代も友達は多かったんでしょうね。

母親や彼女についても!

気になるなるその彼女ですが、

何せ SNSアカウントが不明なので分からず。

内面に惚れたとの彼女なので気になりますが、情報なし!

にしても、高校生の頃に内面を見れる女性ってかなり貴重ですよね。

今は付き合ってるんですかね?

その辺りはっきりニュースサイトにも書かれてなかったですが。

家族についても詳細は分かりませんでしたが、

母親が石田祐貴 さんに下記のように語ったことに対しては

ちょっと涙出てきましたね。

「小学校の頃、ひどい言葉を言われてショックを受け、母親に『こんな症状で産んだのが悪いんじゃないか!』と言ってしまいました。その時、母親が返してきた言葉は『あなたがこの状態で生まれてくれてよかったと思っている』でした。母のように、僕を受け入れてくれる人たちの存在が、支えになっています」

※朝日新聞デジタルより

多分、母親も家族も当初はかなり悩んだと思います。

筑波大学の大学院にまで進学した息子さんですから、恐らくは両親も

優秀な方だと思いますが、それでもこの言葉ってなかなか出てこないですよね。

もし、その言葉がけや、周囲の理解がなかったら今の彼はふさぎ込んでいたかもしれません。

やはり周囲の環境って大事ですよね。

それによって、全く違う方向に人生が変わってしまいますから。

<スポンサーリンク>

トリーチャーコリンズ症候群という病気・そして聴覚障がい

トリーチャーコリンズ症候群はここに書くまでもないですが、

顔の頬骨などの形成不十分な病気で、

それに伴い聴覚障害や呼吸困難などの障がいを併発する事が多い疾患ですね。

外見に加えて、障がいも併発。

重症の方となると

顔の半分の骨がないという方もいるそうです。

重症なケースで言うと彼女がその一人。

ジュリアナ・ウェットモアさんです。

生まれた時、ジュリアナちゃんの顔の骨は40%が欠落、その結果目はふさがり頬骨、鼻腔、上下の顎を持っていなかった

また、気管も塞がっていたので、医者がすぐ気管切開をしなければ危険な状態だったという。

知的好奇心の扉 トカナ より転載

彼女に比べれば、石田祐貴さんが大したことないように思えてきますね・・・・

それでも、生きている彼女・・・・。

頭が下がります。

日本でいうと

山川記代香さん(22歳:2017現在)が有名ですよね。

障がいが人々に勇気と希望を与える!

さて、石田祐貴 さんととリーチャーコリンズ症候群について 簡単にチェックしました。

石田祐貴 さんや山川記代香(やまかわきよか)さんもそうですが、

こういう方達の発信は、障がいを持った方に対する偏見のない社会を作るための原動力になるでしょうね。

障がい者が普通に生きられる環境。社会。

それが当たり前になれば、もっと良い社会になると思います。

なので、発信デキる人はどんどん発信して欲しい。

芸能人で有名なところでいうと、奥山佳恵さんのダウン症のお子さんはテレビにも登場しててい有名ですが、

あのような活動が偏見をなくし、勇気と希望を与えてくれますからね。

ちなみに

ダウン症の人って、すっごい純粋なんですよ?

中には森の妖精さんかと思うくらいの、ピュアな人もいて心癒されるんです。

でもそれだけではないです。

私は重度の知的障がいを持った方と接する機会が多かったのですが、

彼らの存在が私に希望を与えてくれました。

彼らにしたら、私は今からなんだってできる。

そう思えたんですよね。

障がいを持った人というのは、そこにいるだけで、価値を提供することができるんです。

だから、もっと表に出てきて欲しいです。

それが、健常者とされる人達にとっても、よい良い影響を与えますからね!

というわけで、今回はこのあたりで!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です