金戸凛(飛び込み)の中学校と高校は?母と国籍が韓国の噂も!

飛び込みの金戸凛がシニアの大会で1位になりましたね。

ココ数日一部ニュースで取り扱われてましたが、徐々にテレビ出演も増えてきましたね!!

少し前に「みらいのつくりかた」にも出演していたようです、

なんと、親子3代に渡って、飛び込みの競技をやっていて

祖父祖母が、ローマオリンピック、と東京オリンピックに出場。

父と母が、ソウル、バルセロナ、アトランタ五輪に出場しているという飛び込み一家。

すげ~。

しかも、兄と姉も飛び込み選手。

飛び込み一家だから、なるべくしてなっただろうけど、子供が同じ方向に全員進むとは・・・・

なんなんだ、この金戸家の一体感は?

私の一家なんて、バラバラで最終的に一家離散しちぃましたから!!(笑)

<スポンサーリンク>

金戸凛(飛び込み)の中学校と高校は?

金戸凛(かねと りん)

【生年月日】2003年7月18日
【出身】東京都
【中学】日出中学校

東京都出身とのことですが、学校までバスで1時間。

放課後毎日練習漬けだそうです。

食事を取るのはバスの中という忙しさで、遊ぶ時間がないそうです。

朝5:30起床。

16;30に学校を終えると、そのまま父親の金戸ダイビングクラブへ直行。

夕食をバスの中で取り、帰宅は22:00

残業多めのサラリーマン並!

にしても、何で1時間もかけて日出中学に通ってんですかね?

芸能人の卵達が多く通う中学・高校として有名ですが、

練習場所も遠いようですし、この学校に進学した理由が気になります。

まぁ プライバシーとかが守られるってのもあるのかもしれません。
(→と思ったら、母親が日出高校の体育教師でした!以下に書いてます。)

姉も、兄も同じ学校に通ってますからね!

テレビ番組でも、兄と一緒に通学していたので、

金戸凛の進学先の高校も、間違いなく日出高校にそのままエスカレーターという形でしょうね。

父母と国籍が韓国の噂も!

(祖父母の写真↑)

先も書きましたが、金戸凛の祖父母、父母はそして兄姉も

飛び込み選手。

何故か国籍が韓国との噂もあるのですが、これは今のところ全く根拠がない噂のようです。

多分、お顔立ちと、名前に「金」が付くことから、そういう検索をされた方が多かったんだと思います。

まぁ あくまで噂です。

実際のところはまだ分かっていません。祖父母の経歴どは詳しく分かりませんので・・・・

ちなみに金戸凛の家族ですが、

祖父母が出演している動画がありましたので、、載せておきます。

祖父が金戸俊介さん
1960年のローマオリンピック:飛板飛込み23位
高飛込み10位
1964年の東
バルセロナオリンピックでは日本選手団コーチ

祖母が久美子さん(旧姓:渡辺)
ローマ・東京五輪に出場。

父が恵太さん
【出身】東京都
【生年月日】1967年4月29日
【学歴】日大豊山高校
日本大学卒。
【当時の所属】ミキハウス
バルセロナオリンピック 男子高飛び込み 8位入賞
2004年アテネオリンピック日本選手団コーチ

現在は KANETO Diving Clubで指導者として活動。

母が幸さん(旧姓:元渕)

【生年月日】 1968年12月23日
【出身】 奈良県
【学歴】 天理大学
【過去のチーム】 天理ダイビングクラブ
【身長/体重】 158.5cm/49kg(過去データ)

ソウルオリンピック 高飛び込み15位 飛び板飛び込み16位
バルセロナオリンピック 高飛び込み26位、飛び板飛び込み11位
アトランタオリンピック 3m飛び板飛び込み 6位入賞

2017年現在はどうか分かりませんが、
日出高校の体育教師としての活動と、旦那さんの金戸ダイビングクラブでの選手の育成をしているようです。

ああ どおりで・・・・。

母親が日出高校の体育教師だから、金戸凛や兄姉も日出高校なんですね!

これで疑問解決!!

ちなみになんですが、母親の金戸幸さん(旧姓:元淵幸)のCMがありました!!

若いな~。

金戸凛も初めはバレエを習っていたようですが、母親の幸さんも小さい頃はバレエをやっていたそうです。

にしても、こんな動画があったとは・・・かなりマニアックですよね。

<スポンサーリンク>

最後に

にしても、3世代で同じ競技をやるって結構奇跡ですよね。

2世代くらいならたまに聞きますが、3世代は激レア!

子供3人がよくも同じ方向を向いたなぁ・・・と感心するばかりです。

でも、何より素晴らしいと思ったのは、金戸凛の練習に対する考え方ですね。

7日間フル稼働で、友達とは学校以外で一度も遊んだことがないようですが、

「嫌になることはないのか?」と思いますよね?

私も好きなんだろうからないのかな?と思ったのですが、本人に湧く

飛び込みが嫌になることは、よくあるそうです、。

「休みたいし、休んだほうがうれしいんだけど・・・・その後の練習が辛い。」

そう語ってましたね。

確かに・・・・、勉強しなきゃいけないけど遊ぶ→その時は気持ちいい

でも、どっかに「やってない自分」に対する嫌悪感があって、あとで結局後悔。

これ皆さんも、かなり経験あると思います。

私も同じく。

大学受検の時なんて、赤本を目の前にして、マンガ読み漁ってましたからね。

もう勉強しようとすると反作用にように、逃げが入るんですよ。

でも、やっぱどこっか後ろめたくて、マンガ読むでも楽しみきれない・・・ってのがありました。

結局、やったほうが気持いいんですよね。

確かにその時はダルいし、疲れるし、逃げたいし・・・・なんですが、

逃げるよりも、やっちまったほうが絶対に気持ちいい。

ってなわけで、皆さんも思い当たるところは絶対あると思うので、

金戸凛を見習いましょう!

13歳にできて、大人ができないわけない!!

でも、そう言いたいところですが、大人には問題が一つ。

子供の頃と違って、親とかの強制力がないから、自分を律しなければいけない。

だから、実は大人の方が難しかったり。

自己管理・・・これが難しい。

会社で働くとかは強制力がありますから、皆やるんですが、

帰ってきて、資格の勉強します!とか言う話になると一気に難易度が激増するんですよね・・・・。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です