グルメンピック(大東物産)の代表の中井冬樹の経歴や画像は?Facebookなども!

<スポンサーリンク>

来月開催予定だったグルメンピックが突如中止になった問題。

出店費用が20万円で被害額は5000万円だとか・・・・。

主催したのは大東物産という会社で代表は中井冬樹なる人物。

たしかに、私は飲食店経営をしていたら、そこまで疑わないかもしれません、

出店20万は高額ですが、集客のコストと考えれば出せない金額ではないですしね。

でも、問題は大東物産のホームページが怪しすぎるんですよね・・・・。

しかも、HPでは本書所在地中野区だったのに、今は別のオフィスになっているとか怪しすぎんだろ!!

このオフィス転々するのって、裁判を起こしにくくするための手口らしいいですがね・・・・。

グルメンピック(大東物産)のHPが雑すぎる件

さて問題のグルメンピック主催の大東物産ですが、

個人的にはHP見た時にパット見た感じでは、

「まぁ大丈夫かな」

と思ったのですが、ネット上では、「中華臭する」とかで、やっぱ怪しんでいる人が多いです。

そう言われてみれば、背景色が黒で怪しい上に、写真とかも雑!!

以下画像を参照。

国内外での雑貨日用品の製造販売、輸出入業事業

・・・・って、どこの商店街の店だ!!

こんな写真載せているような会社が、味の素スタジアムの主催をやるわけないだろ!!

ついでにもう一つ↓

食品の製造販売、輸出入事業

え?何この写真?

15年前の携帯で撮影したような、クオリティ・・・・・。

陳列もきちんとされてない。雑多に並べただけ・・・・。

おいおい・・・・

これはさすがにないよ?うん。

おばあちゃんでも、もっとちゃんと撮るよ?

資本金1億円持っている企業が、

今時こんなファッキンブルシット!な写真を載せる訳がないでしょ!

騙される人達もちょっとね・・・・・。

調べが足りなすぎるというか何というか・・・・。

<スポンサーリンク>

中井冬樹の経歴や画像は?Facebookなども!

となれば、気になるのはこの代表を名乗っている、

中井冬樹という人物ですよね。

しかし、これは調べた範囲では特定できませんでした。

2chなどでも、調べている人がいましたが、特定には至っていませんね。

ってか、そもそも偽名じゃね?って話です。

当然、Facebookなどで探すのも無駄な労力ですね。

グルメンピック自体はFacebookページもまだ健在で「返金に応じる」旨の投稿がありましたが、

問題は、これが本当に履行されるのか?ってところでよね。

でも、本当に逃げる気だったら、とっとと削除して消えると思うんですが

そのつもりはないようですね。

結局何がしたかったのかな?

まぁ、とりあえず会社自体は消滅するでしょうけど・・・・。

最後に

今回のグルメンピク2017の一件ですが、

もちろん悪いのは、大東物産であり、代表取締役(?)である中井冬樹ですが、

お金を出しちゃった店側もどうなんだろ・・・・・。

店側が今回の一件を他責にしないで、自分の見識不足として反省すべきですね。

「どれだけ大変な思いで稼いだお金か・・・・」なんて、少し笑いながらコメントしているオーナーがいましたが、

本当にそう思うんだったら、きちんと調べないと駄目ですよね。

顔出ししている店主達は、よく顔の公開OKにしたなと、思います。

私だったら、自分の愚かさを恥て顔なんて絶対だしませんがね・・・・。

にしても、大東物産なる会社は本当に開催する気あったんですかね?

大東物産は中国系とか怪しまれてますけど、

最近Amazonでも格安のパーツとかを販売する中華系の会社が多いんですよね。

私はロードバイクに乗っているので。自転車のパーツは色々漁っているのですが、

Amazonには、中国系の業者が面白い発想のパーツ(パクリも多いですが)が安く売っていたりて、購入したこともあります。

で、その商品は防水性だけに問題があって、それをAmazonにコメントしたら

「返金に応じます!!改良します!」

旨の返信が即効でありました。

しかも商品返品なしでの返金完了。

・・・・それでいいのか?

それじゃ改善もクソもないだろ?

と思ったのですが、まぁ返金されたので文句はありません。

今回の大東物産が中華系なのかは定かではありませんが、

返金申請に応じるとしたら、Amazonにいるうような中国系の企業なのかもしれません。

グルメンピックは悪質な気もしますが、返金するとしたら、開催の意思はあった可能性もありますよね?

ただ、自転車操業的で資金が思ったより集まらなくて中止になったとか。そういうことなのかなと。

中国人が総じて雑な国民性なのは言うまでもないですが、雑が故のフットワークの軽さもあると思います。

今回の事件も、とりあえず資金ないけど上手く営業回って、会場も交渉しておいて、資金が集まらなければ、中止でいいや!お金返せばいいし!!

会社なんてまた作ればいいし!

・・・・みたいな思考なのかもしれません。

まぁ 真実は全く分かりませんが、最近のAmazonの出品状況の変化を見ていて共通点を感じました。

全く、関係ない話かもだけどね!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です