【重大医療事故?】愛媛・今治の産婦人科はどこ?医師の名前は?

愛媛県居今治市の産婦人科医院で重大事案がいくつも発生した件。

この産婦人科医院は伏せられてますが、ネット上にはすでに情報がチラホラと出てきています。

Twitter上の情報からするともう特定されているのですが、別方向からも調べてみました。

最初に言っておきますが、以下に出てくる産婦人科医院は確定ではありません。

産婦人科医院の名前が報道がされていないので、皆さんでご判断ください。

私は、今回の一件公開されてしかるべきだと思います。

もはや、SNSが普及した時代において隠すのはナンセンス。

むしろ、自戒の意味でも、母体や胎児が亡くなった割合など、詳しく公表すべきです。

実際、以下に出てくる一部産婦人科医院では、これをしっかり公表しています、

そして、地元で評判もかなり高いです。

<スポンサーリンク>

まず今回の一件、

まだ情報がない段階で調べてみたのですが、

今回問題になった産婦人科医院の条件は以下

・50代男性医師

・1人で診療している

この条件だけだけだと特定が難しそうですが、

今治市内に限っていえば、産婦人科はわずか7件しかありません。

1. いのうえ産婦人科
2. 日浅産婦人科医院
3. 丹産婦人科
4. 武内産婦人科
5. きら病院
6. 愛媛県立今治病院
7. 梅の木中医学クリニック

これだけです。

回りくどいですが、消去法で行きます。

各病院名を押すとリンクでHPや情報源に飛びますので、そちらで詳細をご確認ください。

1. いのうえ産婦人科 →こちらは院長。副院長の二人体制
2. 日浅産婦人科医院昔から母体死亡率はゼロ。乳児死亡率なども昔から細かく公表している。
3. 丹産婦人科 →1人体制と思われる。
4. 武内産婦人科 →二人以上。女性ドクターも診療している
5. きら病院 →二人体制。恐らく夫婦で産婦人科医。
6. 愛媛県立今治病院→県立なので除外。医師多数。
7. 梅の木中医学クリニック→恐らく1人体制。ただ、院長50代ではない。60代以上に見える。

先の条件に当てはめて、絞ると

合致する産婦人科医院は赤字の二つしかありません。

ではこのどちらかということになりますが、

梅の木中医学クリニックについては、分娩をやっていない可能性大です。

ということは一つに絞られるのですが、ネト上の声を見てみましょう。

すると・・・・・

愛媛・今治の産婦人科はここかもしれない。ネット上の声

さて、条件だけで考えると先程二つの病院まで絞られましたが、

ネット上の声を拾ってみましょう。

という声があがっていました。

あくまえネット上の情報ですので、皆さんでご判断頂ければと思います。

ちなみに、ネット上に挙がっている産婦人科医医院の院長のツイートが合ったので載せておきます。

まぁ 今回の一件とは関係ないと思いますが、産婦人科医として公言してはいけないかなこれは・・・・

<スポンサーリンク>

まとめ

繰り返しますが、報道で公開されていないので、上記の産婦人科医院で確定ではありません。

ただ、これは本来公開されてしかるべきことではないでしょうか?

問題の医師は、医会への報告も怠っていたようですし。

その産婦人科医院は分娩から撤退するようですが、地元の患者さんからしたら不安だと思うんですよね、

特に医療は人の命と直結するので、もっと厳しい対応をしていいと思います。

まぁ 産婦人科は訴訟が多いようですから、これだと産婦人科医がさらに不足するかもですがね・・・・

ジャンルが違いますが、保育士もそうですよね。

給料低いのにリスクが高いという・・・・最近はモンスターなんとかもいますし。

私は保育士ではないですが、よくあんなもんやるとなと思います。

必要だし、意義のある仕事ですが、見合わないですよね。

勘違いしている親も多すぎだし。

福祉関係全般そうですがね。

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • 愛媛県の報道機関は腰抜けばかりですね=

    人の命を預かる士業で一番人を殺しているのがこの分野。

    薬物よりも怖いのがこの業界。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です