日本ショートスリーパー育成協会のセミナー受講費用・評判は?Nature sleep実践1日目

この記事は3分で読めます

皆さん 短眠。ショートスリーパーにご興味がおありでしょうか?

私は武井壮をリスペクトしていることもあり、短時間睡眠にかなりの興味があります。

芸能人だけでなく、1時間以下の睡眠の上、常人ならざる集中力がを発揮して数々の成果を出している人もいます。

であれば、彼らにできて私にできないはずがない!!

ということで、実際に短眠を本日より6ヶ月間実践することにしました。

つまり、2017年5月4まで実践します。

とその前に、日本ショートスリーパー育成協会のセミナーに参加したので、簡単に受講費用などを記しておきます。

<スポンサーリンク>

日本ショートスリーパー育成協会でセミナーを受けてみた!受講費用、評判は・・・・・

まず今回短時間睡眠を実践する当たって、私が参考にしたのが日本ショートスリーパー育成協会の代表

堀 大輔 さんの書籍です。

これを読んだのは数ヶ月前。

しかし本を数回読んだくらいでは、うまく実践できずにいました。

そこで、日本ショートスリーパー育成協会の説明会に参加することに!

そもそも、書籍でも書かれていますが、本を何度も何度も読んで実践すれば短眠を達成できる!

・・・・と確か堀大輔さんが書かれていたかと思います。(うろ覚えな時点で読み足りてないだろうが!!)

ですが!!ですね。

実際、人間ってのはそう簡単に変われないのですよ。

環境ってのは重要で、そのためにショートスリーパー育成協会にも、コンサル?講座?が存在するんです。

多額の費用を払って、やらざるを得ない環境(とまではいかないですが)で自分を追い込むことは必要なわけです。

で、実勢に説明会に参加して費用などを聞いたのですが、

3ヶ月のグループレッスンの講座が35万くらい(サポートが半年)

もう1つコースがあって、

5ヶ月のマンツーマンコース(無制限サポートが一年間)が54万くらいでした。

変な勧誘は一切ないのですが、その場で即決すれば受講費用を4万~5万は安くしてもえるそうです。

二つのコースとも、クレジット24回分割払い対応です。

しかし、

私は以前自己啓発系のセミナーに参加して、「バックエンド」というものがあることを知らない愚か者だったため、その場で即断を求められて失敗した経緯があります。

なので今回は即断せず、持ち帰りということにしました。

それでも、デポジットで一万円(キャンセルしても返金されない)を払えば、持ち帰って検討した後に申し込んでも割引が適用されるそうです。

え?それって、その場で決める必要ないじゃん!!

まぁ いいか。

どちらにせよ申し込む気はないのだし・・・・。はじめから入らないと決めてたのだし。私はぶれません!!

ちなみに

Naturesleep の講座は54万コースだと 短時間睡眠だけでなく、堀大輔さんのような鬼の集中力で数百のタスクをこなす方法も教えてくれるそうです。

堀さんは高卒ですが、偏差値90以上叩き出し、東大合格A判定だったそうですし、速読も6ヶ月でマスターし、日本一だったりと

それだけの集中力とタスクをこなす方法も漏れなく教えてくれるということで、私の心は揺さぶられしたね。申し込みませんでしたが・・・・。

ちなみにちなみに

「できる人は超短眠」の書籍は堀大輔さんが3日で仕上げたそうですが、当初は30万文字くらい書いてたそうです。

本に載っているのは、そのうち8万文字だとか。

情報量が尋常じゃなかったため、出版社に相当削られたようです。

その削られた伝えきれない情報も、講座に参加することで教えてくれるそうなので、自分で実践は無理、でもまだ出せる状況にある!!

ってかたは申し込んだ方が良いでしょう。

何せ短時間睡眠成功者は97.2%だそうですから!

しか~し!!私は参加しなかった!!

講座に参加する気ゼロなのに、なんでセミナーに参加したの?

何故セミナーに参加したのか・・・・理由はは簡単です。

たったひとつのリアルな情報で、自分の基準値が変わるからです。

以前、私は週に2日休みがないと死んでしまうわ~!!なんて考えていたヘタレだったのですが、

たまたま副業的にバイトしているところで、70代のおばあちゃん!!が夜勤をやったあとに日勤やって、さらにそのまま夜勤をやるとう

当時の私にしてみれば鬼のようなスケージュールで、パートにも関わらず50万以上稼いでいたんです。

しかもそれに加えて、夜勤明けに寝ないで旅行に行って、なんてキチガイじみた人生を送っていたんですよ。

つまり休みなんてない、たまの空き時間で旅行に行くっていう・・・・20代でもやってない生き方をしていたんですね。

それを知った瞬間、私のなかでパラダイムシフトが起こりました。

「人間って休日いらないんだ・・・・・」

激務のブラック企業に努めている人であれば当たり前かもしれませんが、週休2日の私には衝撃だったんですよ!

それ以来、「休みなんかいらね」とうのが基準値になって、休みのには時間がもったいないので、勉強と副業と、バイトをやることにしましたとさ。

<スポンサーリンク>

あとは実践!!

さて、そうとなれば、あとは実践です

ネット上にもNature sleepの本を読んで実践した方がいましたが、私はそれを半年間に渡って自分で実験をしようと考えています。

というのも、それをやらなければならない理由がある。

来年の4月以降に大きな動きをするために、達成しなければならない目標があるんです。

Nature sleep を実践して、群を抜く結果を出さなければいならいのです!!

・・・・・とうわけで、本日より短時間睡眠を、堀代表の書籍と、短時間睡眠の芸能人たちの発言を何度もインプットて実践していきます。

とはいっても、人間は弱いもの。

一定の強制力が必要なので、ここに6ヶ月の間、短眠実践記を書き記していこうと思います。

今回は第一弾なので長くなりましたが、これからは実際の実践状況をサクッと書いていく(予定)ですので、

Nature Sleep実践記シリーズをお楽しみに。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



群馬県前橋市出身。
永遠の20代男性。

芸能界だろうが、そこらに転がっている石ころだろうが、実は目を凝らし見てみれば学ぶことは多い!
様々な情報を深い視点から切り込みます!
・・・と言いつつ当たり障りのないことしか言ってなかっり・・・