一ノ瀬メイ が水原希子に似てかわいい?障害と父・母についても!

リオ五輪・パラリンピック競泳女子日本代表として出場を決めた一ノ瀬メイ (いちのせ めい)選手について、見ていきたいと思います!

1997年3月17日生まれのの京都市出身。現在19歳の一ノ瀬メイ選手。

現在は、近畿大学水上競技部に所属しています。

トヨタ自動車株式会社のプロジェクト「WHAT WOWS YOU.」の新CMに起用されたことでも話題で、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

水泳をはじめたのはなんと1歳半から!

そして、7歳の時にはすでに、パラリンピック出場を目標としていたそうですから、筋金入りのスポーツガールですよね。

中学2年生の時、アジアパラリンピックに最年少の競泳日本代表として選出された一ノ瀬選手は、50m自由形で銀メダルを獲得しました。

また、高校3年生の時には、全英連第8回全国高等学校英語スピーチコンテストで、障害の「社会モデル」についてのスピーチを行い、なんと、優勝しています。

そして、文部科学大臣賞・ 文部科学大臣杯も授与されている一ノ瀬選手。

そんな一ノ瀬選手について、もう少し詳しくみていきましょう!

<スポンサーリンク>

一ノ瀬メイ が水原希子に似てかわいい?

あのモデルの水原希子に似ていると話題になっている一ノ瀬選手。

トヨタの特設サイトや彼女のTwitterなどで、写真を見てみると、とっても可愛い一ノ瀬選手。

くっきりの二重まぶたで、色白で、本当に、モデルさんのようなルックスです!

なんとなくではありますが、ハーフかな?というルックスですが、やはり!

イギリス人の父親と日本人の母親を持つ、ハーフなんですね。

Twitterでは母親の一ノ瀬チシ美さんとおばあちゃん(父方)が紹介されていました。

大勢の仲間に囲まれて写真を撮っている姿もちらほら。

男子選手もたくさんいますので、彼氏もいらっしゃるのではないでしょうか?

同じリオ五輪・パラリンピックに出場するイケメン、山田拓朗選手のことを、一ノ瀬選手は以前から憧れているようですね。

しかし、彼氏ではないようです。

今は、競泳一筋!といったところでしょうか。

障害と父・母についても!

先天性右前腕欠損症のために、生まれつき右腕の肘から先がない彼女は、9歳の時、本格的に競泳を学ぶため、水泳教室の選手コースを希望します。

ですが、体の障害を理由に断られて、泳ぎすら見てもらえなかった経験がある一ノ瀬選手。相当、悔しかったようです。

しかし、小学校4年生の時、父の母国、イギリスに留学して、日本との環境の違いに衝撃を受けた一ノ瀬選手。

イギリスでは、体に障害があったとしても、問題なく競泳教室に入会でき、そして、競泳選手の質も高かったそうなんです。

この、遅れている日本の環境を、変えていきたいと話す一ノ瀬選手。

自身の体について、「”ないもの”ではなく、”残っているもの”をどれだけ有効に活用するか、どれだけ活かせるかによって勝敗が決まる。」

と、「障害」ではなく、「特徴」で、なんでも一人でできる、と語っています。

一ノ瀬選手は、小さい頃から「右手が短いことは、背が高い低いと同じような個性の一つ、隠す必要はない。」「人と違うのはチャンスだよ。」
と育てられてきました。

人それぞれ、親としての教育方針は違いますが、一ノ瀬選手を見ていると、素晴らしい教育をされてきたんだなと、感じることができます。

<スポンサーリンク>

まとめ

実は、一ノ瀬選手、19歳ながら、得意とする200m個人メドレーなど、すでに5つの種目で日本記録を持っています。

リオ・五輪では、8種目に挑戦する一ノ瀬選手は、「何かを感じ取ってもらいたい。次の東京五輪の盛り上がりにつなげる泳ぎをしたい。」と語っています。

ただ競泳のタイムを上げる、勝つというだけではなく、おそらく彼女は、たくさんの思いを込めて、1試合1試合戦っていくのだと思います。

自分のためだけではなく、競泳のため、社会のため、そして、体に障害を持っている人持っていない人それぞれが、何かを感じ取ってもらえたら、と。

そんな一ノ瀬選手を応援せずにはいられません!リオ・五輪での活躍を期待しています!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です