iPhone 7 Plusの発売日・価格は?スペック・サイズ等も予想!

この記事は2分で読めます

進化を続けるiPhone。

そろそろ最新版のiPhoneが出てもいい頃なのですが、iPhone 6 PlusやiPhone 6s Plusに関して言えば、

光学手ブレ補正や画面解像度の違いはあるものの「ちょっとした違い」止まり。

これでは買い換えてまでの価値を見いだすのが少々厳しいかも知れません。

今回も単純なサイズ違いのバージョン止まりなのか、と思いきや、一転、どうやら大きな変化がありそうです。

そんなうわさのたえないiPhone 7 Plusについて少し調べてみました。

<スポンサーリンク>

スペック・サイズは?

iPhoneファンならもう周知のこととは思うのですが・・・・・・2年周期でナンバリングも変わる年にあたり、それにならって数字が1つ増えるのと同時に、通例では外観も変わって来たのだそうで。

ところが今回は外観はほとんど変わりません。

サイズは5.5インチ、ぱっと見はiPhone 6 Plusとほぼ同じなのです。

とはいえ、やはりスペックに変化があるので、iPhone 6 Plusで使っていた携帯カバーは使えないのです、残念ながら。

どこが変わったのか、というと―――

ヘッドホン端子がなくなる→ヘッドホン端子があった場所にはスピーカーグリルが搭載され、ステレオスピーカーになるらしい。

カメラの性能がアップする→レンズを2つ(デュアルレンズカメラ)搭載。

その結果、より微細な表現が可能で明るい写真を撮影できるようになるらしい。

2つのレンズにはそれぞれセンサーが搭載されるので、同時撮影して1枚の写真に合成するというしくみなのだとか。

防水機能が上がる→従来はホント、水に弱い。

せめて生活防水程度の性能は期待したいですね。

ここがアップするだけでも相当な機能向上にはなるのでは?

iPhoneの防水仕様はApple社のネックでもあったので、今回は期待できそうです。

感圧タッチ式のホームボタンが搭載される→今回からホームボタンは感圧タッチ式に変わるらしい。

最小容量モデルでも32GBになるらしい→iPhone 7 Plus限定で256GBモデルも出るらしいです!

電池容量は増える可能生大→使用時間が増えますね。

ユーザーとしてはせめて1時間程度は伸びて欲しいところです。

薄くなる→構成部品の精密化が進み、ますます薄くなって登場するらしいです。

特筆すべきは以上なのですが、大変申し訳ないのは、どれもこれも「リーク情報」。

確定的でない情報であるということです・・・・・・

やはり百聞は一見にしかずで発表と発売でiPhone 7 Plusを体感するのが一番確実ですね。

<スポンサーリンク>

気になる発売日・価格は?

風物詩になりつつあるAppleの新製品予約の光景ですが、今回もしっかりセレモニーが準備されています。

まず発表について。Appleからは正式な発表はまだされていないのですが、「iPhone 7」シリーズお披露目のスペシャルイベントは

現地時間9月7日(水)に開催されるのでは? とのこと。

日本時間では9月8日(木)の深夜になりますね。リオオリンピックでの徹夜地獄から解放されているので、元気で参戦できそうです。

予約は9月7日のスペシャルイベントのある週の金曜日、9月9日になるようです。このスケジュールは従来通りですね。

気になる発売開始日は、従来ですと予約開始後1週間で発売開始なのですが、「iPhone 7」今回はシルバーウイーク明けの9月23日(金)では?とのうわさがあります。

価格は16GBで8万6800円程度になるのでは? というのが市場の読みのようです。ん―――! 当日のレートが非常に気になります。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



群馬県前橋市出身。
永遠の20代男性。

芸能界だろうが、そこらに転がっている石ころだろうが、実は目を凝らし見てみれば学ぶことは多い!
様々な情報を深い視点から切り込みます!
・・・と言いつつ当たり障りのないことしか言ってなかっり・・・