NIKE新CM「身の程知らず」が気持ち悪いと話題!出演者も調査!

この記事は5分で読めます

自分の限界を自分で決めつけない、未知の世界に挑戦し続ける人へのアンセム・ムービー(応援ムービー)として、

2016年8月にNikeは「身の程知らず」をリリース。

3週間ちょっと過ぎて、その閲覧回数はすでに320万回を超える勢いです。

このかっこいいショートムービー、どうやら世間もざわつかせているようで。

気になったのでいろいろと調べてみました。

<スポンサーリンク>

コンセプトの「身の程知らず」の持つ意味とは?

いつもなら否定的な意味で使われている言葉、「身の程知らず」。本来の意味では相手への侮蔑さえも含まれている言葉ですが、

ナイキ・ジャパンではそのネガティブさをあえてポジティブに捉え、

「『自分の限界を自分で決めつけない』、すなわち『身の程を知らない』」と定義。

ナイキの考えるアスリートのあるべき姿として4人の才能あふれる若きアスリートを起用し、アンセム・ムービーの放映と同時に、8月1日より大々的なタイアップ・キャンペーンを開始しました。

このキャンペーンでは、新たなポジティブなメッセージ

「身の程知らず=自分の限界に挑み続ける日本のアスリートと生で触れあえる機会を設け、

新たな「身の程知らず」像に出会えることで、チャレンジャー精神にフィーチャリングしようとしています。

「自分の限界に挑み続ける日本のアスリートたち」と言葉「身の程知らず」を組み合わせによって、

ナイキのトレードマーク「JUST DO IT」のインスピレーションを日本の若い世代に理解してもらうことを目指しています。

期間中はムービーに登場したアスリートを招いてのトークショーやワークショップも行われ、公式ウェブサイトではピックアップアスリートの

「競技にかける熱い思い」を読むことができます。

「身の程知らず」が巻き起こす賛否両論の嵐とは?

このムービーの企画制作はクリエイティブ・エージェンシーである

Wieden+Kennedy Tokyo(ワイデン+ケネディ トウキョウ)

長きにわたり、ナイキのコマーシャルムービーを手掛けています。

一貫してスマートでかっこいい映像は、トレンドにうるさい若者ならずともうならせているようで。

おおむね「かっこいい」「おしゃれ」「突き動かされるものがある」という好意的な意見の中に、ムービーの導入に使われる子どもの

「楽しむだけじゃ意味がない、将来 早めに見極めよう、自分の身の程わきまえよう」

のせりふと映像の強さに

「嫌悪感しかない」「薄気味悪い」「なんだか子どもを洗脳しようとしている」

などの批判的なコメントも多く寄せられているようです。

制作サイドのワイデン+ケネディ トウキョウは、これこそ意図した反応であるとしているようです。

要は、あえて批判のおきそうなCMにして、バズることを狙ったんでしょうね。

ありきたりのメッセージでは埋もれると考えたかもしれません。

でも個人的には、もっと違う伝え方があったのではないかとも思いますね。

言いたいことは分かるのですが、見終わった後にどことなく気持ち悪さが残ってメッセージが入ってこないですし。

もちろん、再生回数はうなぎのぼりですがね・・・・・。

でも売上という考えでいくと、コストパフォーマンスが悪いんではないかと想像しています。

このCMを見てNIKE製品を購入しようと考えるかというと・・・・・まぁ 少なくとも私は買わないですよね。

ホームページを訪れるまえに離脱してしまう人が多いでしょうし。

とはいっても、訪問者数が底上げされるので、一時的な売上には貢献するでしょうけどね・・・・・。

個人的には最近H&Mが出したCMの方がいい感じで心に響きました。

当然、ホームページを訪れて幾つかの商品の購入を検討したのは言うまでもありません。

ちなみに、そのCMがこちら↓(右下の設定ボタンで日本語の字幕を出せます)

 

登場アスリートと他の出演者も調査!

まず有名どころというか、すでに公開されている出演者(アスリート)から書いていきましょう。

高松 望 ムセンビ メッセージは「世界でいちばんの日本人になる。」

bandicam 2016-08-31 21-34-56-136

高松 望 ムセンビ(たかまつ のぞみ ムセンビ)さんは、1997年8月31日生まれの日本の陸上競技中長距離走選手。

父はケニア人、母は日本人のハーフで、ケニア生まれの日本育ち。

2013年、全国都道府県対抗女子駅伝の3区で6人抜きの勇姿にビックリしたのを覚えています。

2014年8月の南京ユースオリンピック・女子3000mでは9分01秒58の自己ベスト記録で金メダルを獲得しています。

2020年の中長距離でもしかしたら大活躍する彼女を見る事があるかもしれません。

グローバル化なんてもう陳腐な言葉ですが、今後はこういった選手が普通に日本に増えてくるでしょうね。

人種のるつぼアメリカではないけども、これが今後の世界の標準になっていくように思います。少子超高齢化の日本ですしね。

 

落合知也 メッセージは「ストリートから天下獲ったる。」

bandicam 2016-08-31 21-36-38-622

落合 知也(おちあい ともや)さんは、1987年6月18日生まれの29歳。

東京都出身のバスケットボール選手です。

現在はバスケットボール/リンク栃木ブレックス/BREX. EXEに所属し、ポジションはフォワード/センター。

大学卒業後、企業のチームにすぐには所属せず、ストリートボールチームUNDERDOGで活躍します。

ストリートバスケット3×3 で国際大会を含む数々の大会で優勝を勝ち取り、2013年 には大塚商会アルファーズに入団。

チームで活躍する傍ら、その後も3×3 トーナメントで輝かしい功績を収め、ワールドツアーマスターズ北京大会で3位になるなど、目覚ましい躍進がありました。

RED BULL KING OF THE ROCK JAPAN FINALでは優勝し、台湾で開催の世界大会には日本代表として出場する予定です。

 

菅原小春 メッセージは「型になんか、おさまるわけない。」

bandicam 2016-08-31 21-38-31-983

菅原 小春(すがわら こはる)さんは1992年2月14日生まれの女性ダンサー兼振り付け師。

10歳頃からダンスを開始、それから10年未満でDANCE ATTACKやSHONEN CHAMPLEなど、様々なコンテストで優勝するという実力の持ち主です。

2010年にロサンゼルスに渡り、様々なアーティストのもとで振り付け、またはバックダンサーを行なうなどの修練ののち、独自のダンススタイルを確
立。

現在は日本を拠点に、ヨーロッパ、アジアなど世界各国でもダンスを教えるなど、世界をまたにかけて活躍中です。

 

伊藤涼太郎 メッセージは「あこがれるより、勝負する。」

CM内ではどれが伊藤涼太郎さんか分からなかったのですが、出演しているらしいです・・・・。

伊藤 涼太郎(いとう りょうたろう)さんは1998年2月6日生まれ。

大阪府大阪市出身のプロフットボール選手。

ポジションはミッドフィールダー、Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズに所属しています。

ジュニアの頃から異彩を放ち、ユース時代はセレッソ大阪の下部組織でプレーしていました。

岡山県作陽高等学校時代は、エースナンバー・背番号「10」をつけて活躍。

卒業後の2016年、浦和レッズに入団。高校卒業後の若手を入団させるのは5年ぶりだったその年の4月29日、第9節名古屋グランパス戦で柏木陽介との交代でプロデビューしました。

その他の登場人物

さて、 上記の著名人の他に複数の登場人物がいましたよね。

まず、一発目にダンサーが出てきたと思います。

bandicam 2016-08-31 21-37-00-966

日本のダンサーらしく、RYUICHIさんという名前のようです。

ハーフなのかな?本人のインスタ見てもハーフぽかったですが・・・・。

 次にサッカー。

bandicam 2016-08-31 21-35-44-214

これは帝京平成女子サッカー部が撮影に協力したようですね。

ちなみに屁ヘディングシュート決めちゃったゴールキーパーは池尻凪沙さんという方のようです。

もろくそ一般人ですが、もしかしたら将来のなでしこJAPAN?かもしれないですので、チェックしてもいいかも!?

緑の頭のサッカー選手?

さて、次はゴールに向かってシュートを打っていた緑頭の人物。

bandicam 2016-08-31 21-36-07-949

実はサッカー選手ではなく、MOONYMANGというダンサーのようです。

CMではちょうど「できないことはやらないように」という部分ですので、まさにピッタリ?

ダンサーですがシュートの様子を見た範囲では、以前はサッカーをやっていたように思えますね。

ヨガの少女は?

bandicam 2016-08-31 21-36-16-039

順番的にいくと、次はヨガの少女(一番手前)ですが、これも判明しました。

宮城美寿々(みやぎみすず)さんという女優さんです。

年齢は23歳!

マジか!? 少女にしか見えない!!

ラグビーの女子は?

bandicam 2016-08-31 22-44-00-934
次にラグビーの女子選手?と思しき選手が居ましたが、これは誰なのか分かりませんでした。

女子というかもはや男子ですがね・・・・

NIKEもすべての出演者の情報を載せてくれたらいいんですけどね。

金髪のスケーボー少女は?

bandicam 2016-08-31 21-37-59-286

これ一番気になって調べまくりました。

でも情報が出てきませんね。

私だけでなく、複数の人が気になっているようなんですが、今だ不明です。
残念!!!

その界隈では有名なのかもしれませんがね~

一瞬出てきたあの子

bandicam 2016-08-31 21-37-23-527

皆さん、この方に気が付きました?

CMを30回以上再生しいる私は当然気がついたのですが、これも調べても全く情報が出てきません。

一瞬しか登場しないので、さらに気になったんですがね・・・・・。

帝京平成女子のサッカー部の一般人が出演していたことを考えると、やはり限りなく無名な一般人なのかもしれません。

<スポンサーリンク>

プレスリリースで何を語りたかった?

今回、ナイキは「身の程知らず」キャンペーンのプレスリリースで、

「限界を自ら定めることなく、ひた向きに挑戦し、自らの道を進むアスリートの姿を「身の程知らず」な人としてフォーカスすることで、多くの人が持つ可能性を広げ、これまでの自分を超えて挑戦することの素晴らしさを伝えます。」としています。

年代を問わず、これで終わりたくないともがいている人にはきっと分かってもらえるメッセージですね。

若い息吹がひしひしと痛いほどに伝わってくるこのムービーは、テレビのほか、YouTubeでも配信中。

ん~でもやっぱこのCMは個人的に嫌いですね。

「身の程ほどほどわきまえよう」などと、日本人の多くの人にありそうな考え方を極端に表現したのでしょうが、

そこまで日本は酷くないぞと。

確かに足の引っ張りあいとかは多いですし、本当にくだらないことが多いのが日本ですけどね。

でも、。少市超高齢化の日本は、これから年齢を問わず挑戦を歓迎する社会になりますよ。

そして、本来人間があるべき姿を世界に発信する役割を担うと確信しています。

何故なら・・・・超~簡単にいえば、少子高齢化ゆえに生涯現役の人が増えるからです!!

まぁ これを書き始めると長くなるのでこの辺りで終わりたいと思います。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



群馬県前橋市出身。
永遠の20代男性。

芸能界だろうが、そこらに転がっている石ころだろうが、実は目を凝らし見てみれば学ぶことは多い!
様々な情報を深い視点から切り込みます!
・・・と言いつつ当たり障りのないことしか言ってなかっり・・・