任天堂NXの発売日&価格は?互換性やスペックについても!

2015年3月17日に行われた任天堂株式会社とDeNA業務・資本提携共同記者発表会。

DeNAと業務および資本を提携し、スマートフォンゲームへ本格参入することを発表したその日、任天堂はWii Uに続くゲーム専用機に今後も注力すると決意を示しました。

その席上でちらっとその存在を明らかにした「任天堂NX」の存在。あれから1年半がたとうとしている現在、どうなっているのか調べてみました。

<スポンサーリンク>

任天堂NXとは?

いまだにヴェールで覆われたままの「任天堂NX」。

一体何なのでしょう?

その存在をちらりと見せた発言の中では単に「全く新しいコンセプトのゲーム専用機プラットフォーム」

と表現していて、これが3DSやWii Uの後継機といったことはおくびにも出さなかったんです。

いずれにしても「ゲーム専用機プラットフォーム」というくらいだし、Wii U以降、派手なハード開発の動きはなかったのでそろそろ出てもおかしくない、と任天堂ファンならずとも思うのですが・・・・・・。

プラットフォームというのが気になるところ。

実はこのNX開発以前にも任天堂は現在のゲーム開発環境を問題視していて、

「据え置きゲーム機」と「携帯ゲーム機」と、開発環境が分断されていること、それに伴う効率の悪さを憂えていたのです。

こうした背景を踏まえ、2つの開発環境の分断を解消し、多くのゲーム開発者がより簡単に、効率的にゲームを開発できるようなプラットフォームの統一を研究中であることは明らかにしていました。

ということは―――この言葉通り、共通のプラットフォームとして「任天堂NX」があると考えるのは不自然ではありませんよね。

そうなると、これまで任天堂に限らず、優れたコンテンツの名作ゲームが各メーカーから出ていますが、

そうした名作が専用ゲーム機にとらわれることなく楽しめるようになるかもしれません。

そうなれば、専用ゲーム機のOS に縛られることなくコンテンツ自体の表現方法もさらに深まっていく。

名作は世代を超え愛されているように、機種を超え愛されるようになる。

文学や音楽、芸術に限らず、ゲームの世界でも当てはまるのでしょう。

これを裏付けるのは、米国任天堂のプレジデントであるレジナルド・フィサメィ氏の言葉にありました。

「任天堂は次世代ゲーム機『NX』を高スペックのパワフルなマシーンにすることよりも、素晴らしいコンテンツを届けることの方に重点を置いている。」

これってほぼ、コンテンツ(ゲームソフト)そのものの開発にシフトしているという事ですよね。

まだ臆測の域を出ませんが、これからNX用のコンテンツをわざわざ開発するという手間が省けて、より早く、ゲームソフトを手に入れることができるようになるかもしれませんね。

互換性やスペックついて

これまでの経緯から言っても何から何までシークレットずくめなので、互換性の有無やスペックについても不明なままなのです。

予想としては、互換性は「Wii Uとはなく、3DSとは有り」ではないか、とも。

さらにタブレット部の画面の大きさや、描画性能につながる解像度、厚さや重さ、バッテリー駆動時間などもシークレットのまま。

この9月に記者発表があるというので、それを待つほかなさそうです。

<スポンサーリンク>

発売日と価格

今から注目の集まる「任天堂NX」。

気になる発売は2016年3月と発表されています。

これだけ話題を集めている上、米国任天堂のプレジデントが「新しい遊び方が出て来る」とまで豪語しているのですから、価格も気になるところ。

予想としてはだいたい3万円から4万円代で落ち着くのではないかな、と。

というのも、任天堂の過去のゲーム機の値段からこの辺で落ち着かないと、高すぎて買う方が戸惑いを覚えてしまいます。

とにかく、発売初日には、行列ができること必至なのでは? 今からお祭り気分で楽しみですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です