佐藤優香のバイクとシューズは?練習と食事についても!

今回はリオデジャネイロ五輪、トライアスロン代表選手の佐藤優香選手について調べてみました!

佐藤選手は今回初の五輪出場となります。

ロンドン五輪では出場を逃したものの、ユースオリンピックなど数々の大会で好成績を残している注目の若手選手です。

なんと9歳の頃にトライアスロンに興味を持ち、選手生活をはじめたそうです。

はじめは「水泳も陸上も得意だから、あとはバイクだけだし楽しそう」と軽い気持ちだったようですが、一度大会に出てみると楽しくて、そこからどんどんのめり込んでいったそうです。

そんな注目若手選手は普段どんな物を使って競技に挑んでいるのでしょうか。

練習なども併せて調べていきます。

<スポンサーリンク>

佐藤選手の使用バイク&シューズは?

まずはバイクからです。

2014年の情報によると、グラファイトデザインのザニアを使用されているそうです。

また、五輪では集団走行となるため、五輪に向けて危険が少ない短めのDHバーを取り付けているようです。

バイクを知らない方のためにも細かく説明していきます。

まず、グラファイトデザインは純国産ブランドだそうです。

元々はゴルフのカーボンシャフト製造ブランドでしたが、カーボン加工技術を生かし、自転車業界に参入しました。

しかしながら今年、サイクル事業休止の発表をされました。

ロードバイクファンからも人気があったようなので、残念ですね。

ザニアはレーシングバイクとして開発されたもので、設計も丁寧にされているそうです。

調べてみると専門用語が飛び交い、よく分からない状態だったのですが、簡単にまとめます。

まず、振動吸収に優れ、荒れた路面でも軽やかに走れます。

フレーム重量の軽量化もはかり、上り坂でもリズミカルに走れるとのことです。

高速域で真の力を発揮するそうなので、まさにレーシングバイク向きですね。

シューズに関しても調べてみたのですが、残念ながらシューズに関する情報は出てきませんでした。

五輪中継で注目してみましょう。

佐藤優香の練習・食事について

幼い頃からトライアスロンをはじめた佐藤選手、泳ぎは通っていたスクールで鍛え、ランとバイクは母親と二人三脚でトレーニングをしていたそうです。

妥協を許さない練習を続けていたようで、記録が遅いと良いタイムが出るまでやり直したそうです。

その頃の経験から、負けん気を養ったと佐藤選手は語っています。

2012年のロンドン五輪に出場できなかった悔しさから、その年からスタミナ強化や理想のフォーム作りなど、3種目すべての底上げに着手しはじめたようです。

特に苦手だったバイクは徹底的に磨き上げ、苦手意識を払しょく、現在は得意種目と言えるほどまでになりました。

2度大きな落車を経験したことで恐怖心との戦いにもなったそうですが、集団走で克服、反対に周囲の選手の動きを予想できるようになったと良かったこともあったようです。

次に食事についてですが、合宿時の食事の様子が紹介されていました。

消化に悪い生野菜はレース前には食べず、イモやご飯を多めに摂るようにされていました。

食事は1日2食と意外に少なめですが、おにぎりなどの軽食をトレーニングの合間に摂っているようです。

平均の摂取カロリーは1日3500キロカロリーとトライアスロン選手の中では少な目です。

また他にはスーパーヴァームなど、エネルギー源になるものも積極的に摂取されているようでした。

<スポンサーリンク>

まとめ

使用されるバイクについて調べてみましたが、情報がマニアックすぎて思わず後ずさりしてしまいました。

それだけバイク業界は奥が深いということですね。

しかしながら佐藤選手が使用しているバイクのメーカーがバイク業界から撤退ということで、今後は他のメーカーのバイクを使うことになりそうですね。
非常に残念です。

食事については他のトライアスロン選手と比べて小食なことに驚きました。

多い方だと1日に6000キロカロリー摂取されるので、佐藤選手は約半分ですね。

しかしそれを補うヴァームなどを積極的に摂取されているようなので、それがエネルギー源となっているのでしょう。

佐藤選手のレースはいよいよ20日にはじまります。

佐藤選手の活躍に注目です!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です