坂上忍が怒った寿司屋の名前は?ガセか本当か検証してみた

 

坂上忍が「ヨロシクご検討ください」 という番組で寿司の有り得ない話をしてましたよね。

何でも、坂上忍が寿司屋ののれんをくぐった際、研いだ包丁を洗わないで使用して中トロを提供したとか・・・・

いや 普通に考えてありえないでしょう。

 

鉄粉や砥石のカスが付くとか以前に、砥石に触れている時点でも洗うのが普通でしょう。

料理しない人でもそれくらい分かります。それを高級寿司の大将がやりますかね?

 

作り話の可能性が高いような気がしますが、その辺りも含め書いていきたいと思います。

<スポンサーリンク>

 

坂上忍が怒った寿司屋の名前は?

 

坂上忍が頭にきたという寿司屋。皆さんも気になりましたよね。

もちろん、坂上忍本人は公開してません。もしこの話が本当だとしたら公表された時点でその店は潰れるでしょうからね。

 

一応、情報が漏れているかもと思って調べましたが、案の定分かりませんでした。

まぁ 当然と言えば当然ですよね。坂上本人が語らなければ絶対に出てこない情報ですから。

 

というかそもそも、この話って不自然な点があるんですよね。

坂上忍の作り話?

 

今回の、坂上忍の話ですが作り話の可能性が高いと思っています。

もしかしたら、一部は本当で脚色があるのかもしれません。3割増しくらいで。

高級寿司店が営業時間中に包丁を研いでいたとのことですが、これが非常に怪しいと言われています。

包丁を研げば当然金属臭が残ります。

 

それでマグロなんて切れば当然金属臭がうつります。

この臭いは水洗いなどですぐに消えることはなく、洗浄した上で乾燥させなければなりません。

 

なので、板前は営業時間が終わってから包丁を研ぐのが当たり前。

それをやっていたということは もしかしたら営業時間外だったんじゃなかと思うんですよね。

それを「うい~大将。ちょっとだからいいよな?」ってノリでいったのだとしたら、嫌われた可能性もありますよね。

 

もし今回の話が本当だとしたら、鉄粉どころか砥石のカスの方が超付着していることになります。

仮に嫌がらせだとしても、やり過ぎでしょう。普通に考えてありえないと思いますが・・・・。

 

 

やはり、作り話なんじゃないですかね。

 

仮に坂上のことが嫌いだとしても、砥石のカス付き包丁で切った刺身を客に提供していたなんて噂が流れたら

いくら常連客で成り立っていたとしても、客が離れて行きますからね。

 

ぼったくりの寿司屋?

 

坂上忍はビールと中トロの実の注文だったそうで、

これを「ぼったくり」と言っている方もいますが、高級寿司店ではこう言うこともざらにあるようです。

銀座のお店で中トロが2貫で12000円 とかいう話も聞きました。

 

その年はマグロが獲れない状態が続いたことで 値がつり上がったそうです。

そういうことも考えると、決してぼったくりではないでしょうね。

 

ただ、もし今回の話が本当だとしたら、ぼったくりな上に営業停止レベルですね。

 

というわけで 今回の坂上忍の話は 作り話ということで間違いないでしょう。

というかそう信じたい。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です