藤井拓郎の家族ー両親と兄弟は?結婚と引退の可能性について!

連日、数々の熱戦が繰り広げられるリオデジャネイロ・オリンピックですが、

時差の関係でライブ放送が深夜になるため、寝不足気味の方も多いのでは?

日本競泳陣・トビウオジャパンとして3回連続でオリンピックに出場し、このリオを最期に引退を宣言している選手がいます。

藤井拓郎さんです。

今回は、イケメン藤井拓郎さんについて、いろいろ調べてみました。

<スポンサーリンク>

藤井さんはどんな選手?

ここでざっと藤井拓郎さんがどんな選手か振り返ってみましょう。

1985年4月21日、大阪府河内長野市生まれの31歳。独身です。

身長・184cm、体重・82kg、血液型はAB型だそうです。

現在はコナミスポーツクラブに所属し、競泳種目としてバタフライ、自由形、個人メドレーをこなします。

水泳を始めたのは3歳の時。

お兄さんが通っていたことをきっかけに始めたそうです。

小学生時代はサッカーチームにも入っていて、その頃はサッカーの方が好きだったそうですよ。

ところがその頃には水泳も少しずつ泳げるようになり、小学校4年の時に出場したジュニアオリンピックで自己記録を更新するなど、
成績が上がってくると水泳に興味が湧いてきて、中学入学時には水泳一本にしぼるようになりました。

ところが、通っていた中学校には水泳部がなかったため、練習はもっぱら所属していた菊水スイミングスクールで行っていたといいます。

高校は水泳の強豪校・太成高校(大東市)に進学。

藤井さんにとっては初めての水泳部入部、さらに水泳の強豪校だけあって、入学当初から同学年の1年でも速い選手ばかりがそろっていて、見渡せばライバルだらけの状態。

それがとてもいい刺激になったようです。

ライバルと練習中から競い合える環境に置かれることで、練習がより楽しく、モチベーションも徐々に上がっていきました。

太成高校の練習は非常に厳しく、合宿や遠征の繰り返しでほとんど遊ぶ時間もなかったようでしたが、それが藤井さんの息の長い競泳人生に大きく影響していることは間違いありません。

大学は早稲田大学に進学。

初めての寮生活を経験します。

寮には「方言禁止」や「電話番」など変わったきまりがあるらしく、1年生の頃は、

「これが体育会系の厳しさなんだ」

と実感したといいます。

環境の変化に付いて行くのに必死になる一方で、練習環境は抜群だったと振り返ります。

入学当初は目標をインカレ出場に照準を合わせていた藤井さんも、大学4年生の頃にはオリンピックを意識し始めます。

彼が大学2年生の時、インカレで記録を出したことが縁で、オリンピック強化選手の合宿に参加することができたのがきっかけだったとか。

この頃からトップ選手との交流が少しずつ増えたことで、オリンピックへの夢や興味が少しずつ膨らんできたのだといいます。

そして憧れは現実のものに。

大学4年生の大学選手権の優勝、翌年の日本選手権での優勝でオリンピック出場が決まります。

それから3大会連続の出場は、誰もマネできない本当に素晴らしいことです!

家族について

藤井拓郎さんのご両親については、これといった情報は有りませんでした。

ネット上でわかるのはお兄さんがいるということくらいです。

しかし、藤井さんが中学からずっと水泳に打ち込み、大学進学後は学費のほかに、遠征費やそういったもろもろをすべてバックアップしている様子は見て取れます。

どんな種目であっても盤石な家族の支えや周囲の支援があってこそ、大舞台に立つことができるのですから!

<スポンサーリンク>

結婚と引退について

引退は本人がきちんと表明しています。

これは4月12日の日刊スポーツの記事。

『競泳男子100メートル自由形の前日本記録保持者、藤井拓郎(30=コナミスポーツ)が12日、3大会連続の代表入りを決めたリオデジャネイロ五輪限りで引退する意向を明らかにした。
東京都内で取材に応じ「集大成。間違いなく引退する」と語った。』

ところが結婚については全くといっていいほど情報がありません。

推測するに、これだけのイケメンですし、ナイスガイですし、31歳という男盛りであるという点から見て、彼女の一人がいてもおかしくないからでしょうが、よくよく見てみると、シンガーソングライターの大御所・吉田拓郎さんのヒット曲に「結婚しようよ」があるからかも・・・・・・。

まさかのたくろうつながり、なんでしょうか?

藤井さんのブログやTwitterを見る限り、ラーメンとポケモンGoにはなかなかのはまりようが伺えるものの、女性の影は無し。

コナミスポーツクラブの所属選手紹介覧では、趣味と休日の過ごし方が「スポーツ観戦」とあり、事実、Twitterで野球の阪神のゲームをしっかり見ているところを見る限り、彼と付き合う女性はよほど大人でないとついていけないだろうと推察されます。

そんなイケメンで、とても親しみやすい藤井さん。リオで有終の美を飾り、悔いの無い競泳人生を謳歌していただきたいです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です