今井月の家族について!トレーニングと食事についても!

熱戦を繰り広げるリオデジャネイロオリンピック。連日、日本代表選手たちからの朗報が舞い込んでいますね!

オリンピアンの一人で、競泳陣「トビウオジャパン」で、最年少で代表入りした選手・今井月さんについて、今回は取り上げてみました。

今井月さんのプロフィール

「月」と書いて「るな」と読みます。

この4月に高校生になったばかりの16歳の少女です。

スレンダーなボディにエキゾチックな顔立ち。

モデルさんのような風情を醸し出していますが、トビウオジャパンの平泳ぎの代表です。

中学生の時からその才能は早くからマスコミの目にとまり、彼女を競って取材をするという熱の入れようです。

簡単に彼女のプロフィールを紹介しましょう!

2000年8月15日、岐阜県生まれ。身長164センチ、体重51キロ。

岐阜西中に在籍した昨年まで全国中学校体育大会で女子100メートル、200メートル平泳ぎの2種目を3年連続で制覇しました。

2015年の日本選手権は100メートル2位、200メートル3位という好成績。

2016年の同大会では200メートル個人メドレーで派遣標準記録を突破、2位に入りました。

現在は愛知・豊川高校へ進学しています。

<スポンサーリンク>

お兄さんもすごい!

彼女が水泳を始めたのは3歳のころ。

月さんには2歳年上のお兄さんもいて、この人もまたすごかった!

お兄さんの名前は流星(ひかる)さん。

彼は現在、月さんと同じ豊川高校に通う高校3年生で水泳部のキャプテンを務めています。

彼も2016年の全国JOCジニアオリンピック春季水泳競技大会で、平泳ぎと背泳で入賞を果たしているのです。

二人が中学生に在籍している時、全国中学校体育大会で、200メートル平泳ぎにて史上初?の兄妹で同時に優勝するという快挙を成し遂げています。

そんな二人の練習拠点は岐阜県にある「本巣スイミングスクール」。

スイミングクラブはおろか、県下で今井兄妹を知らない人はいないという有名人のようです。

ご両親は?

そんな二人を育てているご両親は、一体どんな方なんでしょう?

お父様は博美さん。月さんの練習を一手に引き受け、練習場への送迎や、練習の合間に食べる彼女のお弁当も手作りする徹底ぶり。

小さい頃から二人の泳ぎを撮影して、動画で自己の泳法の分析をさせたりと、本当に熱心に取り組んでいます。

お母様はリサさん。月さんが8歳のお誕生日を迎えたその日、突然亡くなったそうです。

享年38歳。ご存命の頃はお父様の博美さんと一緒で、今井兄妹をずっと支えていたようで、二人が全国ジュニアオリンピックカップに出場することを目標にしていたといいます。

記録を出せないときは叱咤激励し、目標へ突き進むように後押ししてくれていたようです。

奥さまを亡くして以来、博美さんは男手ひとつで二人のアスリートの生活すべてを支えています。

トレーニングについて

彼女のホームである本巣スイミングスクールでの練習はもとより、五輪開催直前の5月には初めての海外合宿を経験。

2300メートルの高地での強化合宿では、オリンピアンと切磋琢磨する強い精神力の育成と心肺機能を極限まで高める目的があったようです。

初の合宿を前に「毎日しっかり練習ノートを記録したい。

オリンピアンとしての自覚を持ち、アスリートとして意識を高めていきたい。」

と抱負を語っていた月さん。親元を離れて不安も大きかったことでしょうが、きっちりとトレーニングをこなしたようです。

食事は?

月さんの好物は鶏の唐揚げだとか。

父の博美さんはそれこそ仕込みに3日かけて、とてもジューシーな鳥唐を作ってくれるといいます。

また、遠征や大会の帰宅後は、熱い豚汁で迎えてくれるという気遣い。

心身にじんわりとしみてきそうな感じですね。

彼女はどちらかというとスレンダーで小食な傾向があるので、お父様は体作りに気を遣っておられました。

<スポンサーリンク>

リオでの屈辱を胸に

今回のリオデジャネイロオリンピックでは女子200メートル個人メドレー 準決勝において全体の15位となり決勝へ駒を進めることができませんでした

この結果を受けて、月さんは

「情けないと思う。調子がよくてもベストタイムを出すことができない。これがオリンピックの怖さなんだと思う」

と涙をにじませました。

初めての、16歳で臨んだオリンピックはほろ苦い結果に終わりましたが、4年後の東京に向けて大きく羽ばたくステップになることは間違いありません。

これからも月さんの飛躍を応援しましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です