ベイカー茉秋の強さの秘訣は?トレーニングと握力につていも!

リオ五輪柔道男子90kg級の代表に選ばれた、

ベイカー茉秋(ベイカー ましゅう)選手。

金メダルが期待されている柔道選手の1人で、かなりのイケメン!

人気も上がってきているのではないでしょうか?

東京都千代田区出身、1994年9月25日生まれ、東海大学に在学中の21歳です。

ベイカー選手は、米国人の父と日本人の母の間に生まれたハーフなんだそうです!

6歳から柔道を始めたベイカー選手。

当時、習っていたピアノの先生に、姿勢矯正のために正座をする柔道を勧められたのがきっかけだそうです。

この出会いがなければ、柔道はやっていなかったかもしれないと思うと、何かスゴイですね。

そこから講道館にある『春日柔道クラブ』で柔道を始めることになったベイカー選手ですが、高校は、柔道の名門「東海大浦安高校」に進学し、現在の東海大学在学にいたります。

今回は、そんなベイカー選手の強さの秘訣、そして、トレーニングと握力につていも見ていきたいと思います!

<スポンサーリンク>

ベイカー茉秋の強さの秘訣は?

ベイカー選手の父親は、元レスリング選手だったそうなので、格闘家としての遺伝子は備わっていますね!

しかし、過去のTwitter投稿では、

「父親の記憶なんてない。」

と書かれていたようなので、母子家庭で育ったのかなと推測しますし、直接、格闘技やレスリングなどの技術を教わったこともないようですね。

ベイカー選手には、お姉さんいるようです。

姉・まち果さんは、結婚されてお子さんもおられるようです。

ベイカー選手は、母・由果さんやお姉さんを守るために、幼いころから強くなければならないと心に誓って生きてこられたんのではないでしょうか?

そいった強さは、厳しい柔道生活の中でも生かされていることだと思います。

トレーニングと握力につていも!

ベイカー選手は、東海大学付属浦安高校入学時の体重は60kgしかなかったようで、現在の体重や体格から24kgも差があり、全然違いますよね!

初めは66kg級の選手だったことです。

なんと、高校時代、ベイカー選手は、団体戦で戦うために1日7食の食事とウエイトトレーニングに取り組み、

81kg級まで階級を上げたそうなんです!1日7食を、泣きながら食べていたというベイカー選手。

大変きつい食事療法ですね。

トレーニングでは、ベンチプレス145kgを上げ、結果として30kgの増量に成功し、完璧な肉体改造をしたといことです。

ベイカー選手の握力は75kgということですが、想像できません!

調べてみたところ、80kgから90kgでりんごを握りつぶすことができる握力、だそうですので、相当のパワーを持っていると思います!

<スポンサーリンク>

まとめ

過去に、旧86キロ級を含め、柔道男子90kg級では、日本人五輪王者が1人も誕生していないことでも有名なこの階級。

ですが、現在ベイカー選手は、男女計14人のリオ五輪代表選手の中で、唯一の世界ランク1位です。

ベイカー選手が柔道を始めて間もなく離婚し、仕事をしながらベイカー選手を育てた母・由果さんに、金メダルをささげたいと語っています。

「応援してくださる方々に、勇気と感動を与えられるような柔道をしていきたい」と話したベイカー選手。

目指せ、金メダル!みんなの期待を胸に、初めてのリオ五輪の中でプレッシャーに打ち勝ち、すばらしいパフォーマンスを見届けたいと思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です