田代未来のイケメンの兄と父について!トレーニング&強さの秘訣!

リオ五輪選考も兼ねた、今年の全日本選抜柔道体重別選手権大会では3位になるも、それまでの実績が高く評価され、柔道女子63kg級の代表に選出された、

田代未来(たしろみく)選手。

東京都八王子市出身、1994年4月7日生まれの22歳です。

立ち技、寝技ともに得意としていて、立ち技では左組みからの内股、大内刈、小外刈で一本勝ちやポイントを取るケースが多い田代選手。

現在はコマツに所属しています。

田代選手、大いなる金メダルの期待ともに、かわいい!と評判なんです!

所属先であるコマツのコーチはなんと、アテネ・北京五輪で2連覇したの谷本歩実さん!

田代選手と谷本コーチは同じ階級で、容姿までそっくりだと言われているそうです。

谷本コーチは、田代選手の憧れの人。そんな人に、柔道を指導してもらえる環境って、すばらしいですよね!

明るく真面目な性格は、母校淑徳高校の恩師からも折り紙つきの彼女。

今回は、 そんな田代選手の父と兄についてや、トレーニング&強さの秘訣を調べていきたいと思います!

 

<スポンサーリンク>

柔道・田代未来の父と兄について!

田代選手のご家族は、父・母・兄の4人兄弟です。

小学校2年生時、兄の影響で、中村美里選手が以前通っていた、「警視庁高尾警察署」で柔道を始めたそうです。

五輪に出場する選手は、ご家族やご兄弟の影響でその競技をはじめる選手って多いんですね!

さて、田代選手のお兄さんも柔道家なのでしょうか?

調べてみたのですが、お兄さんの個人的なプロフィールなどはのっていませんでした。

ですが、個人的リサーチをした結果、国土交通省勤務している可能性が浮上しました。

お兄さんの名前は田代翔太さんですが、この方の経歴が田代未来選手と似通っているんですね。

同じく警察署で柔道をしていてたのことですから、ほぼ確定でしょう。

目の当たりもそっくり!

ちなみに、学歴は国分寺高校卒の明治大学法学部卒。

優秀なお兄さんですね!!

 

ちなみに父親はもちろん警察官だそうです。

 

やはり、家族の影響は半端ないですね。

当然といえば当然ですが、環境はやっぱ大事ですね。

小学校5年生時、「全国小学校学年別柔道大会」で、40kg級で3位の成績をおさめ、6年生時には、なんと同大会の45kg級で優勝している田代選手。

そんな田代選手を育てた父親の詳細もなかなかでてきませんが、おそらく、小さい頃から柔道の心技体を教えてきた、厳しくも優しいお父さんなのではないでしょうか?

トレーニング&強さの秘訣は?

八王子市立上壱分方小学校、相原中学から名門淑徳高校へ。

中学に入学した田代選手は、中村美里選手と同じく相武館吉田道場で寮生活をしながら練習する日々を送り、

その練習のかいあり、中学校3年生時、16歳以下の世界一を決定する大会では、なんと!オール一本勝ちで優勝をゲットした田代選手。

高校でも順調な活躍を見せていた田代選手ですが、2年生時には、試合中に左膝前十字靭帯断裂という大怪我を負っています。

その後、長期リハビリで半年間の間、現役を退いていましたが、苦難を乗り越え、トレーニングを重ね、見事復活をとげています。

この間、憧れの人でありコマツの先輩である谷本コーチからアドバイスを受けていたそうです。

「まだ若いからではなく、今すぐ五輪や世界選手権で金メダルをとらないと、一生夢のままで終わるよ。」

という胸につきささるアドバイスを受け、大怪我以来、良い成績をおさめていった田代選手。

現在、柔道女子63kg級は、クラリス・アグベニュー(フランス)選手が、金メダル最有力といわれいています。

このクラリス選手との対戦では、5戦5敗と負けこしている田代選手。

その対策として、パワーを養うため、73kg級の男子中学生や高校生と稽古を積んでいる田代選手。

イメージトレーニングではいつも良いイメージが浮かばないという田代選手は、心理戦で相手を撹乱するために、

自分の組み手になるまでいつもと違ったパターンを何個か用意しておくようにと、

コマツの監督であるロサンゼルス五輪男子65kg級金メダリストの松岡義之氏からアドバイスを受けています。

田代選手の強さの秘訣は、毎日の積み重ねである厳しいトレーニングはもとより、苦手とする選手との対戦を想定したいくつもの戦い方や、

信頼のおける憧れの先輩や監督からのアドバイスを受けたことも大きな要因なのではないでしょうか?

 

<スポンサーリンク>

まとめ

「五輪では、金メダルを取ることだけを考えて頑張る。両親、先生方、 支えてくれる仲間、会社の方々、出身地の八王子で応援して下さる方に、勝って恩返しをしたい。」

と語った田代選手。

誰にでも苦手なもの、苦手意識ってありますよね。しかし、いままでの厳しい練習で、その苦手意識も克服していると願っています。

最後は自分自身との戦いである、本番のリオ五輪では、ぜひ、このクラリス選手を筆頭とする有力選手との一戦で勝利をおさめ、

谷本歩実さん以来の柔道女子63kg級に悲願の金メダルを届けて欲しいと切に祈っています!

そういえば、私も八王子在住だったり・・・・

これは応援しなきゃですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です